遠阪峠から丹波の最高峰へ   遠阪峠〜カラコ山〜展望台〜粟鹿山
丹波市 (五万図=但馬竹田)
T 遠阪峠〜カラコ山(往復)粟鹿山〜597m峰〜遠阪 2002年06月01日
U今出親水公園〜遠阪城〜オオジャレ(往復)粟鹿山〜ムカエ山H16年11月20日
近畿の山城: 遠阪城 田ノ口城と湯落城
カラコ山西付近から望む粟鹿山
校歌・故郷の山: ♪ハアー粟鹿山にかかる鰯雲・・♪ 朝来郡 山東町音頭
   ♪・・粟鹿の滝見に日が暮れて かすかに見ゆる粟鹿山♪梁瀬小学校行進歌


青垣町と山東町を結ぶ国道427号線遠阪峠は、古来より交通の要衝で足利尊氏が但馬の南朝方を攻めたり、 黒井の赤井氏が但馬方面へ又、天正7年には「丹波攻め」で秀吉の弟秀長の軍が遠阪峠を越して攻め入り、明智光秀の軍の挟み撃ちに周辺の遠阪城・烏帽子山城・小室城・栗栖野城・ 山垣城等が尽く落城しています。
田ノ口城:土塁を挟む二重堀切

忠臣蔵の大石内蔵助の妻りくが山科から豊岡の実家へ帰る際にも栗柄峠天王坂を経てこの峠を越えています。要衝ではあっても交通の難所でもあったが昭和52年5月に遠阪トンネル (有料)が開通しました。通航量は激減!!?しましたが峠には公式コースのゲートボール場がありホテル好楽園には粟鹿温泉もあるが日帰り入浴は出来ないようです。また遠阪トンネルも近いうちには北近畿豊岡自動車道路の一部になってしまうようです。
ムカエ山 〜オオジャレの尾根から粟鹿山 H16.11.20


遠阪峠からは 湯船山(京都府側では小風呂)へもトレースしたが、このときも但馬の境界尾根を粟鹿山への縦走予定が、取付き点が定まらず順延していたが、 低山徘徊派メンバのWMさんがこの山に向うかもしれない聞き、急遽遠阪峠に向います。但馬側からは未だ登った事のない粟鹿峰ですが、大碑からは お杉地蔵〜仏岩〜粟鹿山、大名草からは馬ヶ瀬〜雲須山〜粟鹿山 を参考にして下さい。地元では粟鹿峰とかオーガ峯とも呼んでいますが、近畿100山・ふるさと兵庫の50山に選ばれて粟鹿山が通名です。


T遠阪峠〜カラコ山〜(往復)粟鹿山〜597m峰〜遠阪 H14.06.01

遠阪峠に向かうR427号線は古くから但馬と丹波を結ぶ要所で、 峠を挟む遠阪と粟鹿の集落は街道の宿場町の風情が残り本陣だったと思われる立派な門構えの家もあります。熊野神社の分岐を左に見て遠阪トンネル道の高架下付近の空き地に車を寄せて車道を遠阪峠に向けてスタートします。送電線が谷に沿うように山裾に沿って山東町側へ峠を越えて延びています。峠近くに設置された送電線鉄塔が粟鹿山へ続く、 丹波と但馬境界尾根上にあるのですが、ゲートボール場の敷地だったり伐採等林業工事で「作業中進入禁止」だったり、コンクリートブロックで固められた壁だったりで取付き点は有りません。
管理作業林道から粟鹿山頂のアンテナ群

今回は未だチェーンソーが唸り、 機木が悲鳴を上げて倒れていく伐採工事の現場内なので邪魔にならないよう(AM10:30)車道とブロック沿いに捲き上げながら、軽い藪を漕いで作業道に入らないように鉄塔をめざし直上します。ステップA脚の文字が目に付く 「佐治養父線No.112 S55.12建設」鉄塔(AM11:10)からは稜上に、細いが明確な踏み跡が続いています。青垣町側の谷から絶えず吹き揚げてくる風が心地よい。雑木や手入れされないまま立ち枯れの杉木が目立つ植林帯から 松が混じる自然林となり二つほどのピークを越すと、また青垣町側に大規模な伐採地があらわれる。伐採作業者の姿とチェーンソーが響く三つ目のピークには役行者像が立っていた(AM11:40)。何故こんな所にあるのか訝(いぶか)しく思います。さして高いピークでもなく見晴らしが良いわけでもない。何よりも今までのコースや目前に 見えるカラコ山にかけても岩場や岩尾根も見当たりません。行者も厳しい顔はしてはいません。潅木を通して福知山側に 三岳山(修験道の山)が望まれます。鞍部に良く踏まれた山道が一本、粟鹿方面から上がってきていたので山東町側から付近を周回する行者道があつたのかも知れません。
カラコ山東の小ピークには役行者像が!!

