八上城西方の城砦群 槙ヶ峰・岩崎城・谷山城・四季山城・高山城・館山城・足見寺城
篠山市 (五万図=篠山)
槙ヶ峰〜四季山・谷山城・高山城他 2004年05月22日
校歌・故郷の山:
♪朝日に輝く四季山は 樹木のいろどり美しく……♪城南小学校
近畿の山城 : 岩崎城 谷山城 平林大膳館小丸山砦 四季山城

       真南条上城(高山城) 館山城 足見寺城真南条下館(助太郎屋敷)
丹波のお話 鼻の助太郎
宇土観音(弘誓寺)大イチョウと多宝塔

篠山盆地の最西部に位置する 奥谷山(大沢城)〜音羽山周辺は以前にレポートしましたが、R176号線を挟んで対峙するJR篠山口駅の直ぐ東方に佇む小さな山塊にも、 登山対象に目を向ける人は余り居ないでしょうね。 この低い丘陵上に峰を置く槙ヶ峰を最高地点にして東へ延びる尾根の東端部にある谷山迄は直線にして僅か3km余りの稜線が続いています。
館山城:曲輪と重連する竪堀群と大土塁の不思議な縄張りを見せる

尾根の北面は 篠山川を挟んで東西に長く拡がる篠山盆地を望み、南面は園部・亀岡方面から古市から社を経て小野市へと播磨路を、三田・有馬へと攝丹を結ぶ要衝を結ぶ街道が抜けています。 八上城主波多野氏傘下に加わるまでは、来住の豪族一族が結束していった酒井党や在地豪族の城が周辺に存在していました。小さな山域ですので其れらの跡を訪ねながら 一気に廻って見ます。槙ヶ峰以後の山&山城レポートは「近畿の山城」の該当の城を参照してください。
===================================================================
八上城の西方を固める付城群とJR篠山口の裏山へ

宇土観音へは沿道の彼方此方に「槙ヶ峰千軒坊古蹟宇土観音」 の看板が立っているので分かるでしょう。仁王門を潜って入った境内の中ほどにある見事な大銀杏の巨木が印象に残ります。槙ヶ峰の麓に建つ 清流山弘誓寺は宇土観音の名で知られ宇土の観音さん」と呼ばれ親しまれ”病気封じ”にご利益があるとされています。大化年間(645-50)法道仙人によって開創されたと伝えられ 「槙が峰千軒坊」といわれた多くの堂宇も寿永元年(1182)源平の兵乱では平家の軍勢が 潜んでいたことから、源氏の軍によって全山焼亡したものの本尊・聖観世音菩薩像は滝のそばにあったので、其処に隠され難を逃れて残った為「清流山弘誓寺」と呼ぶようになったといわれます。
佐幾山城からの槙ヶ峰

篠山市内の弘誓寺には三尾山城主赤井幸家(黒井城主・赤井直正の弟)が天正6年(1578)三尾山城落城の際、 落延びて後に寺を訪ね・また此の寺に骨を埋め石碑も建てられている三尾山弘誓寺(篠山市上板井)があります。槙ヶ峰へはバス停・丹南町役場前から 辿るつもりだったが駐車予定場所が整備中の為、 当分の期間利用出来ないので前回同様に宇土観音から廻ります。多宝塔から寺の裏手に続く 「33ヶ所観音巡り」案内板のある山道に入ります。 観音霊場石仏が並ぶミニ参拝の参道とは別に谷に沿って直進する道も直接 ・槙ヶ峰東峰に通じますが霊場巡拝道を利用して槙ヶ峰北尾根末端に在る東屋の建つ展望台に出てみます。
宇土観音展望台から網掛城・吹城を望む

北方は正面「お菓子の里」の左右に 網掛城と吹城を眼下に篠山盆地が拡がり東には高城山(八上城)も望めます。 南方の尾根筋を辿って此れから向う槙ヶ峰の東峰を望みます。第18番観音から周回する巡拝の参道を外れて山道に入ります。大柿氏の赤布がこの後三角点峰(西峰)を過ぎ 丹南町役場近くへと北西に延びる尾根へ導いてくれます。大柿布の赤は最近 PINK布に代わっていますので彼のHPにも記録の無い数年前の物の様です。槙ヶ峰へは北尾根の無名ピーク (地図上・丹波の山は殆ど無名ですが )から藪っぽい尾根筋を鞍部へ降りますが、降り始めはコースアウトしそうな迷いやすい箇所ですので要注意です。鞍部からは、ほぼ直線の登りで 「槙ヶ峰神社」の石碑と石祠が祀られる削平された東峰山頂に着きます。此処から南へ足見寺城を目指すのも良いかなと思ったが 余りに帰路が遠く時間の無駄使い。 予定が消化出来ないので先へ進みます。 何か鬱陶しい東峰と違い僅か5分程で明るく展望と良い槙ヶ峰西峰(点名:宇土 3等三角点 467m)ですので休憩はお預けです。山頂には共同アンテナが立ち東下方を通過する送電線の 巡視路プラ階段が初田地区へ下っていきます。
槙ヶ峰神社(槙ヶ峰東峰)


西方に拡がる展望は眼下にJR篠山口駅舎と対山には大沢城〜禄庄城 の尾根越に篠ヶ峰千ヶ峰 北に金山盃山 等の城山を望みます。北西へ延びる尾根も巡視路の快適な散歩道が続きます。もう直ぐゴール近くで右下へ広い山道が下って行き黄色テープも此の方向に巻かれてますが細くなった 尾根筋を取ると直ぐの所に明治22年建立のものですが素朴な不動尊石仏が立てられています。此処から2分程度・疎林の急坂を適当に下り「島姫神社古蹟」の石碑と 祠が祀られている側に降り立ちます。石段を降りたところがバス停・役場前で小公園となっています。宇土観音までは歩きで25分程です。JR篠山口駅へは5分程で戻れる地点です。
==================================================================

二村神社の塩掛の庭

真南条上高山城と真南条中 館山城の間に挟まれた南側の谷あいの集落奥に二村神社が祀られ 社務所の玄関脇に塩掛の庭が有り下記のような由来が残されています。文明14年(1482)丹南町古市地区の見内に式内二尊神社 (現・二村神社)が祀られており、神社の氏子は今田町の小野原から丹南の古市・大山・味間・真南条・西紀町の南河内や北河内と広い範囲にまたがっていました。
真南条:二村神社「塩掛の庭」

例祭の当番は各村が 当番制で回り持ちしていますが、神内の名主は神社鎮座地ということで何時も一番上座に列し、次に各村の名主が座するのが決まりでしたが、大所帯の村の名主ほど自分達は神内より 多く負担をしているのに上座に座ることができないと不満に思っていました。宮座争いの口論の挙句は力ずくで…と神殿の扉を押し開き、御神像一体(伊弉冉尊)を持ち出したのが 近郷にも剛の者と知られる真南条村の名主でした。神内の追っ手を振り切って御神像を持ち帰った真南条の名主は、その時宮の谷の二つの流れの合流点・塩掛の清流で御神像を 浄め、宮の谷奥にある山の磐座に御神像を安置してお祀りされました。 その場所をバンヤノマワリと呼ばれます。その由来を残す為・此処に塩掛を模した庭が造られました。奥の大きな石は磐座を、散在する石は真南条の集落を、 そして白砂は谷の流れを表現されています。
館山城主郭東下方に広がる怪異!!?な土塁・竪堀遺構

