高見城砦群穂壷城〜泉山砦〜鴨野城〜萱刈坂/高見城山〜禅座坂
丹波市(五万図=篠山)
T 母坪小公園〜穂壷城〜萱刈坂 2004.04.02  2005.01.16
U 萱刈坂〜行者堂〜高見城山〜小峠〜禅座坂  2002年02月16日
V 萱刈坂〜行者堂〜馬背山〜高見城山〜中の台(南曲輪)〜佐野2007年1月28日
穂壷城:主郭北の二重堀切

近畿の山城: 穂壷城 東鴨野城 鴨野城・法泉寺曲輪(仮称)
  妙見砦 泉山城(砦)と毘沙門砦(仮称) 馬背山城・馬背山堡塁(仮称)
  三の丸北西出曲輪(仮称)・三の丸北東出曲輪 (仮称)
丹波のお話 萱刈峠

高見城山から北に向って低い山稜が延びていき175号線沿いの 加古川の流れの手前にある台形の小山で途切れるが此の小山が穂壺城です。柏原(本郷)川に”水分かれ”日本一低い分水界から流れ出た 高谷川が加古川(旧・佐治川)に合流する西側の低丘陵にあって、此れらの川が自然の堀を形成し、山並は東面・北面急斜な崖が防波堤のような要害を呈しています。
氷上・柏原町境界尾根:泉山からの 穂壷城(正面先端)

穂壺城や妙見堂のある砦跡、泉山城を経て高見城を結ぶ強固な防衛線が形成されていたようだが現在は大新屋〜鴨野や佐野へ車道が通じて 萱刈峠で分断され、穂壺城からの尾根も造成や土石採場で崩されていく。しかし萱刈坂〜高見城への尾根は健在。高見城山頂から真北に高度を落としながらも岩を抱く荒々しい山稜とピークに向ってのトレースは以前からの懸案でした。


T 母坪の古城は山城か?水城か? 穂壷城〜妙見堂(砦)〜泉山城〜萱刈坂 H13.12.16/H16.4.2/H17.1.16

R175号線を柏原へ向う加古川 (旧佐治川)沿いの道は稲畑(稲畑土人形で有名)集落の田園風景の北先に突き出した形の良い小山が穂壷(稲継)城です。氷上盆地を流れる佐治川 (現・加古川)に向って突き出す僅か200mにも満たない小山が母坪と稲畑集落の間にあり低い峰を連ねて高見城山へと続いています。
穂壷城北端部の曲輪から主郭に向かう

柏原川に架かる小橋を渡ると穂壺城址の 標識を見て右折50m程で妙見宮のある母坪小公園駐車場(PM3:00)から細い車道を集落の中に入っていきます。断崖のような目前の山稜に数段の曲輪や土塁・堀切跡の遺構を残す城山を何処から…南へ続く丘陵の鞍部からは高見城山が 聳え立って見えています。取り付きは本郭の南側にある尾根の最低部からと 決めていたが直接取り付ける場所などありません。幸い手前の民家の間から舗装の狭い道がお堂に向って斜めに山裾を辿る山道を利用します。
稲畑地区から穂壷城
 
この道は僅か数10mで行き止まり。虚空蔵菩薩を祀るお堂と大師堂があり(PM3:05)左上の岩場を 抜けるように細い踏み跡がありますが2基ばかりの小さな墓地に行き当たります。 雑木藪を掻き分けて墓地の裏へ抜けて稜線を辿ると右下から明瞭な山道が合流します。先の祠に向う道をとって民家の裏ですぐフェンス沿いのこの道を 辿るのが正解でした。山道には真っ赤な実をつけたフユイチゴが沢山あります。ジャムに出来るほどではありませんが 粒は口に頬張ります。植林帯の中の道は、やがて落ち葉の中で不鮮明になり足巾程度の踏み跡となってジグザグの急登となり 平坦な稜上に飛び出してきます。
拡張工事により発掘調査中トレンチ溝


主郭南下の 曲輪でさらに 南にもう一段の曲輪があり末端に1m程の土塁と高台(櫓台跡!!)があり其処からは急斜面の深い藪です。最高所にある主郭(4等三角点 点名母坪157m)の平坦地は藪に埋まり僅かに一条の踏み跡が北に延びているので辿ってみます。 三角点標石は僅かに頭を出しているだけで 周囲の土を除いて確認します。二つ続く堀切の先にも連続して何段もの曲輪が続きます (連郭式山城の典型を見ます)最北端の明るい曲輪は 中央に壊れかけた 祠と塔婆が建てられています(PM3:20)。一番明るく広く??展望の良い場所なので丹波攻めで落城・討死にした稲継壱岐守等を供養する祠だろうか。
R175拡張工事により発掘調査中の穂壷城(番小屋跡か??)

足元に加古川の流れを、樹木の間からは弘浪山・城山・霧山等、かつて山城のあった 丹波の山々が望めます。北面は足下の加古川に東面は 柏原川に囲まれた水濠と崖の要害城ですが比高わずか50m足らず ・山城ならぬ水城が正解かも。北面崖の空き地へ降れそうだったが元来た道を戻って20分程で駐車場に帰着する(PM3:35)。 穂壷城からは南に妙見堂を経て送電線が低丘陵の沿って延びています。丘陵は途中・萱刈坂を挟んで一気に傾斜を増して高見城山へ繋がります。この高見城への尾根上に、 さらに南への尾根を山南町側へは石龕寺城や玉巻城へと、幾つもの城砦群が高見城を取り巻くように築かれていたようです。
穂壷城:南西部の堀切(竪堀)

氷上町と柏原町を分ける加古川(旧佐治川)の堤防の様な境界尾根は標高150〜200m程の低丘陵だが、 まだトレースしていなかったので城砦の探訪がてら散策してみました。 尾根上には城砦群が点在し曲輪群等の堀切・低土塁を残す曲輪・数段の曲輪・帯曲輪遺構が、妙見・泉山・鴨野の各砦跡に残っています。城毎に整理して下記「近畿の山城」のレポートしたいと思います。 母坪地区の妙見堂付近も小砦跡らしく稲畑地区からも宝林寺の東向い、山麓の墓地や祠から妙見堂南の尾根や送電線鉄塔 No.89泉山砦北東側下方の鉄塔No.90近くの尾根に出ます。次の鉄塔No.88が鴨野城 (208m)主郭西端の下部に立つ。
宝林寺西方の洞穴は食糧貯蔵庫?

双方共に展望と 休憩適地で加古川沿いに氷上・柏原盆地の展望が良いのに穂壷城以外 ・城の遺構は数例の腰曲輪や堀切の延長が竪堀となって西(氷上町)側に有るのをのぞいて、大部分は尾根の東(柏原町)側・高見城側に有る?。 鉄塔No.88(208m)から一気に下るかと思える尾根は直ぐ緩やかな平坦地形となって続くが、東側斜面に3m程の高さで切り崩された地肌を見せた段差が3ッばかり、幅3〜5mの細長い段曲輪となっている 尾根上の削平は此処で終わるようで、直ぐ南下へ巡視路が下っていきますが南下には採石場の重機が見える断崖です。南西下の萱刈坂への尾根筋は急に藪っぽくなっての墓地に下り車道に出ます。北山地区から田路へ抜ける峠登り口 (住民センター向かい北)東山側上部に見える防空壕か?養蚕用か?戦後は食糧貯蔵庫に利用されたらしい、形も大きさも同等程度の洞窟は稲畑地区宝林寺西の小山の切り通し道にもありましたヨ。



U萱刈坂〜行者堂〜高見城山〜小峠〜禅座坂〜鴨野   H14.02.16

穂壺城から高見城山へ氷上盆地を割って防止堤のような 低い山並が続いています。途中に柏原町と氷上町を分ける車道が萱刈坂で稜線を二分しています。そのまま高見城山まで町界尾根に沿って山道が続きます。 西脇方面からのR175号線から萱刈坂を越えて柏原へ抜ける県道は 高見城山登山口の丹波悠々の森への道でもあります。
萱刈峠を眼下にした鴨野砦/鉄塔から高見城山を望む