既に伐採され枯れたままの樹木で行く手を塞がれる稜上ですが展望は開けてきます。 湯船山がなだらかな山容を見せています。とても夜久野側から見る姿からは想像できません。伐採された尾根の境界は 東の尾根側に続いているようですが出発点への下降は、距離の短いこの尾根から遠阪峠へと決めています。その分岐からは一気に、棘の木の混じる厄介な藪に突っ込んでいく感じです。一瞬気が抜けない。 果たして何処まで行けるかと覚悟したが、カラコ山山頂(3等三角点 663m AM11:55)は目の前の其処にありました。 狭い藪の中の空き地には航空撮影用標識があり張り綱が少し緩み、頭部の三角羽も一枚は何処かへ飛んでいた。 柱には「H12.12末日まで壊さないように・・」とマジックで明記してあったが、以来どれほどの人が此処を訪れたのか!!数えるほどもいないのでは・・(^^; 粟鹿山がアンテナ群を伴って姿を見せています。 ただ粟鹿山方向へは境界ポールを追うと棘藪を潜っていく事になるので此れは願い下げです。尾根を少し外しながら暫らく雑木藪の中を抜けると再び展望の尾根や素晴らしい自然林の遊歩道が待っています。最近辿った丹波富士・大箕山 からの尾根はオオジャレ手前で時間切れ撤退しましたが、このオオジャレ〜ムカエ山を辿って粟鹿山へは、この稜線に達するので、次の粟鹿山への道トレース第一候補でもあり観察しますが、 面白そうなコースとなりそうです。
オオジャレ分岐付近よりカラコ山 H16.11.20

カラコ山から暫らく藪の境界尾根を降ると、オオジャレへの分岐まで続く 伐採尾根は急斜面の登り下りとなりますが展望も拡がり、広い尾根にはツツジに混じって黄色や白の草花が目立ちます。山東町から粟鹿山頂に向って 林道が延びてきているのが見えます。 北側からの登山のメインルートは当勝神社からのコースでしょうか、土砂崩れ等でH16年まで工事中となっている林道のようですがハイキング道は展望台下へ通じています。 オオジャレ〜ムカエ山分岐からは自然林の広い尾根となり松の木が目立ち始めると 青垣町側からの管理林道(カーブミラーと白い保安林標柱が取り付き点)に出てきます(PM1:00)。後は林道を山頂に向うだけですが 50m程先にはコンクリートの展望台(下部は休憩所)があるのでよってみます。鉄梯子で台に登ってみますが周辺の木が伸びていて 展望は左程でもありません。展望台への入り口が当勝神社への下山口ですが林道閉鎖中の為「工事中」ゲートが設置されています。北側からはH12.12新装オープンした与布土(よふど)温泉「極楽湯 」も有り此処から奥山林道経由が以前からハイキングコースとして整備されているので利用出来ますが、粟鹿山西南尾根を黒川ダムに向うのも
カラコ山頂・測量柱の横に粟鹿山

三国山雲須山を正面に望む良いコースですよ。単調な林道歩きの途中に山東町が建てた公衆トイレ施設があります。 其処が与布土(ようど)や仏岩〜大碑や小碑への分岐点になっています。建設省とNTTコミュニケーションズの中継施設の間には 丹波の数少ない1等三角点粟鹿山(962m PM1:30〜PM1:50)が有ります。犬が吼えて飛んできましたが直ぐになついできます。昼寝中の犬連れの先着登山者が一人だけの山頂に低山 徘徊派メンバWMさんの姿は無さそうです。スッカリ到着が遅れてしまったが無線を楽しむ彼なら絶好のロケーションをそんなに早く離れるはずは有りません。もう一つ(メイン)の日名倉山に向ったようです。 少しガスっていて微かに大江山をバックにして 三岳山・伏見山
居母(いも)山が、 三国山雲須山 ・黒石ダムから青倉山・裾野を広げる朝来山と円山川を挟んで対峙する 竹田城や金梨山。好展望の山頂ですが、紗がかったような天候ではスカッとした眺望は得られません。時間も余裕がなくなってきたので下山に掛かります。管理作業林道・カーブミラーのある尾根の取付き点(PM2:10)から元来た尾根コースをカラコ山引き返します(PM3:10)。伐採部分の尾根は倒木のバリケードですがその先へは細く続く踏み跡があります。幾つかのピークを越す度にあやしくなって来ますが幾つもの枝尾根は特に東へ入らないよう注意します。
粟鹿山の展望台

こんな時間に谷筋での藪漕ぎは焦ってしまうので・・・(^^;西側に採っても、その後が長い車道歩きになりそうです。597mピークからはムカエ山〜オオジャレの尾根と熊野神社から続く谷の奥に周辺の山を 睥睨するかのような雄大な粟鹿山の最後の姿を確認して、杉の植林帯に入って行きます。車音が聞こえてくると遠阪峠の地蔵尊(途中2体ある。一体は小峠に、もう一体はその車道南下)より下手の車道側の谷に降りてきた。 石積みと巡視路道が近くにある、遠阪峠最後の谷の側で(PM4:20)427号線・カメワレ橋(車からでは橋名を確認できない!!)迄1km、そこからトンネル道下の遠阪換気所まで約1km程の地点です(PM4:30)。


