おさん茂兵衛・悲恋の里  小南山・坊の奥〜丹波の森公苑
丹波市(五万図=篠山)
小南山⇔柏原病院(福祉公園)⇔坊の奥〜丹波の森公苑 2001年01月18日
近畿の山城 小南山城茶臼山砦  金水寺城
丹波のお話 おさんの森・茶臼山砦
         
挙田の塚(地神塚)
柏原病院西の枝尾根から病院と小南山

小南山 丹波の森公苑のセンター玄関から西北に穏やかな丘のような山が見える。 登山対象は正面の譲葉山や清水山に譲っても手近な散策と町を見下ろし氷上の山々の展望を楽しめます。小南山北の山裾にはひっそりと浄瑠璃で有名なおさんの森があります。 坊の奥丹波悠々の森はキャンプ場やレストランもあり西に向えば高見城山への登山口だが反対に東に向うコースが ”丹波の森公苑”迄整備されており展望と痩せ尾根の幾つもあるピークは殆どが展望も楽しめる休憩地点です。三角点が坊の奥ですがなぜか此処だけが展望に恵まれません。


柏原病院〜小南山〜おさんの森〜保険センタ〜展望台〜坊の奥〜丹波の森公苑  H13.01.18

加古川に沿って175号線北上し稲畑から萱刈坂を越える県道290号に入り、柏原病院の案内標識をみて右折し越える小峠が恩鳥峠 おさん茂兵衛が道行で越えた鳳峠。峠を越えて直ぐ健康福祉公園と氷上郡医師会健康センタの標識があり柏原病院が隣接して建つ。小南山からこの峠に降り、健康福祉公園に入って稜線越しに坊の奥 〜丹波の森公苑に辿るのが今日の予定ルートです。
健康福祉公園の日時計

病院からJR柏原駅方面へ直進する車道の右方向に丹波の森公苑が見えている。左手には峠からは小南山麓を南から東へ取り囲むように小南地区集落が続き、山の東南端に小南山登山口の 標識が建てられて周回の遊歩道が整備されている。ただ山頂東峰の三角点展望所(小南山城主郭232m)から 北の尾根や西峰(小南山最高地点241m)から先は普通 ?の山道で、もう東峰・西峰間の展望所を往復する以外 ・此処を利用するハイカーも無い様子。
柏原川「森の小橋」に すて女のレリーフ

登山口付近に駐車スペースは無いので丹波の森公苑入口の駐車場を利用するのが良いでしょう!!(AM9:20)明るく傾斜の緩い散歩道で 左右に分ける稜線に出ると 右手直ぐ休憩展望所に着く(AM9:40)。傷の無い綺麗な石標が埋まる小南山(4等三角点 232m)は四方何処からも同じ山容から四面山とも呼ばれ ・神南備山でもあった。丹波自然友の会のプレートが掛る木々があちこちにある。
丹波の森公苑と”坊の奥”に続く丘陵を望む

三角点峰から西へ緩斜な尾根を 進む向のピークにも休憩所がある。この先はどうか !しっかりと道は延びているので道なりに進むが病院側へは 向わずどんどん北に進む。間違っても何kmも遠回りにはならないので何処へ出るのか確認するつもり。 境界の赤プラを辿って尾根の端に出ると 赤土の剥き出した斜面に出た。飛び降りてそのままカーリフトの行き交う倉庫群の中を通してもらい県道へ出た。
小南山山頂から西への幅広い平坦な尾根

日本ケーブルシステム(株)柏原工場で 車道の向かいは 兵庫県学校厚正会丹有活動センタでした(AM10:00)。予定コースの病院側は左方向だが、右へ少し行けば 柏原ゴルフ練習場がありその右住宅地の先に、おさんの森があります(後述)。恩鳥峠へ戻って健康福祉公園入ります(AM10:30)。氷上郡医師会健康センタと向かいのポプラの家(擁護施設)の間から上方に見える展望台に向います。 この展望台で行き止まりです(AM10:40)。金山や譲葉山を望む展望地で円形の小さな広場には方位を示す十二支の石盤が在ります。
小南山城北西稜末端曲輪から竪堀(堀底道?)