萱刈峠から 高見城山への 境界尾根を辿って小峠〜展望台〜禅座坂を鴨野に降りてきたところが新井小学校・柏原町の老人養護施設の前です。萱刈峠の東にログハウスと貯水池があり、南側に「火の用心No87(行者堂への 登路最初のピーク上の送電線鉄塔)」への標識のある草を刈り込んだ山道が伸びています(AM9:00)。道は 正面に延びていきますが20m程で巡視路に沿って右への尾根をとった方が良さそうです。「北攝長田野線」鉄塔No87からの巡視路は尾根を跨いで西側の稲畑(伏見人形の流れをくむ稲畑土人形で有名)に降る良い道です。
高見城登山道から「悠々の森」と山の神池

尾根に続く道も思った以上に固く踏まれた道が続き オヤッどうしてこんな道が…と思ったのですが理由はすぐに分かります。瓦葺の荒れたお堂が現われます。 床の抜けた小さな祠の内部には小さな役行者像が着色され・此れも小さな従者(前鬼・後鬼)と納まっています(Ca180mAM9:15)。峠からは参道を示すものなど 無かったので、稲畑からの道が参道のようです。此処からは道も細くなるが明確です。左手の尾根へシダを掻き分けて出てみると湧き上がり流される霧が今日最後の演出で高見城山のピークを正面に浮び上がらせています。
馬背山北西稜の第一岩峰と高見城山(右奥)

しばらくは雑木の中の細い道ですが 露岩の稜上に出ると 西に白山・弘浪山から篠ヶ峰…東に五台〜五大山・譲葉山・黒頭峰・夏栗山・金山…と左右に展望を楽しめる快適コースになります。雑木の中の急登もしばらくで平坦なピークに出ます。高見城山の山頂から北に高度を落としながらも岩を抱く 荒々しい山稜が目立つが、その尾根の東端ピークで西方の最高ピーク(送電線鉄塔有り)への稜線以外は急峻な尖鋒の馬背山(行者山)山頂は 西尾根側に広い平坦地形(曲輪)が並ぶ連郭式の馬背山城(仮称)で、南下斜面にも3-4段の曲輪が遺る。高見城の城砦群の一つですが、遺跡分布図には高見城の城域内に含まれ出城等の名称は無さそうです(AM9:45)。
行者山第二岩峰付近から:中央に佐治川(現:加古川)・北尾根末端に穂壷城

山頂からは荒れた砂地と岩の急斜面を鞍部に下り、 その先の登り返しも急な砂地の露岩尾根だが”山抜け”の窓のような鞍部付近からの展望は良く穂壺城から高見城山へ延々続く稜上には泉山城・鴨野城等の城砦群、そして今通過してきた馬背山城<仮称>の最高地点の尾根分岐へと、 氷上盆地を南北に区切る防止堤の様に見えます。雑木の中の踏み跡は 前方にたちはだかる大岩 (幅・高さ共に約15m)に乱されているようです。岩の頭部へは直接岩場を登れそうだが先がどうなっているか分からず岩場右手を捲きながら展望の岩頭に着く(AM10:00)。
高見城山北尾根鞍部から行者山(馬背山城・仮称)

柏原町と氷上町との町界尾根の道は最後まで途切れることなく続き平坦な細い台地の端の境界ポールが先に続く。 此処も曲輪跡(三の丸)で7〜8m先は愛宕社が祀られる「丹波悠々の森」から小峠を経てのハイキング道と合流して見城山山頂です (485m AM10:20〜10:35)。昨日の雪はスッカリ溶けて足元はぬかるんでおり歩き回るとダンゴになる。少ないとはいえ粟鹿山や大江山・三岳方面の白い峰が望まれる。丹波悠々の森への道を降り小峠(AM10:50)からは尾根を直進して 坊の奥を望みキャンプ場の三角屋根を見下ろしながら5分程で展望台の東屋休憩所です。しかし植林の中で展望は望めません。
座禅坂の五輪塔

少し先の広い散策道に出て氷上・柏原側に盆地と低山の展望が拡がります。北方の真下に下山フィニッシュの 老人養護施設の建物が見え、乾いた落ち葉のカサカサ音を残しながら禅座峠に降り立ちます(AM11:10)。室町期のものといわれる五輪塔が一基残っています。此処から遊歩道に沿って南へ降れば高見城主・丹波守護仁木頼章の墓 ・三寶寺境内を抜けて駐車場へは10分程です。私は反対に北へ下りますが2分程で暁山墓地から、新井小学校と幼稚園の間を抜けて県道に出てきます。県道を渡れば柏原町の老人養護施設は目の前です(AM11:10)。


鴨野の土塀(どべ)/加茂神社と金兵衛の狛犬   柏原町鴨野

南北朝期・ 仁木氏の頃の高見城の大手は加古川(旧佐治川)沿いに氷上町成松〜佐治へ延喜式の旧山陰道が通じていた氷上町佐野にあり佐野城と呼ばれていたが、篠山からの山陰/但馬道の経路が追入から鐘ヶ坂を越えて柏原町へ通じる様になると、大手を柏原町鴨野に移して城下が整備され市場・馬場・xx小路の字名が残ります。南方から西面にかけて高見城山の山並みが高度を一気に落としながらも 萱(茅)刈坂を経て北へ延びていきます。この短い低丘陵上に鴨野城・泉山城・妙見砦や北端に穂壷城が並びます。
加茂神社口・県道に沿った北側に残る土塀(どへ跡!?

低丘陵ではあっても三方を囲まれて柏原側の東にのみ開かれている。大雨によって高見城山山塊の荒れた山間から加茂神社東西にある 東谷川・西谷川も度々氾濫して土石流が地区内・田圃内に流入します。流れ出る東方の柏原川も大雨になると何度も【昨年も(H16年)】濁流で浸水被害を起しており、流れ出るどころか流勢に堰き止められてしまいます。 鴨野には河川でもないところに堤防では無く高土塀【(どへ)高さ6〜7m・底部幅3〜4m】が、集落や田圃を取囲む様に土石流が流入するを護る為に築かれ、 谷奥にも土砂留めの堤防(3m以上)が築かれていたといわれます<未確認>。土塀も圃場整備が進んで殆どその面影も失われている様です。池でも河川跡でも疎水溝でも無さそうな其れでいて結構深い谷筋や、同様に川も無いのに真直ぐ延びる 土手状の堤防に、嘗て村人が闘った治水工事の跡を感じとるのが精一杯。
加茂神社・2代目金兵衛の狛犬

鴨野地区西端の萱刈坂を下って直ぐ左折して直進する車道が新井工業団地へ延びています。此処にも柏原藩政の頃の開拓秘話が残るが、野の土塀や挙田(あぐた)の 茶臼山にも記した様に狭い荒れた平地・湿地にと…治水や灌漑にと・水との長く苦しい歴史を秘めています。鴨野の東隣・大新屋は 丹波佐吉と、生まれてまもなく両親と死別した彼を引取り育て石工としての技術を伝えた 難波金兵衛と実子の2代目金兵衛-の里で、石匠六代目・難波金兵衛 ・石材加工店の看板を見ます。加茂神社の一対の狛犬は安政2年(1855)9月奉献の銘と石工金兵衛の銘が有り2代目金兵衛(19歳)の作。佐吉と共に名工・金兵衛 (義継)の腕を妬んだ同業者に、毒を盛られて四肢の自由を失い大新屋に戻り養生し、再びノミが握れるようになった頃の作品なのか ??北山には丹波佐吉の手になる狐像【安政5年(1858)】が有って下記 泉山城(砦)と妙見砦稲荷神社の項でレポートしています。 鴨野の産土神・加茂神社は祭神に鴨別雷之神を祀るという。氷上町側にも佐治川(現:加古川)沿い成松の北方に賀茂の知名の集落があり、御油(青垣町境)には式内社・神野(かんの)神社(旧賀茂大明神)【県文化財指定】がある。 鴨野・加茂神社