この御神像争いの時には味間が神輿・西吹が馬具・矢代新田が椀箱を持ち帰り其れ等を御神体として、 それぞれ集落の神社で祭事が行われているようです。二村神社は、いつまでも山中に御神体を祀っていては勿体無いと山裾を切開いた現在の場所に移され元亀元年(1570)石鳥居が、 元亀4年(1573)には御神殿を建て、御神像を遷すにあたって村人達は塩掛で御神像を洗い清め、彼らもまた・同じ流れで心身を清め、御神像を安置しました。 今も二村神社への赤ん坊の初詣は、塩掛の水で清めてから御参りする習わしになっています。
(二村神社案内板 等参照  ●「座争い」となったもう一つの二村神社が文保寺山門と並んで味間に在る )


岩崎城 谷山城 平林大膳館 小丸山砦 四季山城 真南条上城(高山城)
館山城  足見寺城
 助太郎屋敷


岩崎城  坊の奥 266m  篠山市丹南町岩崎字坊の奥

宇土観音から槙ヶ峰山塊の北側山麓を 1km程で岩崎の集落に入ります。バス停・岩崎公民館から南山手に向う集落内に入っていくと 槙ヶ峰山塊の東峰・谷山西の峰から北方に延びた枝尾根の末端付近から西へ突き出すように延びた二本の指先のような先端が丸い岡が民家に迫ります。 奥に見える小さな山頂に低い 3〜4段に段差を持った削平地が有って柳本左近兵衛が拠った岩崎城が有りました。
岩崎城(正面の小丘陵)

篠山盆地の西方を望む位置に在り、八上城も東方の直近にあるが 八上城は見通しが効かない。 しかし遮るもの無い右前方に吹城と正面には網掛城が望まれます。岩崎城の西端麓に春日神社があり、南側には圃場整地等で 改修されてはいますが大きな奥池は水を湛えて城址の姿を映しこんでいます。西側の神社背後から民家のある北面にかけて削り込まれた様な壁を見せ、南側は池で囲まれ た水掘りで堅城の様相を呈しています。 神社裏手へ回り込むように斜面に取付くが 最高所迄は比高僅か4〜50mです。尾根のは直ぐ這い上がりますが城域部の西端付近 3m程の段差の曲輪は全体がブッシュの中で、
岩崎城から望む篠山盆地・吹城(右)と網掛城(中央)

藪を分け上部に出ても削平はあまく、 僅かな段差の平坦地が4〜5段続いて40m程の距離で最高所へ延びているだけ。東へ降る尾根もさほど急でも無く、途中に低土塁付きで竪堀を曲輪端に備えた遺構を見て植林の鞍部に降りるが 此処に堀切がある訳でもなく東の尾根伝いからは無防備で自然地形に頼るだけだが 比高は低く何処からでも侵入出来そうです。虎口や大手道は不明の様ですが、 西の尾根先にある神社背後では無く、由緒有りげな大きな民家先を鞍部に出て東尾根伝いに城域に入るのが大手道と思われます。天正期(1573-92)にまで残っていた城にしては 防御性に欠ける臨戦的な使用目的の縄張りで”詰の城”とするには弱過ぎる!!?。 丹波攻めの始まった天正3年(1575)頃からの緊迫した状況下で、この城が果たした役割は何だったのだろう?
春日神社の背山に岩崎城がある

波多野氏勢力の傘下以前の領主 ・柳原氏の領地支配の為の館城だったでしょう!!?。 周辺の民家に酒井姓を見かけるが真南条の尾根越に、北方にも酒井党一族の勢力があったのか??柳本氏については未調査ですので勝手な推測ですが、天正6年(1578)以降 ・八上城周辺の付城が明智軍に攻め落とされていった頃、波多野氏の旗下にあった城主:柳本左近兵衛は防御性を欠いた岩崎城を捨て、八上城に籠もって最後を迎えたようです。

谷山城     谷山 401m   篠山市丹南町谷山風呂ヶ谷

岩崎公民館前を更に東へ約 1km程で谷山の集落に着きます。 右手に見える高い土手は圃場用貯水池です。谷山城からの帰路は踏み跡は無いが疎林を縫って斜面を降り此の池の東端の出てきました。城への登城路は倒木や雑木に時々は邪魔されるが明確です。此の山では思い掛けずに大柿布を見かけます。 彼は兵庫の山々をMTBで(大概は歩きの奥様と)トレースされていますが 此んな所へも…と思うようなマイナーな藪山へもMTB担いで登られます。
小丸山砦北裾から平林大膳館(中央柿木先の台地)と谷山城遠望

先ほど登ってきた槙ヶ峰でも宇土観音の観音巡りコースからの取付き点や西の峰の三角点、島姫神社へ続く尾根道にも見掛けた。 私も谷山の城址を越え更に西のピークまで足を延ばしてみましたが、 大垣氏は槙ヶ峰登山の後(後日!!)此処・谷山城から真南条の北を槙ヶ峰まで 続く小山塊の全山尾根縦走を完成させたのかも知れません。
谷山城主郭部の切岸と帯曲輪

さて谷山集落中程から山手に向う道は分岐から 200m程で公民館前を通り祥雲山法福寺の石柱の山門を潜ります。 本堂前を抜けて正面に続く石段を詰めていくと XXX神社です(神社まで行かなかったので名前は??)。石段登り始めの右手石垣で囲われた一角には 宝篋印塔が一部を石積の石の一つの様に 頭だけを出していました。
谷山城:空堀沿いの曲輪!!?

此処から谷通しに続く山道があるようだが10m程戻って谷に二本の丸太を渡した簡易橋を渡って尾根に登っていく道を辿りますが、大手道・搦手道は東山麓の居館 (平林大膳館!!)から東尾根を主郭へ、また北山裾の貯水池側からの北尾根筋に通じていたのかも?。 主郭に至る東尾根上にも細長い曲輪・竪堀が遺りますが、城域主体部は最高所を中心に帯曲輪を廻す主郭から北方へ延びる尾根筋に
谷山城主郭西面:二段の帯曲輪

数多い曲輪を連ねる比較的大規模(北-西へ約200m以上・主郭から東へ 細長い尾根上約150m以上)城郭ながら、防備設備の土塁も低く・極浅く短い竪堀状・埋もれてか浅い堀切状を見る程度だけに、城域北末端部に見る畝状に並ぶ数本の大きな竪堀が 城遺構なのかどうかは?異常に思え、近代の山仕事様ではと疑問に思える。
累々と段曲輪だけが続く!!?