中央の石塔は日時計の役割を持っているのかな!!?南東方向には大和宇陀と アメリカケント市と表記されています。ケント市と柏原町の姉妹都市の関連は知らないが、元禄8年 (1695)織田信長の二男信雄の4代目の孫(織田信休)が大和国宇陀郡松山城から柏原藩主として来住している。コンクリート広場の端の隙間から裏に続く稜線伝いの道は、幾つもの獣道が走るが突き進む。
丹波の森公苑登山コースからの377mピークを外れ東尾根を下り始めると直ぐ岩峰が現れる

冬場でも棘の多い雑木の薮は閉口だが、主尾根に乗ると展望も良くなり・歩き易くなり、適度に露岩の休憩所もある。挙田地区からの山道と合流してしばらくで明確な縦走路に出ると「左・丹波悠々の森⇔右・丹波の森公苑 」の標識をみる。急斜面には手掛かりの結び目を付けたロープもしっかりセットされている。 縦走路へ出て5分で坊の奥 (3等三角点 354m)で展望の余り無い尾根上に室谷坂と標谷界を示す植林界の標石が同じ様な大きさ、高さで並んで建っています(AM11:30)。高見城山〜石戸山を背後に播州側の妙見〜白山をも望みながら鞍部に降立つ。
下小倉からの東尾根は丹波の森公苑からの登山コースと合流する

室谷坂(AM11:40)で「右・石戸地区⇔左・室谷坂 」はエスケープルートとして覚えておこう。(石戸はJR谷川側 室谷は柏原病院〜丹波の森公苑・JR柏原へのエスケープ )室谷坂から少し急登だが道良く ・展望良し露岩も現われ痩せ尾根の縦走となる。次の335mピーク(直ぐ下の 枝尾根を送電線が越える)からは、良い感じの尾根コース。軽い山歩きなら丹波の森公苑からの散策コース:西の峰〜東の峰(最高峰377m)を周回するのも楽しいコースです。西の峰に出ると公苑へ下る西尾根コースと正面
丹波の森公苑の背稜尾根の東北末端部の展望台は砦跡か?

東の峰に辿る東尾根コースに分かれます。 先日の玉巻城〜八の瀬〜石戸山・高見城山から氷上町の山々のパノラマを楽しみながら展望台を経て砂防ダムへの分岐に出るが 2〜3分で東の峰377mに着きます(PM12:20)。展望は殆ど無いが樹間越に三尾山や黒頭峰が顔を出す。それもつかの間で急斜面を一気に 駆け下り 展望広場を経て三原大谷砂防ダム下に出ます(PM12:35)。
展望広場より柏原町を望む・正面中央(独立丘陵に見える八幡神社)

洒落たロッジ風のアトリエが2棟あり絵画・彫刻等創作活動や芸術家交流の場になっており、公苑内散策コースには三原古墳群もある。 イベント広場からセンタを抜けて正面玄関に出ます(PM12:40)。なを坊の奥方面から縦走して377mピークから 丹波の森公苑へ下る地点から、尾根筋は更に高度を落としながら 東へ伸びていき、更に北へ延び出す尾根先端部が丹波の森公苑からJR線を越えて
県道290号西河原橋から 柏原川と小南山城東北尾根端の物見台?(中央採石場上)

R176号へ向う北中集落に落ちる。その末端ピークが以前より砦跡かと思える 山容ですが祠跡らしく御手洗の石や一部に石垣が残っていて 今は広く整地されベンチ等も用意された展望広場となっているが JR柏原駅から町の中心街を正面に約800m程に八幡神社を望む。 丹波の国人領主:赤井氏の城は明智光秀により、神社は焼かれ金山城と共に黒井城攻めの本陣となった処。
左の瘤から:小南山東出曲輪・主郭・東中出曲輪・尾根北先端にも砦在り