元は円通寺(丹波紅葉三山)に在った神野神社と、 その外宮で南御油に在った貴船神社と共に現在地の北御油に遷されています。賀茂建角身(たけつのみの)命と、此処に祀られる神伊可古夜日女の間に生まれた玉衣日賣が京都・下鴨神社の祭神・玉衣媛命であるといわれます。 貴船神社の祭神・高おかみ神も下鴨神社の祭神・玉衣媛命も共に「水制し水を治め農耕を広める」水を司る神です。往古より柏原川の氾濫・土石流と水飢饉、反対に北方(下流)の母坪付近は沼地のような湿田と 周囲は水に悩まされてきた一帯なので、建武年間(1334-36)頃の創建で上鴨神社の鴨別雷之神を主祭神とする鴨野の 加茂神社ですが「鴨野村の歴史」編者の調査によって指摘される通り、下鴨神社の玉衣媛命や神社参道左(東側)にある宮池に在った市杵嶋姫命(広島・厳島神社の祭神)が合祀されていると考える方が説得力がある。
北御油の神野神社(参考)

明治の”神仏分離”と神社の統廃合による 勢力相関図が必要かも ?祭神によって神社存亡に懸かる問題でもあったのでしょうか…。下鴨神社とする根拠にが加茂神社の西方に在った東光山延寿寺(臨済宗・無住)の存在があり、十一面観音を本尊とする下鴨神社の神宮寺ではなかったか…と!同寺も 建武年間山の神として崇められ、南北朝期に社殿の創建があり天和元年(1681)現・社殿に遷宮されたと棟札に記されています。

(鴨野村の歴史 鴨野部落公民館発行、 現地・北由良神野神社の案内板 兵庫県教育委員会 参照)



萱刈坂 六反田の地名と共に残る茅刈場


丹波国主に主基田奉仕の命が稲畑村に遅れて伝えられたのは 田植えの準備で忙しい5月の頃でした。「今年は良い雨があったので田植えも良い都合に運ぶのう」「ありがたいことじゃ、しかしのう、お天道さんの都合はよいが何でも、百姓仕事は一寸待て…というおふれが出るそうじゃ…何でも2〜3日うちに茅刈りの日役があるそうじゃ」…「馬鹿を言うもんじゃない。猫の手も借りたい田植え時に、そんな気長いことがやっていられるかい」
中央山肌を見せているところが萱刈峠、その奥左端が穂壺城

「今年 立たれた天子さんの御用に立つ田が定まって、その御神殿の屋根葺の茅刈りをせいと言うことじゃ」「天朝さまのことなら勝手は云えないが茅なら今時に刈らなくても、もっと早く刈るもんじゃ」「それが田植え前に急に決まったということじゃ。 名主さんは郡司に呼ばれて、その茅を刈る者や、その場所を相談しているそうじゃ。天朝さまのことでは、汚れた者には手も触れさせられないから…」長元9年(1036)4月17日、御朱雀天皇が即位され11月17日に大嘗祭(天皇が即位し て最初に行われる新嘗祭 )に供える新穀の主基田を丹波氷上の沼貫郷に求められ、 斎田は古来より六反と定められていました。 今も稲畑の小字の地名に残っている六反所あたりが斎田だったと云われ・斎田が決まると付属神殿や仮小屋を建てることとなり屋根を葺く茅を先ず集めなければなりません。
山間左の稲荷砦 (稲荷神社)から泉山砦〜穂壷城へ丘陵は続く
(嘗て扇状地に築かれた土塀も圃場整備で消えたが・・!)

忙しい田植え時を前に、神祗官や国司も立ち会って郡司はその刈場や刈る人を選ばなくてはならず、刈場を稲畑と鴨野の境の萱野と定め、その周囲は郡司の指揮する番人を以って厳重に監視して不浄のものの入らないよう警戒した。 茅刈りの日は選ばれた若者達によって朝霧の中、合図の太鼓が響くと新しい作業着を身につけ鉢巻をして刈っていく。山と積まれて神殿に運ばれ、神殿も仮小屋も美しく葺き上げられた。 この萱野のあった所を萱刈坂と呼び、この故事をしのぶ地名となっています。


 
 穂壷城 東鴨野城 鴨野城と法泉寺曲輪 妙見砦  泉山城(砦)と毘沙門砦
 馬背山城・馬背山堡塁(仮称)・三の丸北西出曲輪 ・三の丸北東出曲輪(仮称)


穂壷城(稲継城・母坪城)
 猪の山 157m  柏原町母坪/氷上町稲継・稲畑

穂壷城(母坪城・稲継城)は 氷上と柏原の町境に位置して、高見城から北に延びる尾根端が加古川に落ち込む末端峰(猪の山)にあり東西30m・南北350m程の狭い急斜な稜線上に本丸台・物見台・帯曲輪等13〜14ヶ所もの曲輪跡や土塁・堀切・竪堀・池跡の遺構が残る 高見山城の支城です。南側の主郭部と北側の曲輪群の間には二条の掘切で分かれています。裾を北から西方へは R175号線沿いの加古川が流れ、此れに合流する柏原(本郷)川が東側を稜線に沿って流れ込み、自然の堀を形成する水城として分類できそうな要害を呈しています。
母坪城・国道と平行して加古川と柏原川(山向側)が自然の掘を形成

そして東面・北面。西面は急斜な崖となって攻防の利を占めており、 南面の尾根へは堀切を越えて妙見堂のある砦跡があり泉山城へと続く尾根上にも点々と削平地が続くようで此れらの砦跡を経て高見山城(佐野城)に通じています。建武年間(1334〜38)丹波守護仁木頼章が高見城の支城として頼章の 家臣が拠ります。(現在は大新屋〜鴨野や佐野へ車道が通じて分断されています)氷上郡(丹波市)の中央部に位置して、僅か157mの本丸跡から 北端の曲輪へ出てみると柏原町・氷上町から青垣町にかけて見渡せる道路と 水路交通の要害地で戦略的にも重要な拠点でした。
主郭部西曲輪の土塁(盛土は櫓台か!)!

玉巻城の久下氏が高見城(佐野城)の城代となり穂壷城はその支配下にあったがその後、時家と子の家清が勢力を盛り返して再び、赤井氏の 後屋城の属城となり永正年間(1504〜21)細川晴元の臣:赤井景遠が城主となって居城したが天文2年(1533)5月・多紀郡(篠山市)の波多野晴通(はるみち)が 細川晴国方につき 、細川晴元に背いて晴元方の部将・赤井伊賀守忠家を攻めた。このとき晴元から救援に派遣された 赤沢蔵人景盛がこの城を守っており、 激戦の末に一度は撃退したが10月・波多野氏の二度目の攻撃に落城し景盛は切腹し忠家も戦死し、その子時家らは播州へ逃れ難を避けたといいます。
土塁道の足元から竪堀が落ちる


波多野氏(篠山市)の氷上郡(丹波市)に於ける重要拠点の枝城として一族の部将を置いたと思われ、西波多野氏の宗長(氷上城主)配下が 守備したと推察されます。元亀・天正年間(1570-92)頃には赤井氏の被官稲継壱岐守に守らせていましたが織田信長の"丹波攻め"に遭い天正7年(1579)8月15日明智光秀軍の細川藤孝・忠興父子に攻められます。 【同年5月頃・攝津播磨側からの明智の援軍として丹羽長秀が侵攻し、氷上南部の久下城(玉巻城)や石龕寺城等を攻めているので、 但馬側の羽柴秀長等の連合軍により攻撃を受け落城したものか!】最早・城もこれまで…と笛の名手であった稲継壱岐守は心静かに「松風」の一曲を今生の思いを込めて吹きなす ・丹波武士のたしなみ。
曲輪を繋ぐ土塁道:東側(向かい)は竪堀