東方向に展望が拡がる箇所が有って四季山のミニ独立丘が篠山盆地の中に浮かんで見えます。丸い小山の其の名も小丸山砦 ・小さな小山の四季山城が望まれ、其の奥には本拠城の八上城や弥十郎ヶ岳 ・ほっと憩える展望休憩適地が有ります。此処を過ぎて未だ続くだろうと急坂を登り始めクランク状に斜上する山道は虎口か?。曲輪の片鱗を感じたと思った時には、 既に堀切 ・竪堀・曲輪に土塁等を見ないまま、幾重にも連なる曲輪が段差をもって続いています。
谷山城:連続段曲輪群の中には低土塁曲輪も見られる

前方に高い切岸を持たせた曲輪が見え、 その下の広い曲輪には井戸跡らしい凹部さえ有ります。腰曲輪から斜東下方へ急斜面の尾根が延びているので辿ってみると、削平状態が悪く低い段差の小曲輪が幾つかあるだけでしたが東端部に切岸を持たせ、底部の北隅からは竪堀が一本走っています。 更に尾根の下方へは小規模な削平地が有るようですが顕著な防備施設は無さそうで、
谷山城主郭西端の小土橋と幅の狭い!!竪堀

本郭部直下の切岸と急斜面の自然地形に頼っているもののようです。 槙ヶ峰に続く西への尾根筋を辿ると直ぐ小さく浅く、 幅の狭く浅い土橋付き堀切と竪堀状が有って、緩やかで城域よりも僅かに高いピークに続いています。此のピークからも真南条との町界尾根の切開き道は延びており、 槙ヶ峰まで縦走してみたい欲も湧いてくるが今日のテーマは周辺の山城で、未だ後四つの訪城を残しているので引き返します。
東尾根部の東端の切岸 ・右手奥に竪堀が一本走る

東尾根の曲輪群の防備の弱さに加えて、 西尾根からの攻撃に対しても 先程の小さな竪堀だけで尾根上の防備を持って警護するものは有りません。本郭部を帯曲輪で防御し北方へ延びる曲輪群は丁寧に削平されているが、 土塁を設けての防備強化が図られていないようです。室町時代初期・中期の 古い城が改修されずにそのまま残ったものとも思えません。「丹波志」には八上城主・波多野氏の家老平林大膳秀衛の名が見えますので、先に訪城済みの岩崎城主 柳原左近兵衛等と同様・最後の籠城戦には八上城に拠ったと思われます。
谷山城北尾根先端曲輪から落ちる畝状竪堀(3-4状) <

築城や城史については不詳ながら波多野氏重臣として七頭・七組として氷上郡(丹波市)の玉巻城 久下氏・朝日城荻野氏・福知山城・小野木縫殿介…等の名が挙げられ、 信頼性が薄く疑問も多いxx家文書等の古文書に重臣:家老として渋谷伯耆守氏秀等とともに平林大膳秀衛の名があり、谷山城近隣に位置する 四季山城や小丸山砦も谷山城主:平林氏の付城・支城砦の一つではないかと思えます。四季山の南方に火打ヶ嶽337mがあり、
北尾根:連郭入口?部の平入虎口?

西山麓に 小枕地区があり、此処に平林大膳秀衛の居館が有ったといわれ殿垣内の地名が残ります。平林大膳秀衛は永正年代(1504〜)以前!多紀郡(篠山市)を与えられ因幡(鳥取)国八上郡より 丹波に来住した波多野(藤原)経基の兄・平林忠義の末裔といわれ波多野氏一族と共に八上城に滅びます。



平林大膳館   xxxCa220m   篠山市丹南町小枕字北山

岩崎公民館前を更に東へ約 1km程で谷山の集落に着きます。右手に見える高い土手は 圃場用貯水池ですが更に250m程東に進むと小枕川に架かる学校橋に着きます。学校橋とは川の東側に古墳の様な半円状の小山【後に小丸山砦と呼ばれる 城砦とわかった(下記小丸山砦 を参照してください。情報不足でデータ未収のまま推察だけのレポートですが・・(^^ゞ)】の東側に県道49号線が走るが、其の道に面して建つ城南小学校の事でしょう。
平林大膳館から小丸山砦(中央を小枕川が流れる)

学校の校歌に謳われている「朝日に輝く四季山は・・・」四季山山頂が 四季山城で篠山城の南約2km地点に位置しR372号(デカンショ街道・京街道)の小枕交差点には約500m程。小枕川を挟んで東側150m程には小丸山砦があり、西南方に仰ぐ谷山 (谷山城)から東に延びだす丘陵尾根の北山裾、田圃を抜けて約 250m程先には竹薮や栗林の一段高い平坦地が見えています。
田圃と栗林・植林の中の曲輪

此処・小字”平林の坪”が平林大膳館跡とされ、渋谷伯耆守氏秀等と共に八上城主波多野氏の家老谷山城主 平林大膳秀衛の居館。この居館から東尾根伝いに山上の 「詰め城」谷山城への搦め手道が通じていたのでは?と思えます(谷山城への大手道は谷山集落からの北尾根筋の様です)。
曲輪と空掘状間の土橋を伝い上段曲輪へ

居館と詰め城がセットで残されている 遺構の例が少ない様ならばなんとか残して調査していただき、来れば此処から谷山城への往時の登城ルートを大手道と共に整備していただければ良いのですが私有地ならば無理かも…!!。出学校橋を渡って小枕側右岸(西側)に沿って進み、 田圃の畦道を谷山裾に位置する平林大膳館のある台地(田圃の端:植林・竹薮・栗林となっている)に向う。
空掘?側の土塁道から広い曲輪と東北側の一段下曲輪

小枕川を外堀として田圃境の溝を越えると東面には1.5m〜2m程の広い削平段がある。三段目の一番広い曲輪の北端部は土塁跡か?盛り上っている様に感じられるが、其の延長線上の曲輪端は土塁道、北側は空掘となっている様です。 密生した竹林の奥は雑木藪で、曲輪が有るのか・空掘が続くのか?様子を窺えない。
虎口?らしい南端から見る土橋 ・土塁付?きの一番広い曲輪


土塁道・土橋の先が館の最高所らしく、 伐採材や枝木が散乱しで平坦地の様子は判らないが、山側との明確な境界がないままに山頂部にある谷山城へ続く斜面に溶け込んでいる?搦め手道が此の斜面からなのか、 谷寄りに詰めて尾根に出るよう付けられていたのかもわかりませんが・・・? いつか谷山城〜槙ヶ峰の縦走計画に含めてトレース出来れば歩いてみたい。
【多紀郡埋蔵文化財調査委員会(郷土史研究家)による分布調査報告書 昭和47年を参照】


小丸山砦     小丸山 230m   篠山市丹南町野中小丸山(城南)

谷山城の北裾野を抜ける地区内の車道を東へ500m程で、 野中地区のバス停:小枕口の県道49号線(三田篠山線)に出る。 此処から直ぐ東南方400m程には四季山城がある。地図上では比高20m足らずの小さな森程度で古墳の様なドーム状の独立小丘陵が、城南郵便局・小学校・保育所に囲まれて在る。 県道側からは赤い鳥居が立つ急な石段道が、下草や木の根が張り出した山道となって、山頂部に祀られる「正一位小丸山稲荷神社」への参道です。
谷山城を背に立つ円墳状の小丸山砦

此処「野中」には 八上城落城伝説「女畷・乙女塚」の碑が祀られ、東の向かう田園風景の先に浮かぶ八上城と共に知られる所ですが、南に迫る低丘陵上に在った四季山城さえ 城址である事が知られてはいない程なので、小さな高台の此処が砦跡とされているのは 「平成12年3月版県教育委員会 兵庫県遺跡地図」以外に私は知らない…。四季山城と谷山城の中間部に位置し、源義経も通った京街道(デカンショ街道)監視の砦というより、
小丸山砦:北面の高い切岸下には広い帯曲輪

東西に二つの 詰め城を持っていたと思われる谷山城主:平林秀衛(八上城・波多野氏の家老)か重臣の居館跡ではなかったかと思えます。小丸山砦を訪れた過日:其の西面に小枕川が流れ 天然の堀となっており、同様に此の小枕川を外堀とした平林大膳秀衛の居館平林大膳館が 谷山城の東山裾に在った。八上城籠城戦になると平林氏等は、 小城を捨て八上城に籠もりましたので、八上城を隔てるもの無く直視出来る四季山城や此の小丸山砦は、 明智軍にとって絶好の包囲網の拠点として、八上城の西を固める向城に 利用されたと思えます。
「長者八剱大神」祠前から頂部の主曲輪