此の展望広場に遺構らしいものは何も無いが、狼煙場等の通信施設として使用されたかも知れない?。主尾根250m付近から 東へ延び出す枝尾根がJR福知山線・柏原川に落込む先端ピークには砦らしい?遺構があって 金水寺城(仮称)として詳細は下記・近畿の山城にレポートを追記した。




小南山城 金水寺城(仮称) 茶臼山砦(丹波のお話・さとしの山を参照)

小南山城  小南山 232m   柏原町小南

丹波の森公苑からは北東方に柏原八幡神社の杜や譲葉山・北西真近には小南山が迫ります。 低山ながら独立丘陵の山上からは柏原の織田藩城下町を眼下に治め!鐘ヶ坂金山城から 円成寺城・大部谷城を 氷上町側へ抜ける山陰街道を監視出来、 氷上盆地を望み向山城(ガンジュウジ城)〜霧山城 穂壷城への狼煙台なら高見城や白山・弘浪山・遠く黒井城・三尾山城の諸城からも確認出来るでしょう。
小南山城北東尾根末端砦と柏原川

又目視でも山城の展望が効き、是ほどの好位置に物見の砦、 通信用の狼煙台も無かった事の方が不思議でしたから…まして三角点の有る尾根上は連郭を成しています。霧深い丹波の諸城への通信に”狼煙”が何処まで有効なのか?分からないが篠山・山南・氷上に通じる要衝監視の城砦 とは推察できます。天正6年(1578)丹波攻略の黒井城攻めでは明智光秀が其の本陣として柏原八幡神社を取り壊して築城した 八幡山城があるが其の西方の独立丘陵:小南山の城遺構は郷土誌史や伝承も無い。
小南山山頂部・本丸と一ノ丸?

築城時期や城主等も不明。 明智の本陣直近の小南山城は高見城攻めの向城として見張り所になったのかも知れませんが・・それなら高見城が留守部隊を残して城を空けていた情報が、この砦から知らされた事が 軍記等の 文書に残った事でしょう!!?。小南山の東裾を北から南へと柏原川が流れ自然の濠を形成しています。柏原川の東南付近に架かる”森の小橋”に女流詩人 田すて女のレリーフ像がある。
小南山城東出郭の土塁曲輪

柏原病院前から北へ小さな峠恩鳥坂を越える おさん茂兵衛道行の鳳峠は旧山陰道で、西山裾に其の ”おさんの森”があり二人を祀る祠が建つ。柏原駅から JR踏切りと柏原川(丹波の杜公苑・図書館への分岐交差点を直進)を渡り柏原病院への直線道に入ると、 小南山登山口の標識を見て右折。整備された一般ハイキング道は東南の民家側に絵入の略図案内板が立つ。
東出曲輪北(遊歩道側)に空堀土塁?と平坦地形がある

整備された遊歩道からは気付かないが、 登山口少し手前の古墓か其の間の踏み跡から尾根を伝うと3段程の曲輪がある東出曲輪。三方土塁囲みに曲輪と、続く曲輪との間は土塁を積む切岸が浅い堀切状にも見える。上段にも背に一文字土塁をもつ曲輪があり、その先が登山道と合う。 東北登山道の下方には空堀・土塁状があり屋敷跡?を想わせる。尾根伝いに山上鞍部に着く右(東)に主郭。西峰側の鞍部の先:尾根の北側には 屈曲する塹壕跡が見るが城遺構か大戦中の対防空監視施設関連の塹壕遺跡か?。
小南山最高地点の西峰側に堀切!?(南側へ落ちる竪堀か?)

東屋展望所の山頂から先、歩く人も無い様で元の雑木林に戻りつつあります。小南山東峰山頂(4等三角点 232m)休憩展望所から 西端の休憩所へ緩やかな高低差の台地が続きます。城域は両峰【主郭の東峰から柏原川沿いに北端を県道290号の西河原橋近くまで延ばす 比高60m前後の低丘陵で土砂・石材採取場とハイレックスコーポレーション(株)間の短い林道に降りる。柏原病院背後の西峰(西麓に恩鳥坂がある)は旧山陰道沿いに延びる
東郭(主曲輪)鞍部から 西郭側に見る塹壕跡!!