戦いの最中に聞こえてくる笛の音に、攻め立てる織田方の軍勢も暫し攻撃の手を緩めて聞き惚れる。 明智勢が急遽夜襲をかけてきたのは其の翌晩のこと。大勢の前に一押しに足らぬ小高い山の出城は遂に落城する。城主・稲継壱岐守はこの折討死にしたとも言われますが、弟:左門と共に市島町上牧に落ち、後に兄弟は福知山城主:有馬玄番頭に仕え、 子孫は筑後久留米にいるともいわれます。
(兵庫のふるさと散歩 神戸新聞出版センタ 「丹波史」等を参考)


東鴨野城
 xxx山 西曲輪 Ca260m(休憩所) xxx山 東曲輪 175m  柏原町東鴨野・大新屋

高見城(佐野城)の出曲輪東鴨野城は高見城から北に延びる低丘陵上の城砦群として連携したと思える周辺地区の鴨野城等を纏めて訪ねてみます。R175線を氷上町側から柏原町への県道290号は萱刈坂を抜けると、高見城から北に延びる稜線が此の峠で
新井神社北方から東鴨野城

寸断され低い丘陵が 更に北へ延びてその先端を 加古川に落とすところに穂壷城があり、この丘陵上の全域にかけて砦城の曲輪・堀切の遺構が残るようです。鴨野集落の法泉寺池背後に丸く一寸突き出した小さな丘陵上部鴨野城。鴨野から県道290号を東へ500m程・東鴨野の「新井小北交差点」側に新井小学校が建つ。校舎の南に接する背後の低丘陵部山麓には2‐3段の曲輪が有るが、特に2段目北から東に回り込む 広大な平坦地形は高見城が初期の佐野側から中世:鴨野側を大手として代わり、
小学校背後の曲輪(現:祠と墓地になっているが大手門<釘貫門>跡か?)

城下町が形成された?時代の家臣団屋敷跡なのでしょう?。遺構については後述。此の丘陵部尾根筋の鞍部には室町時代後期の五輪塔が祀られる 禅座坂【高見城主仁木頼章の墓がある三寳寺・丹波悠々の森に下る】高見山城への縦走路を進むと 東鴨野城主郭部?と思われる260mピークには東屋休憩展望所があるが樹木の育成が良過ぎて展望皆無。少し西南へ降っていくと高山寺城(弘浪山)・後屋山城 (白山)・東鴨野集落から鴨野城・泉山砦・穂壷城へ続く尾根・霧山城 ・カンジュウジ山城・
東鴨野城(高見城出城)主郭:休憩所北面の二段帯状曲輪?

柏原八幡山城等が見渡せます。高見城山への遊歩道に沿う尾根上は下草に埋もれ足元も見えないが30m程の平坦地で、東に遊歩道・西側も数m下に2〜4m幅の帯曲輪状段差の平地が休憩所を捲いて北側で遊歩道と合流する。高見城や南眼下のに見える丹波悠々の森”への遊歩道が整備されているが、 遊歩道以外は繁茂する深い羊歯類に一帯が覆われ足元も見えず進退さえ覚束ない。
東鴨野城(高見城出城)主郭:尾根上に段差の低い三段程?の曲輪

詳細遺構確認は難しいが東屋と僅かな低段差で其の西へ一面羊歯に覆われているが平坦な7-80m程の尾根上曲輪?の北面には2m程の段差(切岸は明確でないが)で 3-4m幅の帯曲輪が2段有る。平坦段以外の遺構は見当たらず城域がハッキリしないが、高見城を指呼に望み・氷上町内に在る高見城砦群と、 山麓の家臣団屋敷からの登城中継地点としては最適地!!?。以前より気になっていた禅座坂から東への尾根筋を松茸シーズンも終わったのでトレースしてみようと五輪塔横から猪除けのトタンフエンスを開閉して進む。
空堀東端に落ちる竪堀・竪土塁

小さく短い尾根筋には小さな二つの瘤(ピークCa180m)があるだけだが東峰(あかのキ山?175m)へは新井小学校から遊歩道(丹波市発足記念事業により整備された)が通じている。山頂北方正面には大新屋「新井小北交差点」から北山・鴨野城から母坪(穗壷)城への山城城砦群の丘陵枝尾根を割って、東を田路から母坪を国道175号に抜ける県道291号 (奥野々氷上線)を見る。
東鴨野城:尾根東末端の祠:右下は民家の屋根

山南町の玉巻城から 石戸集落を抜け徒歩でもキツい山越えで悠々の森の山ノ神池に降りて大新屋に出る間道を 山ノ神城と呼応して監視に当たった見張り書ともかんがえられるが!!?。いずれも広い(35x20m程)平坦地形で、左右は新井側 ・悠々の森側共に急斜面・特に新井側の山麓には家臣屋敷跡?と長く折れを伴い延びる土塁横堀が横たわる。空堀も西端は片側土塁(土橋状)が北に延びて先端が櫓台で、 北西に切岸を落とすが下部は緩斜面(畑地)になっている。
Z状の土塁横堀東端(右)は竪土塁 ・竪堀の下部は曲輪(家臣団?屋敷)

櫓台東寄りに 竪土塁状を下る先から幅狭い溝が北へ落ちるが 溝の東側の平坦地(曲輪)を分ける空堀。長い 土塁空堀の東端は竪土塁・竪堀となって下部の広い曲輪と・更の其の下段曲輪にも通じる堀底道?。家臣屋敷の上部を囲い込む空堀は塹壕ともなり、さらに:空掘を抜け高見城へ向かう家臣団を 尾根筋の曲輪から援護することも考えられます。
Z状に延びる土塁横堀東北端コーナー部<下画像は其の下段曲輪から>

此の長い土塁横堀の粗中央部(横掘りが屈曲するコーナー部で、外側土塁壁が開口する下部が広大な屋敷跡曲輪北部と曲輪東部境にある<帯曲 輪となって繋がるが>更に外側にも高低差3m程で1‐2段曲輪がある)大土塁は(堀内側3m程、北側は5m程の切岸下部に曲輪があり広大な北?東面の家臣屋敷群?を見下ろす) 東鴨野城の主郭とも思える中枢曲輪で櫓台と云うより陣頭の指揮台の様。
土塁横堀<上の画像 >の切岸下:屋敷跡?曲輪(東北角から)

横掘は東端で竪堀となるが空堀内から尾根筋最低鞍部にも通じ、尾根筋を東末端の祠跡へ自然地形?の平坦地が続き、小曲輪の高い切岸(6-8m?)下 部の尾根先端に祠を祀る曲輪が民家から崖状10m程の高みに在り、小曲輪と祠の曲輪間から館跡部最下段曲輪へ降りられるが竹薮・雑木藪の為、 遺構は曲輪と切岸の高低差を目視確認出来る程度。
東鴨野城:あかのキ山(175m)も砦跡か?