U今出親水公園〜遠阪城〜オオジャレ(往復)粟鹿山〜ムカエ山   2004年11月20日

以前に遠阪峠からカラコを経て粟鹿山へ(上記Tコース )のコースを辿る以前より気になる粟鹿山に至る尾根ルートが有りました。R427号からは南方に見上げる程に急斜ですが、しかし山稜は緩やかに連なる名も無き幾つかの峰が、稲土川と今出川に挟まれて 西方の粟鹿山に延びていく稜線です。
遠阪城本郭(南尾根側から)


今出裸祭り(11月初旬)で知られる熊野神社まで行ったが其の先へ入って行けそうになかったので引返す。この時は遠阪最奥・今出集落の熊野神社と川を挟んで”今出せせらぎ園 ”親水公園の工事中だったようです。 熊野神社前に駐車場からは ”せせらぎ園”の三角屋根の背後に、今出川からソソリ立つ険しい山容を見せているのが遠阪城跡です。ムカエ山〜粟鹿山への主稜線上の615m地点から北に枝稜を突き出す、 その尾根先に細長く等高線を延ばす山域が城跡です。
今出熊野神社

古来から交通の要衝だった遠阪峠を 国境警備・通行監視の城砦が有ったのは判りますが、街道筋からは少し奥まった所に位置しています。登山が目的なら遠阪と稲土を越える峠道からムカエ山〜オオジャレへ向うか、逆に・今出川に沿って林道を詰め稜線を下るコースが考えられます。しかし北面の谷や尾根は、いずれのコースをとっても激登り・激下りになり、 オイマデの谷を詰めてムカエ山や、今出川沿いの林道を暫く辿ってオオジャレの谷を詰める事も考えられるが、谷筋も枝尾根にも明確な踏み跡は期待できません。
遠阪城・・峻険な尾根上から深く長い竪堀が急斜面に消えていく

工事中の林道を今出川沿いに詰め登る道?は、広範囲に伐採が進むカラコ〜粟鹿山の稜線に出て、但馬側(山東町)へ抜ける間道が通じていたか、カラコ山の遠阪峠側に見かけた役行者像には修験の道が通じていたのかも知れません。石像の在る辺りの山東町側に岩場が有るのが柴集落からは見えています。国境を越える間道!?と要衝の遠阪峠を警備する丹波側の山城として 此処に遠阪城が築かれたのでしょうか。今の私には・足立遠政の築いた山垣城の支城で、
遠阪城・土橋の尾根筋から特大・長大な片堀切を落とす

天正7年織田信長の「丹波攻め 」に遠阪峠を越えて攻め入った秀吉の弟秀長の軍により落城していった芦田氏や足立氏の周辺の烏帽子山城小室城と栗栖野城小和田城 ・田ノ口城・遠阪城を探し訪ね未訪の山城・遠阪城に向うのが今日の予定です。登路を”今出せせらぎ園”の奥に続く谷筋を選ぶのが常套手段の様ですが、どうも入って行けそうになく、バーベキューサイトのある川原を見ながら林道に沿って進むと、この先の素晴らしい渓谷美を想像させる岩盤の谷川になるが護岸整備され川幅も広く感じて、 林道の258m地点からオオジャレの谷辺りから詰め上がるにも
遠阪城跡の枝尾根から 激斜面を主尾根に出ると‥(^^♪

相当のアルバイトと激登が待っていそうなので、早々に対岸に渡ろうと思い林道の工事中表示を見て引き返し、最奥にある遊戯施設の側に達する橋を渡って直ぐ、 右手が絶壁のリッジ(尾根と呼ぶには急峻過ぎるので・・)沿いに取り付いてみた。僅か!?130m程の比高ですが川の側から 懸崖となる尾根を15分程・立木を頼りの”冷や汗”登行です。途中で手懸かりの岩や立木に手が届かなかったり・・・もしも立木や枝が抜けたり折れたら・・!!いくら険しい山城でも此のルートが大手や搦め手ではない筈です (^_-)-☆・・・・激登りがやっと終えそうな予感が目前に現れます。
遠阪城跡の枝尾根から激斜面を主尾根に出ると‥(^^♪

鈎形に折れ尾根を土橋とした片堀切はビックリするほど深く長い竪堀となって東の谷 (せせらぎ園奥の谷筋)に落ち込んでいきます。この後も・5本ばかり見かけた竪堀は、 いずれも尾根筋から深く長く全て東の谷に落ちています。ほぼ均等な幅で肩が大きくッ崩れズレていないので自然崩壊ではなさそうです。昔・伐採された木材を運び出す手段として、急斜面を流し(ズラし)落とした跡にしては深過ぎるし、同一の集積場所に向ってもいないようです。遠阪城本郭の東側・枝尾根の頭でも、曲輪2段目下付近にも深い堀切が有り、 そのまま竪堀となる同規模のものがあった。主郭部から南の尾根筋には堀切と長い平坦地の前後にも、片堀切が走ります。此れより尾根は細くなるが、又も安心出来ないほどの急斜面の登りです。
674m付近からは粟鹿山の中継塔群が見えてきた