尾根筋で北端は工場の倉庫群が並ぶ中・日本ケーブルシステム(株)の裏手に降りてきて、カーリフトの行き交う倉庫群の構内を 通してもらい正門から県道へ出た】この二本の尾根上に幾つかの削平地が残ります。柏原病院北側の 二つの貯水池の間から取り付いて 四面山とも呼ばれた小南山最高地点 241mの西峰の尾根に出たときも稜線側に一段削平地があった。
小南山東出曲輪の三方土塁囲み曲輪

西峰から西端の此の尾根間鞍部にも浅い堀切状…南へ落ちる竪掘か片堀切状を見る。此れより先:恩鳥峠越えの道と並行する西北へも長い平坦尾根の中程より 2〜3段の平坦地があり、 一気に急斜面となる北西方へ竪掘 ・登城の為の堀底道状が曲輪に通じます?。曲輪を繋ぐ土塁道の様な高まり、工場裏手に出る竹薮の最下部からも 分厚く深い土塁空掘状が尾根筋に上がてくる!!?様に見える。東峰(主郭)を北へ回り込んで降る尾根筋からの分岐を小南集落へは背より高い藪に覆われ・
遊歩道とは別に東郭北から降る山道の 足下から落ちる竪堀?!

踏み跡を追う箇所もあるが、山道筋から落ちる長い竪堀状を見る。分岐点からの急斜面下方で 主尾根を外れ東への枝尾根先端部(小南集落北端の四坂山?久治郎稲荷社背後)は埋蔵文化財分布調査報告書では小南山城域の指定域外だが 4段程の連郭で主曲輪・副曲輪の南側に帯曲輪が附属する。尾根続きに堀切を見ないが小南山城主郭と東北尾根末端見張台との中間部に位置する繋ぎの砦か?。
小南山城北西稜…尾根と平行に延びる竪堀?

此の砦から北端の砦までは尾根筋近く東面には廃墓・柏原川側の山麓 ・最低鞍部の左右(東西)の谷沿いにも古い墓地や廃墓地らしい段差を残す平坦地形を処々に見る。末端の峰に向いますが直ぐ比較的広い平坦地と曲輪の段差を越え、自然地形の狭い台地を何箇所か見て北端の小峰頂部に着いた。下草に埋もれて遺構としては不確かな狭い平地です。僅かの範囲に残る平坦地(東西・南北ともに約15m程だが綺麗に削平されている)には感激です。 只足下に迫る採石場の断崖絶壁。
東中央出曲輪<四坂山稲荷砦(仮称)>:主郭部切岸を東下段子曲輪から!!

消えた空間には西河原橋近くまで丘陵が延び、監視・守備のため数段の曲輪が在ったのかも?。小南山東北尾根筋に 城遺構の成果が少なかっただけに東の墓地に向って下る一本の凹角を、竪堀と思ったのは期待薄の遺構に対する 思い過ごしだったのでしょう!!。


金水寺城(仮称)   xxx山 Ca190m  柏原町下小倉

丹波市山南町から奥野々峠(県道86号)を越えR176号(篠山街道 ・旧山陰道)に合流する下小倉地区に下ってくる。武蔵7党に属した豪族・久下氏は源頼朝の挙兵に”一番”に駆けつけた事で名を挙げ承久3年(1221)丹波栗作郷 (丹波市山南町上久下・久下地区)の地頭として来住し足利尊氏:篠村八幡宮の旗揚げの際には 「一番」の旗印を靡かせ一番に駆けつけた事はよく知られます。
JR福知山線高架を潜ると柏原川沿いに 金水寺城が迫る


京都の尊氏側近として関東武士団で盟友:中澤氏(大山城)が居た事で、情報が事前に知らされていたものと思えます!?。 小倉の庄は観応年間(1350-52):丹波守護代ともなった久下氏の領有地でした。久下氏本拠の玉巻城から奥野々坂を越えて小倉庄に下りて来る。
金水寺城の主郭の三方(北・東・南)を囲む帯曲輪