東峰(あかのキ山?175m)頂には祠跡らしい崩れた石積みが残る。新井小学校直ぐ裏手の墓地(家臣団屋敷群入口)に在り中世高見城の大手口・釘貫門は 此処に在ったのではとも思える。 西は小学校西南端・公民館側付近から比較的緩斜面で、東からは民家裏手から墓地参詣用?の後世の道?、しかし北面 ・学校敷地からは 高い段差になっている)の端に祀られる祠が元山上に在ったものと思えた?。
堀切土塁から 高い切岸下の広大な屋敷跡?の東面曲輪)

東峰(あかのキ山?)からも急斜面の尾根筋に踏み跡を辿って降り切った肩(鞍部!!?)の片堀切状に下りてくる。南下部は直ぐ民家。 北側には降ってきた山腹を捲くように土塁横堀を廻る東鴨野城。深さ幅共に2.5〜3mの横掘りがZ状に伸びており、 土塁の東から北外側は高く急峻な切岸を落とす。 其の下に広大な曲輪が有ります。
横堀大土塁は4-5m程の切岸下には城域中枢の曲輪台を持つ

特に空堀の東端から竪堀となって落ち込む下方に拡がる広大な平坦地形(北から東へ土塁横堀の高い切岸(8m程?)下を回り込む帯曲輪(50m以上・幅30m程)は高見城(赤井・荻野氏傘下)の 家臣団屋敷跡なのでしょう。佐野城と呼ばれていた高見城の大手が佐野から鴨野に移った頃には山南町から氷上回廊を通っていた 山陰道要衝は、鐘ヶ坂を越えて柏原町へ抜け出ている。新・旧山陰道を繋ぐ?東鴨野を城下町として比高20m程の尾根上に要衝・
Z状空堀(堀底道)は禅座坂遊歩道近くの曲輪群に続く(土橋端の櫓台)

城下の監視所と東鴨野城から尾根伝いの高見城への大手道として、此処に家臣団屋敷群があり、 空堀を登城用の堀底道として急斜な175mピークをエスケープして捲きながら北山腹を禅座坂に出て支城・本城へ向かったのでしょう。



鴨野城(谷屋砦!)と法泉寺曲輪(仮称)
鴨野城(谷屋砦!)  城山 Ca208m  柏原町鴨野・北山

高見城から北へ延びる町界尾根が 氷上町と柏原町を分ける境界にある萱刈坂で寸断されるが、さらに低丘陵となって鴫野地区の 北を田路地区の集落西側を母坪地区の 西北端へ延びていきます。尾根上には城砦遺構と思われる平坦地形が有り、高見城砦群を形成し西側は佐治川 (現:加古川)沿いの氷上回廊を望む。
北山地区毘沙門天から鴨野城と法泉寺曲輪(採石場の尾根中程ピーク)

高見城が佐野城と呼ばれていた頃は、萱刈坂を西に下った先が佐野で、丹波守護仁木氏が城主の頃の要衝の山陰道(延喜式による)は佐治川沿いの丘陵西面にあって京に向う但馬 :山名氏が氷上回廊を山南町からは篠山川沿いに、阿草から篠山市側の味間へと山陰道を通り抜けてゆくのを阻止する事もせず ・黙って手をこまねいて見ていたのでしょうか?。
鴨野城の帯曲輪の北端:一段低く腰曲輪が付く

其の後:鴨野・東鴨野が高見城への大手道に代わると、萱刈坂が西の玄関口となり氷上盆地を東西に分ける 丘陵西側の監視も重要になってきます。京へ向うルートも険悪な鐘ヶ坂越えが容易になってくると氷上からは 柏原〜鐘ヶ坂〜篠山へと 抜けるルート利用が増えてくると、但馬・播磨を結ぶ以外の要衝は尾根東側の氷上・柏原盆地に移ります。
鴨野城:尾根沿い東に並ぶ三段の帯曲輪

萱刈坂を境として北へ延びる超低丘陵尾根に丸い山容の最高峰208mが間近に見えています。この山頂部に主郭を置く鴨野城と 北方の妙見宮が建つ所に妙見砦 ・此処から其の最北端の峰に位置して穂壷城が有る。顕著な城郭遺構が窺える三城の他にも主尾根上や東側に延び出す枝尾根先等にも物見の砦らしい平坦地形 ・小さな曲輪と思えるマウンドを見かける。

鴨野城の広い帯曲輪:井戸跡(手前)?、 中央平入虎口から主郭東の二ノ曲輪へ入る

萱刈坂の墓地裏側から辿る尾根東側には採石場・尾根沿いには送電線が走っているので小さな砦城の残存遺構を 余り期待は出来無い?。 氷上盆地に突き出す低丘陵は周囲に遮るもの無く、穂壷城に付随する比高僅か70〜120m程 ・南北2km足らずの低丘陵上には 広い数段の切岸加工を伴う曲輪・長く延びる帯曲輪や堀切があって数箇所に城砦跡が有り驚きです。
鴨野城の広い帯曲輪:左手の平入虎口から主郭東の二ノ曲輪へ入る

建武〜延文年間(1334-1361)丹波守護・仁木氏の高見城(佐野城)下の街道を守備・監視し元亀・天正年間(1570-92)信長の [丹波平定]には赤井氏の本城・黒井城の西方の要衝を 押さえる位置にあり重要な拠点となっていたと思われます。播磨方面から加古川沿いに氷上町に入り、 萱刈坂を東へ抜けると柏原町に通じ此の 街道筋から高見城への大手道があり、
鴨野城南尾根上:土塁道と一段下の曲輪

城下町が生成されていたともいわれる要衝です。天正期頃には穂壷城をはじめ一時期・波多野氏に押さえられていたが、領地を回復した赤井氏にとっても本拠地 後屋城を拠点として、穂壷城と高見山城の中継地点に位置して、赤井氏配下の谷垣氏が拠った谷屋砦が縄張りの 遺構や規模からも此の鴨野城ではなかったか ?と思われます。明智の”丹波攻め”では柏原八幡に本陣が置かれていますので、
 ==同上==土塁道と一段下の曲輪

これ等の城砦群が黒井城支城の高見城を護る砦として、 主に東面(柏原方面から萱刈坂への街道筋に面している)からの 侵攻に備えて防備を強化しているのでしょう。其の街道筋を挟んで南側には高見城からの尾根続き末端付近に東鴨野城が有り、 高見城とも呼応して鴨野・泉山・妙見の城砦群が並びます。街道筋の萱刈坂を眼下にする鴨野城は北摂長田野線No89鉄塔の建つ小曲輪跡?の一段東上方に広い主郭を置き、 東の尾根続きに4段ばかりの曲輪は、 夫々に高い切岸加工を施し、帯曲輪・北側には腰曲輪も設けた段曲輪が続く。
鴨野城・尾根の東斜面を 削り落とした数段の帯状曲輪

東から南へ三段ほどの段曲輪を廻り込む帯曲輪は、南から二ノ曲輪へ入る平入り虎口がある。城域の尾根前後に堀切は見ないが、天正期の丹波攻めにも 使用された城遺構と考えられます。 尾根を南へ下った緩斜面の尾根幅が狭くなり土塁道状。東側に一段低い平坦地を見るが北側からも此処へ幅2〜3mの長い平坦地形が合流する。 東下方へは更に高い段差で2段ばかり曲輪状を見る。此の南端は山土採取で断崖となっている為、東斜面に向うが段差約2〜3mで岩盤状の斜面を削って造成された、
鴨野城南尾根上の 細長い段曲輪と切岸!!?

幅3〜5m程の雛壇状の段差が東斜面に沿って幾段も続く。どうも尾根近くの数段を除き、 後は後世の植林用の造成と思われ、殆ど麓のゑの原池近くまで段差が残るようです!!?。なお断崖沿い南へは西斜面沿いに萱刈坂を見下ろす一ヶ所に、狭く小さな平坦地形を見た。峠通行の監視所かどうかは不明。遺構は在ったのかも知れないが採石場の採り崩し拡大に伴い消滅したのかも・・?、すぐ坂の側にある墓地に降り立つ。
鴨野城・尾根の東斜面を削り落とした数段の帯状曲輪

此処から高見城へのダイレクト尾根は登山レポートのUV萱刈坂〜高見城山を参照してください。 此処にも最後に馬背山城と馬背山堡塁(どちらも仮称 )の遺構を見ます。播磨側から侵攻してくる敵や交通の監視・弘浪山や白山・山南町の岩尾城等西側の諸城との関連で西側にも曲輪等遺構の存在は考えられますが、現時点では未確認ながら 竪堀らしい遺構もある様子です。

法泉寺曲輪(仮称) xxx山 Ca155m  柏原町鴨野

鴨野城から南へ延びる短い尾根先端ピークに、見張所としての出曲輪を設けたものか?。 此処も真南先端から東面一帯は採石場として大きく切り崩され、平坦地となっている南裾付近は五基ばかり古墳(弁財天古墳群)が有ったが既に田圃・造成地で消滅している。
鴨野城(法泉寺曲輪)の切岸

採石場側:古墳群の在った付近の南西面から斜面に取付き、 採石場の東断崖面を避けて尾根に沿いに、此の山頂部の平坦地形に着いた。採石の断崖となった尾根にも 曲輪遺構が有ったと推察できるが…!。 平坦地の雑木藪を透かしてみると、西北下方から南へと廻り込む曲輪に入る通路状と、此の通路に面して2〜5m程の切岸になっています。
鴨野城(法泉寺曲輪)尾根上の土塁道と曲輪? 
 