今度は杉・桧の落ち枝葉に足を取られ滑り、 2歩全進一歩後退・・・・Ca615mの尾根に出ると遠望した通り・広く快適な尾根歩きになります。先ず此処から近いオオジャレの源頭部Ca610mまで行ってみようと歩き出しますが、何処までも続く緩やかで快適な尾根筋に、 オオジャレのPOINTにも気付かず、いつの間にか!674mピークまで来ていた。素晴らしい自然林の中の散歩道に気を良くして進むうち 直ぐ西方に粟鹿峰(山)が見えてきた。この稜線はホントはムカエ山から縦走で粟鹿山を目指すのが当初の目的でしたが山城ついでの山行ですが、いっそのこと粟鹿山まで往復しょう・単独なので即決・先を急ぎます。
粟鹿山〜遠阪峠へ取付点はこの池側から

今出川の源頭部も近く、伐採され地肌を見せるカラコ山からの 稜線が見えてくると、展望も徐々に開け但馬側の山々が姿を現してきます。藪っぽい尾根から赤松が目立ってくるとカラコ山からのコースに乗る。見覚えの庭園を抜け粟鹿山を正面に見て、稲土集落からの舗装管理道と合流するカーブミラーのある地点には、山東町側に窪んだ湿地帯があって奥の方には水を湛えた池がある。管理道の降り立つと普通の人 !なら楽に感じる舗装道歩きが登山者には ?急に辛く長く感じるものです。遠阪城から稜線615mPOINTまで一時間、其処からオオジャレの源頭部Ca610mを経て粟鹿山まで二時間(PM1:50)。
粟鹿山山頂

何時も誰か登っている山頂は独り占め・視界は余り良くなかったが先日”但馬の城オフ ”で寄った竹田城の石垣が真っ先に目立つ。予定が有って3時頃には今出熊野神社に下山して高源寺に向かうのですが、今の道をオオジャレに引き返し、ムカエ山まで行って2時間で降りられるかなア…!!急ぎ下山開始して 程なく展望台(休憩所兼上部が展望が効かなくなった展望台)手前で登山者に合う。 偶然・この山を選んで山東町側の ”西宮青年の家”から登ってきた、無線と登山を楽しんでおられるOAPさん御夫妻だ。暫く立ち話して先を急ぐ。ミスコースし易い(~_~;)オオジャレ手前のCa630m(PM2:15)から 10分でオオジャレの鞍部を経て更に 10分で遠阪城から詰め上がってきた広い稜線に付いた。
ムカエ山(ホントの山頂は数10m先なんですが)

見下ろすほどに急な斜面の先に尾根が続いている事が想像も出来ないので、逆コースで尾根上から遠阪城へ辿るのは初めてだと 地図が読めないと無理かも・・・ムカエ山への尾根は広く展望こそ優れないが、 自然林の中に続くプロムナード・・も ムカエ山の西ピークまで、急に杉・桧の植林帯に入り釣尾根状に延びる数 10m先のピークがムカエ山 (3等三角点 点名:滝ノ谷 629m PM3:00)だ。四隅が欠け五角形の頭を少し覗かせたているだけ。予定の時間は過ぎた。展望もなく殺風景な薄暗い山頂を後に下山ルートを検討する間もない。 三角点から真北の斜面に境界ポールを見て急斜面をズリ落ちていった。ポールはとっくに見失っていたが、谷通しに下ると、古いが尾根幅一杯に石積みが続く。
短い釣尾根状の端のピークがムカエ山


”丹波布”の里・青垣町は佐治木綿として知られ、明治末期頃まで盛んでしたので、 その原料の木綿や、養蚕の桑畑だったのでしょうか!。ムカエ山が”桑垣”とも呼ばれた語源が此処にあるのかもしれません。「道の駅あおがき」には併設されている丹波伝承館が有りますので興味のある方は覗いて見てください (入館は無料になった筈です?)。石垣の平坦地から小川を飛び越えると墓地の横を抜け鹿避けフエンスを開閉して出ると熊野神社へ150m程手前の車道に出て駐車場(PM3:50)へ戻り、折り返し予定地へ急いだ。


 遠阪城 田ノ口城と湯落城

遠阪城  城山 Ca400m  青垣町遠阪今出地区

丹波・と但馬を結ぶR427号線の遠阪峠を越える山陰道は古来よりの要衝で、遠阪から千原峠を京都府夜久野町へ抜ける旧街道もありました。足利尊氏が但馬の南朝方を攻めたり、黒井城主・赤井(荻野)悪右衛門直正に属した足立氏が但馬方面へ又、
今出せせらぎ園と遠阪城遠望