落城寸前の城を出て西方に逃れ出て「女畷」を辿る老人・侍女達を、四季山城や小丸山砦の明智方は 自分の家族を想い見過ごしたでしょうか?恩賞の無い下級武士等の戦利品として 金品目当てに殺されたり捕らえられたのでしょうか?隠された陰惨な行為が落城悲話に語られる事はありませんが…!!小丸山への参道が大手でしょう。
小丸山砦主曲輪に建つ稲荷社

途中で二手に分かれるが 西側は直ぐ幅1m程の水平道となり、そのまま頂部の稲荷社が祀られる主曲輪の北面の小広い帯曲輪に入ります。帯曲輪は山容が示す通りの極急斜面北に迫り出していますが、 丁寧に削平されていますが神社施設跡ではなさそうです。木の根に掴って8m程の切岸を登ると1m程の低い段差の小曲輪と西側にも2m程の幅狭な曲輪が在って主曲輪に出る。 南の参道からは「長者八剱大神」の祠が建つ腰曲輪から2段ほどの小曲輪を経て城史不詳の主曲輪に入る。


四季山城   四季山(甑山) 290m   篠山市丹南町小枕

谷山城への登城途中の展望所から四季山へ登れそうな取り付き点を探し模索してみます。小丘なので何処からでも簡単に… とは思いますが、田植え前の苗代作業の真っ最中ですので、畦道を伝って山裾へと歩くわけにもいきません。R372号に面した東側から緩やかな尾根が続いているのが見え♪朝日に輝く四季山は…♪ と四季山を校歌に謳う城南小学校も見えています。西面・北面の車道側からも登路は有るのかも判りませんが、
谷山城から小丸山砦/四季山城

デカンショ街道側からが良さそうです。 四季山の別名が丹波杜氏の里に相応しい!!”甑山”で酒米を蒸す用具にでも似ているのでしょうか!!?。谷山集落を後に更に東へ約 1.5kmで篠山城から真南に延びて三国ヶ岳から茶で有名な母子(もうし)から花の寺 ・永澤寺を経て三田市へ抜ける県道49号へ出ます。

本郭東下部の堀切と土橋と南に居住空間のような削平地

関東の画家 小川芋銭が描いて一躍有名となった「丹波の朝霧」は49号線が越える美濃坂峠から描いたものとされているのですが?… 此処から歩いても直ぐですが、谷山城への登りで確認したポイントに向かって デカンショ街道のR372号を数100m、 峠状の所から取付きます。
四季山城:東北の尾根にも大小の曲輪が続く

畑の奥からはダイレクトに直上する立木に 赤いペンキに沿って急登すると、尾根筋は西南端からの山道と合流します。とは言っても松茸山なので登り口はOPENでは無さそうです!!??此処でも、 何の予感も無く突然尾根上に居住空間とも思える平坦地が現れます。 此処でも谷山城と同じ様な幅が短く浅い堀切に土橋が架かっています。差ほど急でもない登り25m程で最高地点に到達です。5〜6m四方の櫓台風の曲輪から北へ 段差も分からない緩やかな傾斜が続きます。
四季山城の主郭と低い段差の曲輪が二段程

その北端に一番広い曲輪があり高い切岸の下方に数段の小曲輪が続いています。 高さは6〜7m程度ですが、更に北と東下方に小帯曲輪が半円を描くように配置されています。東方約3km地点には八上城が有り八上城落城伝説 「女畷・乙女塚」や八上城を望む北・東への尾根筋に沿って大小の曲輪が並び、最後には明智方の八上城の向城として改修され利用されたのかも知れません。
四季山城の本郭部北端の曲輪の切岸


摂津三田方面や古市方面から真南条を抜けて八上城へ、また丹波氷上側から味間や大山下方面を杉・宇土・岩崎を経て八上城へ向う西面の要・玄関口に位置する通行 及び防衛上も重要な拠点なので要衝の砦としても、此処・小枕に居館を持っていた波多野氏の家老で谷山城主平林大膳秀衛の持城ではなかったかと思えるのですが …!!?此処が城址であることさえ地元市町村史等にも記述が無いので築城や城史については不明です。


高山城(真南条上城・真南条城・龍蔵寺城?!)   小谷山(古谷山) 321m   篠山市丹南町真南条上

JR古市駅からR372(デカンショ街道)沿いの京街道を東の向うと篠山城築城時の 主要な採石地だった栗栖野の残石公園を過ぎると、右手に二村神社の鳥居を見て、直ぐ「龍蔵寺」への入口を示す案内標識が見えてきます。其の間に見えている低丘陵・太平三山の一つ・愛宕山648m付近から北に延びだす尾根の末端のピークに真南条上城 (高山城)がありました。
高山城(真南条上城)遠望

高山城は広い曲輪をもつ単郭の山城ですが、其処からさらに西北へ突き出す丘陵の先端部 (上の写真中央・藁葺き民家の直ぐ西 )にも登城口の大手を守備する様な 高山城の下城か居館?の様な城郭遺構が残り、長い曲輪の先 ・上段の曲輪へは虎口も食違い状に交差した斜面を登ります。南下から此の曲輪へ登ってくる堀底道の様な溝が 鞍部で合流して10mばかり尾根と平行に続いて、登城の道に融け込みます。 尾根を遮断する堀切とは異なるが、竪堀を兼ねた片堀切とでも呼ぶのが正しいような…?。其の先:山頂の主郭と此の下城?の中間にも尾根上には、緩衝帯の様な自然地形?の 長いL字状の平坦地が続いています。
高山城北隅下部の鳥居間にある土橋付き堀切


多紀三山と呼ばれる名刹として松尾山山麓の味間に文保寺・住山(現在は矢代)に高仙寺・真南条上には龍蔵寺があります。 太平山龍蔵寺(天台宗)は丹波森の径(丹波県民局)のガイドで紹介されている太平三山【三国ヶ岳・愛宕山・中尾の峰】の中央・愛宕山の山麓に在りました。 大化年間〜白雉元年(645-650)法道仙人の開基と伝えられる天台宗の修験道場として栄え、隆盛期には72もの堂宇が建っていたといわれます。源平争乱の寿永3年 (1184)木曽義仲を討った源義経軍が平家追討の為、龍蔵寺や 槙ヶ峰の千軒坊を 焼き払いながら通過し三草山合戦に勝利し”鵯越の逆落とし”奇襲で”須磨の浦”へと向かっています。 弘治3年(1557)波多野氏が龍蔵寺に拠って、 兵庫丹波に攻め込んできた三好長慶・松永久秀軍と交戦した戦乱に龍蔵寺は焼失します。
高山城の下館?の片堀切と曲輪

この際・八上城:波多野氏方が籠もった龍蔵寺城が此の高山城とも考えられています。 龍蔵寺は山城の東裾を更に約1.2km程の位置;往時山岳寺院の龍蔵寺は急斜な山上にあった。落城した八上城へは松永久秀の甥・孫六が入り居城して、 多紀郡は永禄9年(1566年)波多野秀治が八上城を奪還するまでの 10年間を三好氏が支配するところとなります。勝軍地蔵愛宕堂付近から上部に点在する堂宇跡を見ると、寺院を城郭化した龍蔵寺城は此の愛宕山(648m)や 三角点の埋まる中尾の峰(659m)山頂付近に在ったのではないかと思えます。
高山城主郭の城址碑