曲輪への通路かと思えるが山仕事様の広い山道か?、しかし通路の斜面下方にも幾段か同様の細長い平坦地形が見る。 曲輪上部は10u程の方形平坦地形で、鴨野城主郭に向う緩斜面の尾根筋はゑノ原池の谷を間に挟む西向かいの主尾根筋と同様 ・長い土塁道と幅狭いが山道にしては広すぎる平坦地形が付随している。
法泉寺曲輪:西からの空堀状通路は山道?

この平坦地形も西向かい同様に 高い段差で幾段もの帯状曲輪となっている様です。中にはもしかして西側の曲輪に通じているのでは?と思えるものも。 それだけに山道?・林業用なのかもと判断出来ない。土塁道の北端から急斜面を登ると主郭東斜面段曲輪(4段ほど)の帯曲輪に入る。
鴨野城:法泉寺曲輪の尾根上から西斜面に続く細長い段曲輪!!!?

法泉寺曲輪は萱刈坂から柏原町中心地へ向う要衝を挟んで南には 高見城を望み、斜向かいに東鴨野城と呼応する立地に在り鴨野城の出曲輪と位置付けた。なを東鴨野城とは・ほぼ正対する位置に毘沙門砦(仮称)があるが、此処は穂壷城や泉山城への 柏原側南入口にあたり、 鴨野城の出曲輪というより、泉山城の出曲輪か高見城砦群の一砦とし考え別項にレポートします。

妙見砦  小島山!? 129m  柏原町母坪

加古川に沿ってR175号を走り稲継交差点の 手前約800m程の位置・柏原川が加古川に流れ出る所には穂壷城が有り、南方の高見城(佐野城)から萱刈坂へ延びてきて 一旦寸断されたかと思える稜線が、更に氷上町と柏原町を分ける町界尾根となり比高50〜120m程の低丘陵が此処まで延びてきます。
鴨野城から泉山城(左手に氷上盆地を望む)

穂壷城から萱刈坂までの丘陵上には低土塁や堀切・帯曲輪等の城砦遺構を見ます。穂壷城から萱刈坂にいたる丘陵上のほぼ中間付近・北摂 長田野線鉄塔No89の建つ泉山193mに泉山砦が有ります。氷上郡教育委員会の埋蔵文化財分布調査では穂壷城の城域であり、 泉山城・妙見砦・鴨野城が一城郭として特に認知されていないようです!!?。
穂壷城南鞍部の空掘 ?(北屋敷?曲輪から)

妙見堂周辺の城砦遺構は穂壷城からの 南尾根を下ると母坪集落へ降りる分岐を右に採り・低い鞍部(集落からの比高約15m)を経て、殆ど切れ目無く曲輪遺構等が続き、一城別郭・穂壷城域の 南出曲輪としてもよいのかも知れない妙見砦に着く。難しい論理は判りませんが居住空間を挟んで穂壷城の出曲輪としてより、 さらに南へ延びる城砦群の一つ妙見砦と仮称しておきます。
穂壷城と妙見砦間:4〜5の曲輪は堀切で区分されている

神社整地による改変を受けてはいないと思える城域の南尾根先には、丹波の城遺構としては珍しい土塁虎口を備えています。此の穂壷城主郭と妙見 堂遺構の間・高低差の少ない平坦尾根に 4〜5区の墓地が 並ぶが夫々が曲輪跡で、削り落とされた切岸を見せて堀切で分断されています。中程の深い堀切は氷上町稲畑から妙見宮への 参道を兼ね、
小島妙見宮・南側の曲輪から最高所の櫓台付き主曲輪跡?

以前は母坪への通路ともなっていた様ですが堀切遺構の可能性の方が 高い堀底道と思われます。北端の穂壷城側には特に広大な平坦地形で、鞍部の尾根両端に空掘を配し間を抜けて穂壷城主郭に向う山道に入る。母坪に残る北屋敷・中屋敷の字名が此処なのか地原図?や土地台帳?等で調べれば判るのかも知れないが母坪集落側は崖地となっており
北側の二段曲輪(広い上段曲輪)から主郭の小島妙見宮

・此処は家臣屋敷跡と思われます。当時の領主・領民の相互関係をよく知らないが、字名に残る中屋敷・北屋敷等居館が山裾 ・平野部には無かっただろうと推測します。低丘陵尾根上の居館・家臣屋敷を間に挟んで南への尾根筋を少し上ると小島妙見宮が建つ。和泉神社の北に位置して、穂壷城と泉山城の間に有って 最も整然とまとまった縄張りを呈しています。
小島妙見宮・南の緩斜な曲輪

小島山妙見宮は文政3年(1820)3月/母坪稲畑の信者篤志浄財の寄進により創建奉祀されたもので、北辰妙見大菩薩尊像を奉安して能勢妙見宮を分霊されたと伝えられます。最高所(129m)に10u・高さ2m程の土壇が有り、神社の造成時の改修は考えられるが、櫓台付き主曲輪と思われます。一段北の平坦地に妙見宮が建ち、高い切岸下に広い曲輪、 さらに北に一段・共に3m程の段差で曲輪が並ぶ。
小島妙見宮・南末端の土塁虎口


稲畑側から上ってくる道が主曲輪に入る通路と犬走り状に細い通路が主曲輪南側の長い曲輪にも通じている。主曲輪から南側へは尾根幅一杯(幅20m程・長さ約45m程?)の緩傾斜が3段ばかり・低い段差で続く。その最南端が藪っぽい丘陵尾根筋の山道に消える先端部には高さ70cm程の低土塁が曲輪を囲う土塁虎口となっている。
小島妙見宮・南末端の土塁虎口

「丹波攻め」明智方陣城・向城を除き、 丹波市内の城遺構に余り例を知らない。頂付近は神社として大きく改変されているようですが 城遺構も残ります。そして東面・北面。西面は急斜な崖となって攻防の利を占めており、南面の尾根へは堀切を越えて妙見堂のある砦跡があり 泉山城へと続く尾根上にも点々と削平地が続きます。

泉山城(泉山砦)と毘沙門砦(仮称)
泉山城(泉山砦・谷屋敷・谷垣殿)  泉山 Ca193m    柏原町母坪
 
妙見砦砦南端の土塁虎口を出て南への尾根筋は、和泉神社からの踏み跡を合わせる鞍部に着く。東面間下に鳥居や和泉神社の屋根を望む側と、西面の稲継側に一本の竪堀とも山道とも?思える凹郭斜面を見るが 尾根筋に削平されたものか・自然地形か良く判らないが平坦地形が有る。母坪古墳群の分布地点とも合う付近では古墳のマウンドなのかもしれません。 明確な城遺構を見ないまま諦めCa170mピークを過ぎる。山頂部を過ぎると普通の山道。
泉山城:尾根筋北にある土橋付堀切!!?
 