山名軍や織田信長の「丹波攻め」では羽柴秀長軍が丹波へ攻め込んだのも遠阪峠とされていますが、若狭・方面から福知山市経由なら夜久野からの千原峠越が使用されたと…比高も少なく近道・比較的広くて石積みも見える緩斜な山道は近世まで地域の生活道でもあって充分に考えられ、遠阪トンネル青垣町側出入口に出てきます。
長く急な斜面麓近くまで延びてきた二条の竪堀

全国足立姓の祖 山垣城主・足立遠政が丹波佐治郷の地頭職に就いて承元33年(1209)武蔵国から来住し岩本城(居館)を築き後・萬歳山に山垣城に移って此処を本城とした足立氏一族は小和田城・稲土城 田ノ口城・遠阪城・中佐治城・松倉城等々の支城を築いて丹波佐治郷の守備(但馬や丹波でも久下氏や 隣領の芦田氏等の諸豪族に備え)と
二連の大竪堀の一方は尾根上の主郭まで届く勢いで圧巻!!

地位を固めていきます。南北朝期・尊氏の従う丹波諸豪の多い中、足立氏は後醍醐天皇の南朝方に属し元弘3年(1333)4月千種忠顕に従って幕府軍と戦い六波羅を攻めたが京都で破れ荻野・児島・本庄氏等敗軍約3000を集めて高山寺城に拠り、応仁の乱では細川氏に従って但馬山名氏と戦っています。
(主郭部東)尾根筋の空堀(横堀状)から竪堀となって落ちる

・・・が群雄割拠する戦国時代に黒井城主・赤井 (荻野)直正が台頭してくると足立氏・芦田氏等、丹波の諸豪は其の傘下に組み入れられていきます。鎌倉時代から南北朝期の華々しく活躍していた足立氏が戦国時代の終盤!黒井城主の一部将として表舞台から消え去り、
(主郭部北)土塁状尾根筋沿いの空堀(横堀状)から竪堀となって落ちる

天正期へと時代は代わっても、丹波最北西部の遠阪城は山陰道の要衝で且つ、丹波と但馬の口を押さえる遠阪峠の国境監視と、攻防には重要な位置にありました。天正7年(1579)には但馬から遠阪峠を越えて侵攻してきた羽柴秀長の大軍に攻しきれず、370年の長い歴史を持つ足立氏の本拠・山垣城と運命を共にした支城の一つ・遠阪城へは【近畿豊岡自動車道は青垣ICを過ぎると
遠阪城主郭と北面の段曲輪

次の出口は遠阪トンネルを抜け但馬側の山東IC】青垣町小倉交差点からR427に入り、遠阪集落を過ぎ、峠へ向かうR427を右に分け”親水公園”の看板を見て左折・最奥の今出集落に入ります。丹波の奇祭今出の裸祭り(11月3日 )で知られる今出権現社・熊野神社が有り、親水公園整備され・手打ち蕎麦を食べさせる”今出せせらぎ園”があります。熊野神社は但馬国造りの始祖とされる「大多牟坂王」?を祀り、昔は「多牟坂明神」が 「遠坂明神」と称して、遠阪や山東町側の柴の氏神でもあり”裸まつり”神事の奉仕をされたといいます。
主郭南尾根筋を断つ・三重の堀切(主郭側)

”命の神様”とも称えられ但馬・播磨・摂津方面からも参拝されていました。平入り切妻で三社造の本殿は青垣町指定(昭和53年10月4日)で、棟札からは室町中期の長禄 3年(1459)建立とあり、室町末期・天文2年(1533)再建された事が記されているそうです。 関東来住の足立氏なので熊野社を加護したかどうか判りませんが、遠阪城主の子孫は江戸時代末期まで今出権現・熊野神社の神官を務めています。
遠阪城主郭南側に続く三続の堀切(東下方から)

丹波の最高峰・粟鹿山から南へ延びる山稜がオオジャレ〜ムカエ山 (上記の山レポートを参照下さい)を経て大箕山(丹波冨士)でその山端を佐治郷の中心部に落とします。其の山稜のほぼ中心付近の615m付近から真っ直ぐ北へ延びる枝尾根が今出川へ落ち込んだ所に熊野神社があります。 取付きには熊野神社・今出川前の駐車場から川沿いに進むと”せせらぎ園”からの入れるが、園の背後へ延びるフエンス沿いの山道がある。
遠阪城主郭

二段程の石垣積みの平坦地が屋敷跡か?。この背後の斜面上に早速畦を立てて並ぶ二重竪堀をみます。一条は長く主曲輪下段の帯曲輪 (北へ回り込むと3段ばかり曲輪が並ぶ)の側まで延びている。二重竪堀の左右にみる竪堀も深く長い。 最北の大堀切は尾根上まで延びて、細い尾根片側を土橋(土塁状)に残して、尾根筋を横堀?状に這う!!。麓への出撃シューターにしては規格外?のスケールですが。・・!!?。
主郭南の尾根筋を三重の堀切で遮断する