三好軍を迎撃する八上城主 :波多野氏方は単郭の高山城よりは護るに堅い龍蔵寺山中の堂宇を城郭化して籠城して対抗したものと思えてきます。 其れなら現:高山城(真南条上城)が、 東山裾を南奥に詰めて行った先に有る龍蔵寺城を攻める為、三好方が築いた付城であったとも解釈出きるのですが・・(^^ゞ
篠山藩政となった江戸時代初期には再興され、 多紀三山の筆頭としておおいに栄えたといわれます。中尾の峰から北東北に延びる尾根に沿って龍蔵寺川が流れ、尾根が真南条上集落に落ち込む先端の峰 ・小谷山(古谷山・高山!!?321m)の山頂に真南条上城(高山城)が在ります。 弘治3年 (1557)頃!三好長慶軍が攻め落とした「細川両家記」による龍蔵寺城が、此の高山城を指すもののか、
本郭(虎口から)中央奥左に城址碑が建つ

愛宕山の山腹に在った龍蔵寺の僧坊堂宇を城郭化したものかは分かりませんが・・・。高山城が龍蔵寺の付城か砦として、其の入口を護る機能を持っていたのか ・・単独の城だったかは兎も角として、 その後・此処に八上城の支城となった波多野氏の家臣で土豪の河村紀伊守嘉高拠る真南条城(高山城)がありました。河村氏は永正年代 (1504〜)以前!に因幡(鳥取)国八上郡より波多野氏等と共に丹波に来住した重臣の一人とされます。織田信長の命により天正3年(1575)頃から始まった ”丹波攻め”による明智光秀軍の攻撃は

高山城曲輪南東隅のL字状土塁:外側から

八上城主・波多野秀治
黒井城主・赤井直正(丹波の赤鬼)赤井の呼び込み戦法や西波多野の 霧山城主・波多野宗高との連合、丹波の青鬼 籾井城主・籾井教業荒木鬼 細工所城主・荒木氏綱等の智将 ・猛将の丹波武士を相手に、 容易に平定することが出来ません。 天正5〜7年(1577-9)頃、 明智軍は大軍で八上周辺の支城を一つ一つ攻め落としていきます。高山城も天正7年 (1579)に落城したとされます。幅の狭い堀切の土橋を渡ると本郭部の下部に二本の鳥居が立ち小さな祠跡の石垣が残っています。切岸に開く虎口を上がると 幅 20mx南北に50m程の細長い単郭の 削平地が拡がる山頂の主郭部で 、中央付近には平成4年(1992)までは 此処に嘉高公を「河村大明神」として崇め祀られた祠が建てられていた様ですが、 祠は壊され屋根瓦やブリキ製の屋根の一部が残置されています。
高山城(主郭部の東側の深く急斜な切岸

「高山城址」碑裏面の嘉高公顕彰文によると、小林株の講中により毎年8月21日を河村大明神の例祭日とされて、 一同が山上に集り 祭礼を執り行なわれていたようです。 明智光秀の「丹波八上城攻め」による八上城落城は、城主:秀治が安土で処刑された後も二ヶ月持ち堪えて、8月に落城していますが高山城の同時期の8月です!!。 落城は同時期なのですが、本城の八上城を直ぐ近くに控えた高山城が此処まで 明智の大軍に抵抗しながら残ってきたとも考えられません!?。取るに足りぬ小さな城として無視されていたとも思えませんが、高山城主は八上城に籠城して 最後を迎えたのかもしれません。
高山城(尾根先端部郭)城域山側を分ける空堀

山上で執り行われてきた祭礼も核家族化や高齢化により、伝統行事の実施も次第に困難と成り、 祠は麓に改修された様で祠跡には平成 5年4月建立の高山城址記念碑が建てられていました。八上城は天正6年(1578)末から籠城6ヶ月 三木合戦に次ぐ飢餓作戦で天正7年落城しています。取付き点も判らず入城した高山城には 西尾根末端部にも城郭が存在する様で、改めて確認したいと思いながらの再訪は3年後のH19年5月末。 中世の旧多紀郡は・旧氷上郡の黒井城主:荻野氏・赤井氏と同様に八上城主:波多野氏一色の領地。
>高山城(山頂郭部)手前の尾根上に延びる竪堀!?(自然地形か?)


此の丹波の領地に我が手にと食指を動かして、執拗の攻勢をかけてきた三好長慶と丹波八木城の松永軍によって、敗れた氷上郡の赤井氏・多紀郡の波多野氏等は共に追放されて数年後に三好軍を破って旧領地を奪回しているが、 波多野氏を追放し多紀郡を横領した三好・松永時代を伝える関係資料が余りにも不足している…?。
真南条の土豪・河村氏の城 :真南条上の真南条上城 (高山城)と真南条中の館山城に挟まれた南側の谷間の集落奥二村神社があり、以前は社務所の玄関脇に「塩掛の庭」があったと思ったが、今回は見ない ?が社務所内に有るのか確認せず、 其のまま東に見える高山城へ向う。丘陵北端からは、 山頂本郭部に河村大明神が祀られていた頃の参道が通じているので楽に辿れる。
高山城(尾根先端部郭と山頂本郭部の中間部にある広く長い緩衝帯?)

比高10m程登った尾根先には西南側下に腰曲輪状のテラスが、主郭を細長く廻り込む平坦地形があり、竪堀状の凹角を見る。 2〜3段の連続した曲輪の尾根続きに堀切状の幅広凹角があるが、広い尾根を遮断する事も無く、 其のまま尾根筋と平行に竪堀となってに延びている。山頂部の本郭部(詰め城?)に急ぐ堀切道なのかもしれません?。長くも無いが急斜な堀底道を抜けると緩やかな尾根上には、広い尾根幅一杯に自然地形の平坦地が続く。

高山城(尾根先端部郭)西端曲輪の切岸:腰曲輪が下段に延びる


居館の様な下郭部と 山頂に位置する単郭の城の中間部にあって 緩衝地の様な所を抜けると、比高10m・長さ40m程の急斜面ですが、竪堀状の長い溝がある。下部はともかく・真直ぐ延びた上部の溝は稜線上まで続き、其処からホンの20m程で鳥居と 土橋付き小さな堀切のある主郭虎口に着く。以前に比べ大分に下草が覆い始めている。祠も無くなった主郭は訪れる人もいなくなって、城址碑だけが建つ城跡もやがて人知れず藪中に埋没して忘れられていくのでしょうか…。


館山城(枝城)  館山(点名:真南条中) 298m  篠山市丹南町真南条中

R372号線(京街道・デカンショ街道)・真南条上で龍蔵寺の案内標識を見て山手の南方を見ると、 右肩上がりの小山が高山城(真南条上城)ですが、其の西方に同様に左肩上がりの小山が見えています。 真南条中集落の南に位置しする小山から、 北に派生する丘陵の西端に円錐形のピークがあります。
山上部の主郭切岸と櫓台

この円錐形の丘陵の山頂に主郭を置く真南条の土豪・河村氏一族の枝城(館山城)が在りました 【古史に 江原左馬之助の居城と伝えられるだけで城史の詳細は不明ですが!!?】また小枕から真南条〜栗栖野へは、京都から播磨〜須磨へと駆け抜けていった源義経の伝説をはじめ、多くの昔話や伝承が残される一帯でもある。
山上部の主郭と櫓台

龍蔵寺の回峰の行場だった太平三山の愛宕山と中尾の峰から北へ派生する枝尾根末端の東側に位置して高山城(真南条上城)と、 西側には館山城(別名:枝城)が在り、その間に挟まれた谷間のほぼ中央部には二村神社があって塩掛の庭が有るので上記に紹介しています。 二村神社の北方に見える丘陵部には
鞍部クランク状土橋/片堀切