左手(北東)に関電巡視路<鉄塔 No.90>を山腹を捲いて<鉄塔No.89>の建つ泉山に通じるが雑木藪の尾根筋を進むと直ぐ藪も消え、 泉山山頂を前にして土橋付の浅い堀切?を見る。尾根筋は幅広く切岸の段差こそないが段曲輪状の起伏が続く。 此処も城遺構らしものは此れだけ?だが伝承は有る。南北朝期の城でR175号(主要街道)側の穂壷城や萱刈坂〜柏原町への県道290号側に位置する鴨坂城との中間部にはある。
土橋付堀切から泉山山頂を望む

戦国期に田路や母坪を通る間道は監視所とする必要性も薄く以後は、元亀・天正年間(1570-92)の織田信長の丹波平定時等に、 波多野氏・赤井氏等の丹波武士団が、此れら母坪(穂壷城)〜泉山(妙見砦・泉山砦・鴨野砦)〜!〜高見城(佐野城)を結ぶ氷上町・柏原町境界の丘陵上に並ぶ強固な?防衛線を形成し、その一城砦として臨時に使用される事はあったのかも知れません。 南北朝期初期の建武年間(1334〜38)高見城(佐野城)は丹波守護・仁木頼章の城として存在し頼章の家臣が拠り、泉山城(泉山砦)には頼章の弟 ・仁木四郎源(和泉守)義長が一時期在城していたとも 伝えられます。

柏原川から泉山砦 (正面)と高見山城(左)遠望


沼貫村史によると一次:伊勢に敗走するが康安元年(1361)には再度 :佐野城(高見城)に帰ったと言い貞治3年(1364)丹波守護職になった?と有り、 仁木頼章の子:義尹(よしただ)と話が混在しているようですが、兄弟は行動を共にしていたものか?仁木義長は応安7年(1374)に卒し稲畑谷屋の宝光寺に祀られ稲畑谷垣氏の遠祖とされます。

毘沙門砦  xxx山 Ca125m    柏原町北村

高見城の旧城下・氷上町側佐野から萱刈坂を 柏原町側の鴨野に越えると直ぐ採石場の側を通るが、この断崖稜上に鴨野城がある。県道沿いを東へ直進すると新井小学校前交差点。 学校背山の南側低丘陵に東鴨野城があり高見城への大手道ともなる。仁木氏の後・山名氏家臣で丹波守護代の久下氏や赤井氏の城として天正の落城まで、 城下町も形成されていたでしょう。
東尾根末端曲輪?から:正面にガンジョウジ城・左に霧山・右に四ノ山城(仮称

=毘沙門砦と泉山城東山麓の訪城口と寺社=小新屋交差点を 北へ左折して直進すると北山集落の農協やコミュニテイセンタ側の北山交差点に出る。此処を北へ直進する低丘陵の東面が切立つ崖となった小峠を下ると、正面には田路・母坪へと田園風景が拡がる。萱刈坂〜穂壷城へと北に続く峰の高みや、稜線から南や東に突き出してくる尾根毎に 其の先端には見張り所や通信用の狼煙台等が有ったのでしょうか !。
北山地区の毘沙門天


鴨坂城(208m)付近から東へ延び出す緩斜な尾根(北山稲荷社の北背山 )の最東端が此の崖上で、東向いの独立小丘陵を分ける切り通し道となって穂壷城への南関門となり・通行の監視と北方・東方の眺望もあって此の上ない立地。見張台と思える僅かに高くなった方形の平坦で小さなマウンドが一つ。 西面が造成中なのか?切り崩された地肌を見せる斜面と 頂部に毘沙門天を祀る堂が建つ。此の丘陵東裾には稲荷社には丹波佐吉(照信)のキツネ像がある。 毘沙門天へは北山交差点の一つ北の地区道から丘陵南端に向えば西南からの参道がある。
稲荷社背山の東尾根末端曲輪(見張台)?

周辺の尾根上は緩やかだが、尾根筋以外は急斜面で、彼方此方に県の「崩壊危険地域」指定標柱が立てられています。 参道への途中に有る休憩広場も曲輪跡かと思える。毘沙門堂の建つ平坦地が主郭で尾根続き・お堂裏手の盛上がりは土塁?。堂整地の為の改修・改変は否めないが、続く3〜5段ほどの段曲輪?堀切状の溝・・?。高見城を望み・東鴨野城 (新井小学校の南背山)と正対する立地にあり毘沙門砦と仮称する。尾根筋西から尾根筋を割って田路へ抜ける切通しが有り、 尾根を西に辿れば鴨野城と泉山城間の主尾根筋に出る。
毘沙門砦:毘沙門堂背後の段曲輪と空掘!!

ただ泉山城に戦国期の顕著な城遺構を見掛けないが、和泉神社南のピークよりは鉄塔No.89の建つ泉山193mを泉山城と推定します。主尾根を北へ・鴨野城と泉山城との中間ピークにも 藪に覆われた平坦地が有り、泉山城南郭部と推定します。 鴨野城には法泉寺曲輪が在るので、毘沙門砦と尾根続き東端の曲輪と呼応して泉山城や妙見砦・穂壷城との関連深い城砦で、 泉山城の出城と解して此処に記した。穂壷城〜萱刈坂への主丘陵・泉山砦と鴨野砦間から東へ伸びだした尾根上に城域を分ける堀切や明確な曲輪を見掛けません。
毘沙門堂背後の土塁と段曲輪!!?

田路集落を囲むように北山集落の西北に位置したて 泉山城の出城か出曲輪?か独自の城が有ったのでしょうか。 比高僅か30m程ながら東面 ・南面共に断崖状の要害にあり、其の丘陵を背にして北山稲荷神社が建っています。石段を登り詰めた本殿前の網で囲われた一対の狐の石像には注目です。社殿前に奉納されている砂岩の狐像が石工・丹波佐吉”の作品です。此処・北山の南 250〜400mに大新屋地区があり、萱刈坂から柏原方面、丹波悠々の森(高見城山の登山口)の案内板の手前に ”難波金兵衛”の看板を見ます。
北山地区の稲荷神社

石工・難波金兵衛(初代伊助)が但馬・和田山町から迎えた養子で名工と謳われた丹波佐吉 安政5年 (1858)8月・佐吉43歳の作で丹波市指定(昭和53年10月18日歌柏原町)文化財になっています。金兵衛(伊助)の死後 ・丹波で彫った狐像の台座は実子の二代目金兵衛(22歳)が手懸けている。村上源照信を名乗り、師:伊助も亡くなると丹波の佐吉は「石工:源照信」と・生まれ故郷・但馬竹田城下の朝来郡(現:朝来市)竹田産と、此の台座に刻んでいます。 多分に二代目金兵衛を意識したものか!!?。
「丹波佐吉」の手になる狐像


二代目金兵衛(義継)が生まれた事で佐吉は、 石工の渡り職人として旅に出ますが職人仲間と技の競争で彫った”石の尺八”を 時の天皇に献上したところ「日本一の石工」と呼ばれ”旅の石工…”として其の生涯は本やNHK・TVドラマでも紹介されています。思わぬ良いものを見せてもらったが 背後の尾根上に平坦地以外、 城砦の遺構を見つける事は出来ずに降りてきたが、西も丘陵先端部・毘沙門堂が砦跡と思えてきた。 旧山越えの山道は有るが歩行困難なほどの急坂と荒れようです。北山のコミュニティセンタ前に妙見宮の常夜燈が建っているが、
泉山城・妙見砦への大手道?観音寺

私は以前から母坪地区の妙見宮(穂壷城の尾根通し南下)付近と思っている。観音堂の建つ極小で四方を急斜面に囲まれた独立丘が砦跡にも思えてくる。 県道氷上線から観音寺へ向かう集落内の民家の間から長い石段が続く藤代神社が150m四方・比高20m程の極小円形独立丘陵にあって、 境内や途中のテラス状の台地からは泉山砦や遠く高見城が望まれます。藤代神社や観音寺境内は泉山城主・仁木頼章の弟義長の居館や泉山城・妙見砦を守備する将兵の根小屋があったのでは!とも思えます。
崖状の独立丘陵上に建つ藤代神社は居館跡か?