県道86号東南側の小独立山塊には大部谷城が在る。東側集落内を二つに分けて南北に抜ける地区道は、丹波竜の発見発掘作業中で知られる上久下地区から篠場(集落の殆どが村上姓で、村上水軍との関連伝承もある?)から篠場峠を越えて小倉へと間道が通じ近年まで通行利用されており ハイキング道として整備された。
金水寺城主郭:土橋付き横掘の端は折れ竪堀を落とす

大部谷城が此の間道の麓を通り、北の山裾沿いには奥野々道を抜けて北方600m程で、篠山方面から大山城や金山城の在る鐘ヶ坂を越える要衝 :山陰道(R176号線)と合流する。此の奥野々(県道86号)と山陰道(R176号)が合流する地点の東南200m程に円成寺城が在って、要所の重要な守備と監視所であった事は推定出来ます。
金水寺城の主郭の三方(北・東・南)を囲む帯曲輪

ところが奥野々道を挟んで大部谷城・山陰道を挟んで円成寺城が在るのに 対面する低丘陵部山裾を両街道が廻り込んでJR柏原駅へ向う福知山線が走る 西面に旧氷上柏原町・県の遺跡分布地図に城砦遺構の表示は無い。 JR線に沿って山裾を奥野々川が流れ、上小倉・鐘ヶ坂方面からの谷川を併せて下小倉で 柏原川が自然の濠となる絶好の要害、しかも両街道を監視出来る位置に在る。
金水寺城 :尾根から御堂側まで落ちる西竪掘?

丹波の森公苑から R176号へ出る手前で望む丘陵部東北先端付近の峰ピークや奥野々坂へ向う県道から 下小倉地区の集落北端に延びる先端部の山容に、もしや…と思いながら 藪枯れの今の時期内にと城探索に出掛けてみた。 篠場峠で合流する上久下・小倉両地区の合同の記念登山では小倉側の集合場所となった公民館からスタート。県道86号を挟んで南側の 大部谷城とは呼応(対峙?)し、大部谷城の東足下には此の篠場峠から下ってくる間道 (県道292号だが大部分は境界尾根筋を越える山道)もある。
金水寺城:尾根から今西古墳のある谷へ落ちる東竪掘?

下小倉集落を抜けJR福知山線の高架を潜ると柏原川に架かる金水寺橋。 左手山裾には宝城院(真言宗)末寺(後:円成寺の末寺となった?廃寺の金水寺跡)が在り県指定の宝筐印塔が有るというが南北朝期のものらしい。 前期:織田家2代目信則の代に織田家臣となっている田家より3代目・信勝の乳母となった 田つちは信勝卒すると庵をむすび菩提を弔ったと云う。宝筐印塔は城址背後の尾根筋西北麓に在る前期織田家の信長の弟:信包から信則・信勝)の3代を祀る成徳寺が在る。
金水寺城 :主郭東斜面に帯曲輪2‐3段が廻る

はじめ見性寺から信勝の戒名・成徳院殿…から成徳寺と名付けられた。 金水橋の先・取付きの参道横の墓地に見掛けた宝筐印塔こそ金水廃寺に祀られた信勝のもう一基ある宝筐印塔なのかも知れない(未確認)。右手の牧場前を柏原川沿いに300m程、左手墓地の先・山裾には 今石古墳が有る。正面には猪鹿除けゲートを開閉して進む広い山道が有る。城砦遺構がある事も未知の領域です。 大師堂・観音堂か毘沙門堂?、お堂左脇から踏跡を辿り尾根に向かう右手斜面下にも 一条の深い竪堀が堂宇の傍まで、途中を下草藪に覆われ見えないが落ちている。尾根に出ると向い(東斜面)にも今石古墳の在る谷筋へ落ちる長く深い竪堀が一条落ちる。
露岩の 377mピークから大部谷城(独立低丘陵)を望む