足見寺城が在ってと、高山城と共に河村紀伊守の城なので此処 ・館山城もまた土豪 河村氏一族の城と考えます。R176号沿いの古市から矢代・初田やR372号線に沿って波賀野・栗栖野・真南条辺りは”酒井の庄(酒井郷)”と呼ばれた一帯で、八上城主・波多野氏が統治する以前は承久の乱(1221)の功績で、
R372号沿いから館山城

相模国大住郡酒井郷から酒井兵衛次郎政親が此の地の地頭として来住したのが始まりとされる武士団の「酒井党」の勢力下にあった所です。真南条は大化年間(645−50)以後全国的に大規模な 耕地開発がされてきた条里制の地名”条”【土地の横列を東西「条」・縦列を南北「里」に区切り、
南鞍部:空掘の間に突出す竪土塁

その田圃の区画を「坪」として整備されたもの】の名残と思われます。館山城へは北の集落(R372号線)側から直接山頂にある給水施設・館山城主郭へ二本の道と、西側から主郭南の鞍部に至る道。東からは谷川を渡って 此の鞍部に至るルートが考えられます。
家臣屋敷群から主郭南鞍部へ縄張を外周して延びる長い土塁道

北側山裾の集落内道傍から、下草に覆われて足場も見えない細い道が真南の山頂に向って一直線に延びる。 山容通り円錐状の山への激急斜面のプラ階段を上り詰めた所が山頂で、簡易貯水施設のコンクリート水槽があり北側に(点名:真南条中298m4等三角点)三角点石標が埋まります。 遺跡分布地図にはこれ等の工事によるものか?用部のコメントには「消滅」とさえ記されている小規模城砦で、水道施設整備で消滅したことになっているのかな?。
東山裾に展開する家臣屋敷群

山頂の主郭部 (10mX25m程)の削平状況は壊滅的ですが2〜3の曲輪跡が残る。南端部に 1.5m程の段差で幅広の櫓台と思える土塁を置くだけの単郭の城です。しかし此の城一番の見所は貯水施設のある主郭から南側への斜面を下った鞍部から東側の谷筋一帯にありました。東側を深く崖状に削り込んだ二本の片堀切の間を竪土塁・尾根上にはクランク状の土橋がある。今日見てきたどの山城の
稲荷曲輪から延び出す竪土塁と空掘⇒竪堀

堀切も浅く短かいが、 此の東側の堀切の深さ・土塁の高さ ・竪堀となる先端は自然地形でしょうが、その長さも幅もBIGスケールです。土橋で繋ぐ二条の片堀切の間には 竪土塁が急斜面を堀切の先へ突き出ています。ただ反対側(西面)は緩やかな植林が拡がり、天水受けの池跡なのか?凹角状が残るが無防備です。東面に対してのみクランクする土橋・大土塁と片堀切で 堅固な防備施設で護られている様です?。
曲輪と重連する土塁・竪堀が不思議な縄張りを見せる!!??

此の鞍部で城域は切れる様ですが、登山なら猪垣のフエンスを抜けて此の尾根続きを太平三山の”中尾の峰”目指しても良さそうです。中尾の峰付近では棘の多い相当に手強い藪を 覚悟しておく必要もありますが・・(^^; しかし・驚きは此処からですよ!!。片堀切に間の竪土塁を降った所から始まります。 居館部と詰めに山城の間は、 尾根筋や谷筋の山道を介して有る程度!!は距離を置き、其の間には堀切等の防御施設が伴うのが普通?と思われますが、此の館城は急峻な北側斜面から山上の主郭まで、何の城砦遺構は見出せなかったが、 南斜面を尾根続きの鞍部にかけては先述の通りです。
稲荷曲輪側竪堀から擂鉢底状の曲輪を窺う!!

此処から東方に 降る谷一面には息も継がせずに連続する段曲輪・その曲輪を竪堀や空掘が囲う。竪堀が4重に連続するが ・その竪堀と竪堀の間には異様な程に高く ・屏風を立てた様に切立つ大土塁が目を惹く。 この連続する竪堀・大土塁は東北端に 位置して竪土塁部を残す小広い曲輪に出ると稲荷社を祀る祠が建つ。北方の山麓から石段の残る参道があるが、石段を土砂で埋もれがち、 稲荷の赤い鳥居参道脇に倒れ朽ちかけている。 稲荷曲輪周辺にも小曲輪が附属しているが、東側に低土塁を残す曲輪の間の平坦地に北から入る虎口がある。
擂鉢底状の曲輪から大土塁と竪堀落口を窺う

山麓に数段の家臣屋敷群があり、 西寄りには土塁道は主郭南下の鞍部に向うが、 東寄りには此の土塁と竪堀群に囲まれた稲荷曲輪に入る登城道で、稲荷への参道とは違う。 登城道途中に腰曲輪が山腹を捲く様にあり、この曲輪を廻り込んでいくと稲荷社石段参道の下に出る。 稲荷曲輪や其の東側曲輪の下方には周囲の山の斜面と土塁・竪堀の口?に囲まれ、
曲輪と重連する土塁・竪堀が不思議な縄張りを見せる!!??

擂鉢状の底に有るような円状の曲輪を見る。曲輪に降りると ・蒸気機関車操車場のターンテーブルに乗って(土塁に囲まれた竪堀の!!)どの出口に向おうか?…なんとも形容し難い不思議な光景が目前に展開する。 城郭の専門知識もなく城廻り暦も浅いのでよくは判らないが、こんな縄張構造を持つ城郭に出逢った事が今迄には無い・・・!!。
めいず」を抜け出た曲輪で第一ステージ ・クリア!!の館山城

稲荷曲輪からは参道をとり、薄暗い植林帯の中を山麓の家臣屋敷の曲輪群へと降りてくると、中世戦国の時代から突如として タイムトンネルを抜け出してきたように、明るい日差しを受ける長閑な谷間の集落の中に居た。息つく閑も無いほどウネリの様に次々現れた大土塁と竪堀は何だったのだろう?夢を見ている様な気がして…。


足見寺城(中山別堡)   足見寺城山 Ca360m   篠山市丹南町真南条中足見寺地内

二村神社の北方・R372号線を挟んだ北側には、東西に緩やかに裾野を延ばす半独立峰の城山360mの山頂一帯には河村紀伊守嘉高の拠る足見寺(そっけんじ)城がありました。 槙ヶ峰から南方へ派生する尾根が二つの要衝:R176号 (丹波の森街道:阪神・摂津から丹波 ・但馬・若狭を繋いで南北に延びる但馬道)側の初田集落と、R372号(デカンショ街道:京 ・丹波・東播磨から山陽道や摂津・阪神方面に通じる京街道が東西に走る)真南条上の集落を結ぶ未舗装林道(諸車通行禁止です)が峠を越えています。
主郭から北曲輪へ続く細長い土橋状の尾根と切岸左手に一条の竪堀

足見寺城への登城路はいくつか考えられますが、 丹波の山城の殆どには ・訪城に際しての城跡案内や登山路・現地での説明板など設置されている筈も無く、城跡へ通じる山道でもあれば”恩の字”で、獣道でも踏み跡が見つかればありがたいものです・・!!。 其の上・城跡とされるところに堀 ・土塁・土橋・曲輪の切岸、まして石積・石垣でも残っていれば感激一入(ひとしお)です。最初に訪ねた時は取付き点を探して南山麓の寺と神社マークを目指し願勝寺
【曹洞宗:中世細川氏により 再建されたが天正期の明智の丹波攻めで焼け、寛文3年 (1663)酒井氏により中興されたといい、 先に訪れた宇土の弘誓寺や山南町の慧日寺と共に 丹波五山に列した寺だったとは・・・】裏手から池を回りこんだが、今度は峠から直接アタック・真南条上集落内を山裾の東に廻り込み
足見寺城・主郭部南端の大堀切