細く急な尾根筋を登った先に主郭北面の曲輪群切岸をみる。谷筋の山道にも、 墓地や植林様とは思えない幾段もの石積み平坦地が在る?。山道は城域から外れていき、且つ激急斜面に山道は消え、 主尾根に出ても遠阪城のある枝尾根へも、滑り落ちる程の激斜面なので、先に下降点をマーキングしておかないと枝尾根筋は判らない。この枝尾根上には末端かけて約500mほどの細長く緩やかな山稜が続く。 しかし此の間を外れると尾根筋は尾根上へも尾根先へも・また左右の谷筋にも、四方は劇急斜面に囲まれた天然の要害です。
三連の堀切を越えて南側の広く長い中郭曲輪(幅約mX長さ6〜70m)

地下鉄漫才じゃないけど、斜面に手掛り・足掛りになる草木や岩がなければ滑りズリ落ちる。 ”守備の兵は何処から此の城に入るのか・・?。また判らないので余計に疑問ですが、此れほどの要害に位置していながら、 8条ばかりの立派過ぎる深く長い竪堀(堀切の延長が竪堀として延びるものは含まず)がある。尾根筋に達する幾状かの竪堀のうちには登城ルートの堀底道となったものがあるのか?。
中郭の南端に見る土橋・片堀切

竪堀の凄さは現地で直接確認して推察してみてください!!。主郭の東に2段、北に3〜4段、南の尾根へは土塁・小曲輪を挟さんで三重の堀切がある。特に最南端には尾根幅一杯に広く長い削平地は短期の居住も可能な空間で、曲輪の南北の端を堀切って南端の尾根は土橋状になり、二本の大きな竪堀が落ちる。急に傾斜を増した尾根筋は、麓から城域までの急斜面と変わりなく、益々・傾斜を増して主尾根に出ます。
中郭南端の土橋・片堀切

此処に足立氏一族の足立伊豆守を初代城主とする遠阪城が築かれていました。最後の城主足立右近光永は天正年間・黒井城主・荻野悪右衛門直正に属して但馬侵攻に軍功を立て横山城(福知山城)攻めにも部将として活躍し小城主ながら武勇に優れ、八上城主・波多野氏の七組頭の一人・足立城主として 波々伯部次郎左衛門光政(淀山城)・内藤備中守顕勝(曾地城)・須知主水影氏(須知城主)等と名を連ねています

南郭(幅約5mX長さ30m程)の片堀切

此処を超えると城遺構は無く厳しい激急斜面の登りが主尾根まで続く

天正7年(1579)5月に遠阪峠を越えて侵攻してきた羽柴秀長軍の大軍を前に、芦田氏の烏帽子山城小室城や足立氏の諸城は次々その日の内に落とされ、多勢に無勢で援軍も適わず抗守きれずに370年の長い歴史を持つ足立氏の本拠 ・山垣城と運命を共にした支城の一つで遠阪城主・光永は城に火を放ち自刃します。
(氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書 氷上郡教育委員会を参考)

田ノ口城 と    xxx山 Ca250m  青垣町徳畑
    湯落城
   xxx  Ca230m  青垣町湯落

”道の駅あおがき”からは パラグライダー基地・岩屋山をテイクオフしたフライヤーがキャノピーに風を受けて、トンビの様に上昇気流を探りながら悠々と フライトを楽しんでいる姿が見えてきます。其のランディング地点の直ぐ手前、佐治の交差点を右折して北西に向うR427号線が、丹波と但馬を結び遠阪峠を越える古来よりの要衝・旧山陰道です。佐治から遠阪への 沿道左右の丘陵には佐治郷を領した足立氏の城砦が山垣城を本城に守備を固めています。
自動車道工事が進む登城口の鹿嶋神社付近

其の最奥の遠阪城(上記にレポート)には昨日寄ったのですが、つい自然林の稜線歩きが素晴らしく 丹波最高峰の粟鹿山まで行ってしまい時間切れ、再度・未訪の城へ向います。前回寄った中佐治城の城跡は古墳発掘調査域と共に、ザックリと尾根の先端部を割って特大のトレンチ溝が入って丹波市になって間もなく、此処にある2つの史跡は消滅します。
田ノ口城西尾根の掘切と曲輪群


R427号線が遠阪川と並走する東側に続き丘陵部を南北に ”北近畿豊岡自動車道の春日・和田山道路”が走り、小さな枝尾根が遠阪川に突き出しています。遠阪川が佐治川 (現・加古川)に流れ出る南端の小和田城を始めとして、それらの尾根突端付近には山垣城の城砦群が築かれているが、中佐治城の他にも此れから行こうと思っている湯落城も消滅しています。ゴルフ場や宅地開発・道路拡張や新設工事でドンドン消えていく。
田ノ口城の二重堀切