いずれの竪堀(片堀切)状も城の規模や防備面からみても不合理 ・不釣合?なので自然地形と見るべきかも?。此の南東へ緩斜面30m程先が 金水寺城<仮称>の主郭。尾根幅が少し狭くなる部分は土橋付き堀切か?。小さな平坦地形(腰曲輪?)と 1m程の段差の上には南北・幅8mX東西 20m程の平坦地形の先端最高所ピーク。此処を主郭に先程の狭い鞍部状と腰曲輪の北主郭下部には幅3m・長さ15m程が竪堀となって斜面に落ち込む。 主郭北面の横掘状から続いて東面〜南面へと主郭の三方を2段の帯曲輪が捲いている。主郭西橋から南へは露岩が3〜4段・急斜面上に有るが砦上部の露岩部は小曲輪の様!。
金水寺城主郭:尾根続き西斜面に落ちる竪堀?

至近距離の大部谷城・円成寺城と 連絡を蜜に出来る絶好の見張台であり元は丹波国人の城砦だったか?。現状の縄張りからは丹波市側では極めて珍しい主郭を中心に同心円状に曲輪を廻す陣城で、金山城・柏原八幡城への中継通信の城としても 有効な砦と思える。引き返して西へ枝尾根を辿るCa200m付近には尾根のかかる堀切状?(片堀切 ?)を見て急斜面上の露岩の多い 平坦地形を見るが主尾根に出ても遺構らしいものは無く、

片堀切から細く急な尾根上に露岩混じりの小さな平地?の220mピーク

主尾根を西南に向って丹波の森公苑からの整備された登山道に合流する377mピークまで辿ってみたが、更に坊の奥(3等354m)北西へ延びる主尾根上に城砦遺構は無さそうです。 だだ此の北西末端を 新井神社と山の神池に落とすピークには山ノ神城が在る。丹波悠々の森を間にして高見城砦群の一とは思えます。


挙田の塚(地神塚)

「おさんの森」のある丘陵北の末端部には挙田古墳群があり円筒埴輪等が出土しているが多田の工業団地開発整備の埋め立て用土砂採取後の 跡地も造成され今は4棟ばかりのマンションが並び消滅。此処には伝承だけが伝わる茶臼山城もありました。この丘陵を尾根続きに 南面から西方の高見城山へと三方を山に囲まれて、北にのみ開けた小盆地となって広がる挙田(あぐた)地区は低丘陵ながら日当たりが悪く山も深くないので水にも不自由。
地神塚:低丘陵の左末端部に茶臼山城が有った

其の上・佐治川へ流れ出る柏原川の水位も低く、 今でも大水による冠水被害が絶えません。行政でも挙田地区は氷上町か?それとも柏原町に入るのか揺れた時期があったとも・・・挙田地区にある挙田塚・地神塚には8〜9m程の方形マウンド上に墓石状の石碑がある。挙田地区中心部に位置した 地神塚は田畑に囲まれた一角に、高さ2m程の古墳のマウンドの様な方形基壇状の上に「賢巖道盛居士」裏面には 俗名:堀孫五郎尉と刻まれる石碑。
丘陵末端部と其の先の数棟の団地の茶臼山城や古墳があった

塚と石碑の主:堀氏が同一人物なのか当地の地頭:領主であったか?等:どの様な人物だったかの伝承も無さそうです。むかし・小さなワラ箒で、なにやら呪文を唱えながら患部のイボを撫でると、イボが取れると言い伝えられ 婆さんに箒で摩ってもらった記憶があります。全国的にその様な「イボとり」の伝承は丹波にも数箇所に残る。子供の「癇の虫」押さえの地蔵伝承と似た様なものか・・・・!!?
イボとり地蔵(篠山・栗栖野城)篠山市栗栖野 いぼとりの方便水 丹波市青垣町東芦田の胎蔵寺
いぼとり地蔵 丹波市柏原町挙田いぼの石    丹波市青垣町桧倉 高源寺


別冊丹波霧の里HOME 本誌丹波霧の里HOME
inserted by FC2 system