R176号線側の初田へ抜ける峠越えの未舗装林道を選んで進み、 北側の峠から尾根に取付いて辿ってみます。 峠から更に南へ延びる尾根上へは雑木・下草を手懸かりにしての急斜面ですが、 足見寺城主郭部から北に土橋状の細長い尾根末端部の曲輪に登り着きます。二つの要衝を繋ぐ 間道を監視する物見の出曲輪の様ですが、雑木に阻まれ眺望は皆無。 しかし低土塁らしい高まりを残す。緩斜面に細長く続く尾根筋には ・自然地形の凸部が土橋風に見えたり堀切かと思えたり・・・!!??。 細すぎ ・浅すぎて判断出来ないが土橋付堀切らしい部分もあり、いよいよ主郭北端にある比高60m程の最高所の切岸の下に着く。切岸左手(東側)に沿って竪堀が一条切られている。
主郭部南端の大堀切

主郭に入ると北の尾根続き側から東面にL字型に幅のある土塁状盛り上りがみられ、南への尾根に整地された低い(1m程)曲輪が三段並んでいる。 主郭部最高所東へも急斜面の先にも平坦地があった。主郭を中心に尾根上の北・東・南三方に堀切や土橋・土塁で防備を強める曲輪を配した連郭式山城遺構を残しているのが足見寺城です。主郭部三段目の曲輪端に土塁があり、前方は高さ4〜5m程・幅10m程の大堀切となっている。今日見てきた山城の堀切や竪堀は館山城の片堀切を除いては、どれも此れも浅く ・短かいものばかりだったので幅や高さからも少し感動を覚える。
主郭部の三段曲輪

大堀切を越えた先にも低い南側に曲輪は続き、荒れた斜面を下ると尾根筋は自然地形の緩衝帯の様で、遺構は何も見出せないまま・なだらかな部分を降っていく・・・が突然藪にぶつかる。 少し藪中を抜けると下草の間に踏み跡が現れて願勝寺の墓地や・寺の裏手にある 灌漑用貯水池へ通じる参道だろうか?尾根端の鞍部に降りると荒れた神社が建っている。鳥居は無かったが、真南条川を渡って二村神社へ戻る際に渡った橋が 「「びしゃもん橋」だったので、此処が毘沙門堂なのでしょうか。河村氏は応仁の乱の頃に波多野清秀等と共に丹波に來住したと思われ大永年間(1521-28)波多野備前守の有力武将の一人として 河村善兵衛が仕えています。弘治3年(1557)にも三好長慶・松永軍が、八上城主:波多野氏方が拠った「龍蔵寺城」を攻めた頃、龍蔵寺に僧徒の争論があったといい、 その際・河村竹千世(後の紀伊守 !!)が裁決し寺法を制定したとされます。
高山城東山裾(龍蔵寺川沿い )から足見寺城を望む

三好長慶軍が攻め落とした「細川両家記」による龍蔵寺城が、真南条上城(高山城)を指すものと思われます。R372号(京街道)を挟んで南側の丘陵部には 高山城(真南条上城)・館山城があって、三城共に河村氏の持城となっています。 二つの主要街道筋一帯は酒井党の勢力下にある為、河村氏も酒井党の一派として酒井氏勢力下に組した在地土豪だったのかもしれません。
主郭部南端曲輪:大堀切側の土塁

此の龍蔵寺合戦では、八上城主:波多野氏方として参戦して高山城・館山城 ・足見寺城等・三っの持城に籠もった河村氏一族には多大の犠牲が伴ったことでしょう。二村神社側から足見寺城に向かう集落の外れ、真南条川に架かるコンピラ橋を渡る手前には、三城を望む位置に見かけた古い五輪塔群が 其れを語っているようにも思えました。明智の丹波攻めに対抗したのも紀伊守で自ら足見寺城を廃して火をかけ、八上城に籠り戦死したといわれます。
「戦国、織豊期城郭論ー丹波国八上城、 遺跡郡に関する総合研究ー」(八上城研究改編 参考)


助太郎屋敷(真南条下館)    xxxm   篠山市丹南町真南条下字溝ノ坪

JR古市駅付近でR176号線(丹波の森街道)と分岐して、篠山市街地・高城山 (八上城)麓を亀岡方面へ向うR372号線(デカンショ街道・京都街道)を約2.5km程で舞鶴若狭自動車道の高架を潜ります。R372号(デカンショ街道 ・京街道)沿いの古市・栗栖野・真南条やR176号沿いの波賀野・矢代 ・JR篠山口駅付近の初田・大沢一帯は、波多野氏配下の酒井党が勢力を張った領地です。高架下からは東側約100m程のR372号と専用自動車道の間・田圃の中に、
助太郎屋敷:墳丘状の頂部には五輪塔と祠が祀られている

現状では方形の高さ3m程、 土壇の基部に石積みをのぞかせているのが見えなければ、古墳の墳丘かと見紛う様な壇状が見えます。土壇上は南北約6m・東西に7m程の狭い平坦地になっていて、壇上には燈籠と小さな祠が祀られ、 5〜6基の五輪塔が舞鶴若狭自動車道を眺める様に並んでいます。民家と隣り合って民家側の段差下には小さな池が残っていたが、今はコンクリートで四角に囲われ小橋も架かる養魚用池!!?が有る。其処が「助太郎屋敷」跡でした。 東方からだと館山城麓からR372号(京街道)を約1km程西に位置して、民家を抜けて田圃に出る高い段差の下に、小さな墳丘状の壇を残すのみの”助太郎屋敷”を見ることになるでしょう。狭い壇上から居館であった往時の状況を推し測る事は出来ませんが…・?。 北面から西方へ田圃の形状や段差・南面の小さな池は井戸か庭園跡?、 民家と其の南側をR372号が走るが、
助太郎屋敷の北西に続く丘陵の頂部(約1km)に足見寺城がある

此処は篠山城築城の際・大量の築城石材を運搬する為改修された筈。篠山城の築城石の多くが・此の屋敷前R372号線沿いに大量に運ばれているので、石材運搬に関わり文書等の記録が有るかは知らないが各所に設置された代官所 ?跡の一つとも思えるのですが・・・・。兵庫県の行政地区別埋蔵文化財マップを見ていて、真南条下に「助太郎屋敷跡」と書かれてあるのを見つけた。此処が・丹波のむかしばなし(第3集)の載っている 鼻の助太郎」の舞台となった主人公の屋敷跡なのでしょう?。歌舞伎脚本のなかには”丹波国助太郎館”が有り、宝暦4年(1754)に初演されたという人物は、天正年間?豊臣秀吉に寵愛された人物だったともされ 伝承のみを伝えますが、土地や時代が特定出来る程に明確ではありません。登場人物の「○○太郎」の名前で代表され、天狗の話と言い ・長者伝説として何処かに有りそうな・・・(例えば香川県多度津郡?に「鼻かぎ名人」)同じ様な話を伝える民話「鼻の助太郎」は素直・素朴・単純でほのぼのとした人情味に溢れる暖かさ等、 その内容が大筋で変わらず ・全国どこにあっても該当しそうな「おはなし」が民話の世界なんでしょうね。
助太郎屋敷:墳丘状の頂部から 舞鶴若狭自動車道を眺める五輪塔群