名も無き歴史遺産は保存・移転移設の対象からも外される必要悪なんでしょうかね!。山城は山の尾根上の最高所に位置するものとの概念は水分公園にある石生西河原城で脆くも崩れますが、丹波に戻ってきて今まで手付かずだった、殆ど知られることも無かった不遇の城を訪ねてみると結構目立って多いのに驚きです。丹波の大部分の城が天正期の信長の天下布武による”丹波攻略”で消え去った中世の城ですから、遺構には平地の構居・険しい山城・防備と機能を兼ね備えて丘陵部に移った城等、時代的な変遷も見られます。
秋葉社が祀られる田ノ口城主郭部


丹波氷上(丹波市)に東芦田城烏帽子山城 黒井城三尾城 佐野城等山頂の山城も多いのですが、此処のところ所用ついでに青垣町の城を廻っていると、山の端にある城砦が結構多い事に気付きます。足立氏の本城・山垣城も万歳山の南端に突き出した独立丘陵状の末端に有り、他にも山垣城向いの松倉城・中佐治城・別郭一城の佐治城小稗城芦田氏の稲土城沼城、後日UP予定の赤井(荻野)氏の長見砦・柚津城・尉ヶ腰城等々、多くの城砦は差ほど高くない丘陵の尾根末端に有って山側を堀切で遮断しています。
田ノ口城:主郭南尾根末端部「馬場跡?」

湯落城 遠阪峠付近の湯船山から烏帽子山〜榎峠へと、京都府との府県境尾根から遠阪川左岸に延びる尾根の先端部を削って”北近畿豊岡自動車道の春日・和田山道路”の工事が着工されています。この工事計画によって古墳や城砦が発見され、発掘調査の手が入りますが、山垣城関連の城郭でしょうが築城時期や城主 ・城史等不明の城は詳細な記録保存も出来ないまま、消滅していくんでしょうね!。
本郭西側の堀切(手前左・竪堀)から見る二重堀切

中佐治城の北・青垣町湯落地区の北端にも、同じ運命の湯落城がありました。平成2〜6年にかけて氷上郡教育委員会による調査で確認されたものですが、遠阪川に架かる大木島橋を渡り直進して、高架下の隧道を抜ける。集落の防塵・防音フエンス代わりに残された??末端部を残して、城域が有ったと思われる一帯は 既に自動車道路用に均されていました。湯落の北方、田ノ口の先でR427号線が遠阪トンネル(有料)を分け、遠阪集落を抜けて遠阪峠へと登っていきます。

田ノ口城 遠阪トンネルの標識を見て手前の徳畑で遠阪川左岸へと、鹿嶋橋を渡った所に鹿嶋神社が有り自動車道の工事現場となっていますが、高架の隧道横に拡がる平坦地は平安時代中期から室町時代の集落跡で、 田ノ口遺跡として発掘調査中らしい・・!!? 集落遺跡発掘現場に接する丘陵上に田ノ口城が在り、中国製の陶磁器や古銭等の出土品からも居館・武家の屋敷も此処に有ったと思われます。
田ノ口城:主郭東:二条の竪堀

鹿島神社の本社は勿論:茨城県鹿嶋市宮中の官幣大社の鹿島神社で、祭神は武甕槌神(タケミカヅチノカミ )・経津主神(フツヌシノカミ)。天児屋根命(アメノコヤネノミコト)を配祀しています。武神:武甕槌神を祀る事 からも崇敬厚く、鹿島・香取のニ神が国土を平定した ”鹿島立ち”の故事からも、武士が旅立つ際には道中の無事を願い、 出発に先立ち安全を鹿島神宮に祈願したところからも、山垣城主:足立遠政が但馬へ出陣の際には、此処:鹿島神社に武運長久を祈願して出陣したものと推察されます。
田ノ口城と鹿嶋神社

お堂(庚申堂か?)にはニ神が祀られているが一体は兵庫丹波では珍しい?青面金剛の像で(文字を刻む庚申塔は阪神間でも見かけるが・・ )礎石部に三猿(見猿・言わ猿・聞か猿)が刻まれています。六本の手に剣・弓等を持つが、左手にショケラ【
諸説ある様ですが、上半身裸の女人は三尸(サンシ)虫という!?人間が生まれた時から体内にいる虫で、その人間の悪事を天の神に告げるのを阻止する為、その夜は寝ずに過ごす庚申・・】 ショコラ=?半裸の女人像は髪を掴んでブラ下げており、手を合せているのは許しを乞う!!青面金剛の異様な姿は目を惹く。遠阪峠を北に越えれば朝来市山東町・天田郡(現:福知山市)夜久野町、此の朝来市と福知山市とは北に境する出石郡(豊岡市)但東町も、青面金剛の石刻像が他地域と比較すれば多く点在する所。
鹿島神社:青面金剛像