それだけに「むかしばなし」の舞台となる場所も、其々に此処だとされて残される例も少なくないかもしれません。丹波市山南町にも「 朝寝の森」「大河の嫁ヶ橋」等々がありますよ!!。周辺一帯は篠山藩第四代 (形原)松平若狭守康信 (在位慶安2〜寛文9・1649-69)の地検の際に破壊されました。現状では南面の一段高い民家側の間には池が有り、田畑と池は周囲を堀で囲っていた環濠居館で在った事を語っているのでしょうか?。池は庭園だったか・井戸跡か ・屋敷を囲んでいた濠跡だったのかもしれません。此の舞鶴若狭自動車道の北にも田園風景が拡がり山裾にR176号とJR篠山線(福知山線)が並走しています。此処を城砦・居館に分類出来る遺跡として城史や城主は不明ですが、 現状よりはもっと広範囲な酒井党一族の居館跡(源義経伝説に由来する不来(こぬ)坂に近く京・摂津・東播磨・丹波のを結ぶ交差点に有って、 街道通行の監視を兼ねた代官所?)とは考えられないのかな?。かけ離れた伝説と遺構に接点を見出せませんが・・・!!?。丹波市山南町には高瀬氏屋敷が在って、 この屋敷の主:吉之丞は狐だったと云う。其の伝承も居館についての史実も不詳ですが・・・(*^0^*)
助太郎屋敷:遠望する田の形が曲輪・下段の田が沼田濠?

真南条川(武庫川源流)を渡り、城山(足見寺城)の丘陵先端部に出ると、初田酒井党の 初田館(酒井勘四郎館)跡も、1km程先に見える筈?(自動車道工事や圃場整備により発掘調査後消滅した)。酒井党は承久の乱(承久3年1221)の功績により相模国大住郡酒井郷から地頭として 油井に来住したのが丹波酒井党の始まりとされていますが、承久の乱以前・既に此の地の地頭職を与えられていた酒井太郎明政(穐政)が、初田館
【永正年間(1504〜21)波多野氏に対抗して敗れ、 其の傘下に組み入れられて以降・一方の旗頭として、織田信長の丹波攻略では部将:明智光秀の丹波八上:波多野氏攻めに、波多野氏に付いた初田酒井党の拠城:大沢城の拠った若き城主勘四郎の居館=酒井勘四郎館として地元では知られているようです。 舞鶴自動車道工事や圃場整備等で発掘調査後は、環濠屋敷跡の遺構も消滅し、既に位置も定かでなくなっていた】に移り住んだのが始まりだとも云われます。







鼻の助太郎

篠山市真南条にある助太郎屋敷は、丹波のむかしばなし(第3集)「鼻の助太郎」・伝説の兵庫県(西谷勝也著)に「鼻かぎ名人」・日本の民話(14)には 「助太郎はん」として紹介されています。立身出世物語?として類似する話に「日本の民話」に香川県に 「鼻きき五左衛門」が載っています。「彦一ばなし」等の頓智話と「藁しべ長者」ばなしを合わせた様なお話です。民話の舞台となる此処:助太郎屋敷の西方約700m程にある若林寺背後の丘陵に 栗栖野城が在って其処の地蔵堂には”イボとり地蔵さん”
の話も
伝わります。
昔:丹波篠山の真南条の下村に助太郎という働き者の木挽(こびき)が住んでいました。毎日朝早くから弁当を持って光龍寺山へ入っていたが、近所の人から「嫁さんは、あんたが山へ行った後、 いつもおいしいものを作って食べているらしいで」・・・と聞いていた。
助太郎屋敷:墳丘状の頂部には小さな祠と燈籠 ・五輪塔が祀られている

そんな或る日の事、山へ行ってから鉈を忘れてきたことに気がつき、鉈を取りに家へ戻ってくると嫁さんがぼた餅を作って美味しそうに食べています。助太郎がこっそり覗いているのを知らず「いくら何でも、 これだけみなは食べられない、残りはまた後で食べよう」と、戸棚に隠してしまいました。助太郎は知らぬ顔をして「今帰ったで・・」と言いながら、わざと鼻をピクピク動かしながら戸棚に近づき「なんだか美味そうな匂いがするぞ 」と辺りを嗅ぎまわる振りをしながら、戸棚の中の牡丹餅を見つけて食べ始めます。「あんたの分を置いとったんやで・・」と言い訳しながらも、 助太郎の良く効く鼻にビックリする嫁さんに、助太郎は「山で天狗に、何でも嗅ぎ当てる術を教えてもろうたんや」と言う。
助太郎屋敷の北西約1kmの足見寺城山麓の曲り屋民家と灰屋

嘘に決まっている「鼻かぎの術」を、すっかり信じ込んでしまった嫁さんが近所で逢う人ごとに「うちの助太郎はん ・そらよう効く鼻を持っとって、 不思議に何で嗅ぎ当てるんやで・・・」 噂は広まり:或る日のこと助太郎が留守の間に隣村の長者の家から使いが来て「長者の娘さんの、大切にしていた金のカンザシと銀の櫛が無くなったので、 助太郎さんの鼻で嗅ぎ当てて欲しい…」と言う。 不思議な鼻の力を信じている嫁さんは容易く引き受けてしまいます。山から戻った助太郎は驚き「大変のことになった。ちょっと嫁さんを吃驚させようと思うただけなのに、 今更嘘とも言い辛い…」どうしたものかと一人思案していると、 夜になって長者の家のお手伝いさんがやってきました。助太郎に「実は、あの金のカンザシを盗んだのは私です…どうか私のことは内密に…」と蔵の入口の石段の下の隠し場所を教えます。助太郎は「人のものを盗むのは悪いこっちゃが、 正直に言うたんやから、あんたのことは言わんとくわな」と諭してお手伝いさんを帰します。 翌日:助太郎は長者の家に行き、たちまちカンザシを見つけた事で、ますます村中の評判となり噂はとうとう都まで伝わります。 或る日:助太郎のところへ殿様の使いがやってきます。「家宝として大切にしていた刀がなくなり困っている、その鼻で嗅ぎ出してもらえないか 」殿様の頼みでは断るわけにもゆかず、仕方なく都に出掛けて行きますが、 どうすれば良いのかわかりません。
助太郎屋敷

都に上る途中・小さなお宮さんで、助太郎は手を合わせ「どうかお助けください」と一心に祈ります。子供達に捕まえられ・いじめられている子狐を助け、 其の母狐が恩返しに殿様の家宝の刀の在り処を教える話となったり、又有りそうな?別の話では、助太郎がお宮さんの陰でひと休みしていると、2〜3人の侍が通りかかり、何かひそひそと話しているので思わず聞き耳をたててみると、 「刀は、屋敷の梨の木の根本に埋めてある。いくら助太郎でもわかるまい」という声が聞こえてきます。助太郎は大喜びで思わず、お宮さんにお礼を言って都の殿様の屋敷に向かい、たちまち刀を探し当て・殿様から沢山の褒美を貰い 真南条に帰ってきた助太郎は、褒美で建てた大きな屋敷で暮らしたといい、堀を廻らした立派な屋敷跡が今でも真南条の村に残っています。
篠山市HPの民話と伝説 丹波のむかしばなし (3) 伝説の兵庫県 日本の民話(14)等を参照
丹波霧の里HOME
inserted by FC2 system