黒井城主赤井直政の家臣団として、但馬を攻め天田郡をも領した事からも、信仰・文化の流入は考えられます。ただ庚申講が流行ったのも、 石像も町や市の文化財指定では無さそうで、作製年代は不明ながら・共に室町末期以降のもの考えます。青面金剛と三猿がある事で庚申講が行われていた事が分かりますが、神仏混交の頃からとは思えますが、仏教での庚申講が神社で行われていた事も珍しい事なのかも?。なを田ノ口城の曲輪に祠の在る秋葉社へお参り出来ない人の為か?、 境内から城址を望む側に”秋葉神社遥拝所”の石碑も有る。鹿島神社横から北近畿豊岡自動車道の高架下を抜けた脇道沿い車道に広い駐車スペースが有り、
田ノ口城 ・二重堀切に挟まれた大土塁

其処からフエンス沿いに背後の伐採された丘陵上に向う山道(H21年頃には急斜面沿いの参道)にプラ階段が設置されていた。 手摺付きの長い階段道が秋葉神社への参道で、鹿猪除けフエンスが設置されている入山ゲートを開閉して向かう。 急斜面のプラ階段も緩斜面の尾根に出て終えるが、城域南端にあり狭い谷間を縫う遠阪川沿いを望む位置は、見張りか大手筋?の番小屋でも在ったかも。
薄皮残して?・・車道工事で消滅した湯落城

尾根筋沿いの斜面に付けられた細い道を割る崩壊溝は、秋葉社の建つ曲輪と下段の腰曲輪間から落ちる竪堀跡。 直ぐ左手に現れる溝沿いに祠東下の鞍部に着く。埋もれかけているが堀切で西南側尾根の広い曲輪を区分し、堀切側は幅広の低土塁跡らしい高低さもある。”馬場跡”と呼ばれる?!!長い平坦地形 (全長30m強・幅10m程の南郭で田ノ口城の中では最大の曲輪)。堀切から南側を斜上して
田ノ口の曲輪に建つ 秋葉神社の祠も改築されていた)。切岸上の平坦地に秋葉神社が祀られた比高約80m程の田ノ口城主郭部で、主尾根部の背後へ3段程・低い段差で曲輪を並べた最高所に主郭(本丸7mX13m程)がある。
南尾根”馬場跡”から堀切越に秋葉神社の建つ南曲輪の切岸

北端部が僅かに高いマウンドで、 低い土壇上の櫓台跡でしょうか?。土塁の先は堀切への高い切岸で、大土塁を挟んで見事な深い二重堀切が見られます。本丸は北面の尾根を二重堀切によって尾根を遮断していますが、西下に延び出す短い尾根筋 にも、低段差(殆ど曲輪堺も判らない緩傾斜だが!!)の小さな曲輪群が続き、主郭側の切岸下には堀切が有って、 狭い尾根を割って両側へ落ちています。曲輪部の先端から一本の竪堀が下方に延びています。引き返す主郭下の堀切からは北尾根側の二重堀切の状況がよく判ります。主郭の東下部から二重堀切の間には二本・竪堀をみます。
油落城!!?から万歳山と足立氏本拠城の山垣城を望む

二重堀切から北へは平凡な尾根が延びてゆくだけで城遺構は何もなさそう。そのまま福知山市との県境尾根に出るが、尾根は平凡で緩やかな丘陵が続くだけ。355mピークまで進んでいくと、 「ホワイトバード兵庫分水隊2004.1.3」の表示がある。おそらくは山垣城麓から「青垣いきもの・ふれあいの里」〜梨木峠から烏帽子山(烏帽子山城 )を経て此処まで・更に遠阪峠へ向うものと思われます。 城遺構関連は期待出来ず、元来た道を引き返しながら、府県境尾根を513mピーク手前 (西南)にある関電の送電線鉄塔 (大河内線71)を目指し、送電線沿いに南へ尾根筋を下って、次の鉄塔(大河内線70)の直ぐ南西側の斜面が湯落城跡と埋蔵文化財遺跡分布図は示しています。
専用道路が走る谷間の斜面に消滅した?湯落城跡

・・が北近畿自動車道完成後は・前回以上に”訳わかんない”城遺構はその所在さえ不明の壊滅状況です。 山陰街道の要衝で但馬側からの北西部の口を押さえる位置にあって、足立氏一族が佐治郷に来住した鎌倉時代中期:既に北方の守備として足立遠政が足立伊豆守を初代城主として遠阪城を築居ています。 田ノ口城・湯落城も・共に但馬街道の要衝を守備する山垣城の支城として築かれますが、遠坂城最後の城主:足立右近光永が居城していた天正7年(1579)但馬から遠阪峠を越えて侵攻してきた羽柴秀長の軍勢による攻撃を受けて、 足立氏本拠の山垣城も落城してしまいます。
(氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書 氷上郡教育委員会を参考)
  丹波霧の里HOME
inserted by FC2 system