観音寺背後・母坪の和泉神社南側の尾根上には15mX20m程の小さな平坦地が有って北に穂壷城、 南の泉山城へと尾根で結ばれています。 周辺には取り立てて目立つ遺構はなかったが観音寺背後の妙見砦側西に片堀切らしい凹部があり、 泉山城側の鞍部へは堀切道が通じ西の稲畑側に竪堀となって落ちている様にも見える。此処から南斜面を登れば鉄塔No90へ出て泉山城。北への尾根筋は直ぐ赤い鳥居を見て和泉神社へ下るか西への踏み跡は稲畑地区の宝林寺付近へ降り立ちます。
観音寺背後の稜線鞍部の堀切

狭く小さな山域ですが狩猟解禁時期(11〜2月)なので、 歩かれる事も無いでしょうが谷筋へ入るのは要注意です。1時間30分程で端から端まで縦走できる小さな丘陵です。この小さな穂壷城が一度は敵を撃退させているのは、尾根続きに城の南面を守備した泉山城や妙見砦の存在が有ったからではと考えます。そして穂壷城同様に?室町時代初期には高見城(佐野城)の支城として既に存在していたと思われます。

泉山集落北・稲荷神社裏手の?砦跡


しかし穂壷城から高見城に至る尾根上に点在する 城遺構には築城時期や城主を特定するものは不明のようです。鴨野城と穂壷城の中程・観音寺の西、和泉神社の南方の丘陵上の峰にあって、穂壷城攻防の伝承では峰続きに有ったという谷屋砦(?)や泉山城の話が出てきます。 北摂長田野線No89鉄塔の建つ南上部の山上(193m)の平坦地形を泉山城の曲輪遺構に比定しておきます。

V萱刈坂〜行者堂〜馬背山〜高見城山〜中の台(南曲輪)〜佐野
   H19.01.28
 馬背山城-馬背山堡塁・三ノ丸北西出曲輪・三ノ丸北東出曲輪(いずれも仮称)


高見城山までの登山レポートは上記Uを参照下さい。此処ではキャスリング・レポートを主に記したいと思います。「太平記」に登場し・織田信長命「丹波攻略」の総大将 :明智光秀により落城した高見城主郭部周辺は中の台(南曲輪)まで遺構調査等がなされているが 高見城出曲輪として同じ城域内の三ノ丸北西尾根側下部【石垣・石積みが遺る】・ 悠々の森からの三ノ丸北東尾根の2-3段曲輪側からも
片堀状鞍部から行者堂は砦跡?

山腹を捲いて行ける【此処には高見城唯一?の空堀がある】が調査報告資料等を見ず正式名称が不明のため、 登山レポートの中に含めています。行者山から萱刈坂へ延びる 北尾根までが県遺跡分布図には 高見城の広範囲な城域内に入っているが、 高見城から尾根続きとはいえ”山抜け”の激急斜面を上下する大鞍部が城域を隔絶し行者山(馬背山)から萱刈坂へ・更に穂壺城に至る北尾根上に幾個所かの平坦地形(曲輪!!?)や、
行者山(馬背山)北尾根から佐治川沿い氷上盆地:白山と弘浪山

佐野に至る西尾根上の馬背山の城遺構を馬背山城と其の馬背山堡塁 <仮称?>として出曲輪ではなく高見城砦群の一城郭と考えます。これ等:高見城城砦群は未だ近畿の山城として 整理がつかず此のページや 高見城・高見城を取巻く城砦群に残片的に載せているので整理し纏めたい。 高見城から今回は逆に中の台(南曲輪)に向かい、鎌倉時代末の嘉暦2年(1327)丹波守護職仁木頼章が築城した佐野城と呼ばれた旧城下の佐野地区へ降ります。
馬背山城(仮)主曲輪から南曲輪(低土塁・段曲輪群が遺る)

其の後:中世戦国時代には 氷上町新郷の豪族赤井家清が城主となった。天正7年 (1579)赤井忠家が城主の時「丹波攻め」明智光秀配下の四方田政孝の兵火により 柏原八幡城への援軍に出兵中の留守を狙われて落城します。過去の登山では殆ど意識無く素通りしてきたが、 改めて高見城の城砦群を訪ねてみるのが目的です。
馬背山城(仮称)主郭西面の切岸

登山レポートを山城レポートに置き換えたので内容の重複・冗長等をご容赦願います。また既に中の台の城(高見城南曲輪)と山の神城を高見城を取り巻く城砦群として紹介済です。馬背山城と馬背山堡塁と三ノ丸北西出城についても石垣の画像を添付して少し触れていますので併せて見ていただければ幸いです。萱刈坂から北へ伸びる僅か2km足らず、しかも比高差も小さな低丘陵には そのT参照のように幾つかの高見城砦群が在る。
馬背山城南曲輪:南側の低土塁

むしろ萱刈坂から本城の高見城に向かう此の尾根上にこそ、より強固な備えを持つ城砦が存在する可能性はあると思えるが、全山を要塞化した黒井城同様に高見城から北・西・東への尾根続きには本拠城を守備する多くの城砦群があったと考えます。南尾根には岩屋城(石龕寺城)から嘗て山名氏の 丹波守護代を務めた久下氏の玉巻城も高見城の支城の一つとなっています。
馬背山城(仮称)の主曲輪

北端には 穂壷城が丹波悠々の森へ降る尾根の東端には東鴨野城が在り、尾根伝いの登山道途中にも出石の有子山城同様?古い時代の小さな曲輪(削平段)が連なっているところがあります。
高見城から北方を望むと、 大きく下って萱刈坂へと北に延び出す尾根端に大きく聳えるピークがある。この山頂部に主郭を置く城郭遺構がある事は前回のトレースで知っていたが、 このピークから西に向かっては稜線ちかくに大岩壁を覗かせる尾根筋は展望も良く、
馬背山堡塁 (仮称):堡塁の対角線上の石垣曲輪からは横矢が掛かる!!

奥丹波では珍しく高度感と緊張を伴う短いながらも岩稜歩きが期待出来そうな登山コースです。早速・萱刈坂から関電巡視路を利用して摂津長田線 の送電線鉄塔を目指します。 高見城に至るこの尾根筋は天文年間頃より黒井城を本城とした支城の高見城と其の城砦群は、播磨や但馬方面より加古川(旧佐治川)沿いに 奥丹波西方から侵攻してくる敵に対して守りを固める前線基地的立地に在るようです。稜線沿いに曲輪を思わせる平坦地の西側斜面を主に凹角溝状を見ると竪堀か?尾根上の窪地が左右に延びて斜面に消えていると堀切かと?疑ってみます。
馬背山城(仮称)主郭<中央ピーク>


現に直ぐ足下の萱刈坂を往来する車が見える急斜面には 何本かの深い溝があり、一本は尾根沿いの道と平行しながら角度を変えて落ち込んでいます。僅か比高30m程、道路に向かっているので谷筋なら側溝の無い峠の車道に水や土砂溜りがある筈なのに、普段よく利用する萱刈坂に其の様な形跡は無さそうです。其の直ぐ上部に鉄塔No87があり低い堀切状の鞍部を越えるがこれは鴨野と佐野を結ぶ峠越えの道で、 これより尾根続きにある行者堂への参道を兼ねたものか。
行者山(馬背山城<仮称>)

お堂も砦跡で下った狭い鞍部は土橋と片堀切状?。登り一辺等の道も少し緩やかになり広い平坦地に出る。正面に高見城山を望む斜面に数段の平坦地。雑木藪っぽい下方には試掘だけで終わったものか?掘りかけで表面だけが 崩れた様な採石場らしいところもある?。【馬背山城】萱刈坂からの此の尾根筋の小ピーク毎に 砦跡らしい平坦地を見て最後の長い急坂を登り切ったピークが行者山!?(馬背山:仮称だが役行者を祀る祠が在ったと云い、萱刈坂へ延びる北尾根上には此処より遷された?と思われる行者堂が在るが曲輪跡らしい?。 二つ岩峰の小ピークが有って、馬の鞍の様なので馬背(馬瀬)山の古名がある。細い岩尾根の北は激急斜面・南は岩壁)。馬背山(行者山)には切岸を持つ広い主曲輪(20x30m程)と西尾根側にも3m程の段差で副曲輪が、 南側斜面に沿って下方に向って細長い段曲輪が4〜5段並ぶ山城遺構がある。
馬背山の第一岩峰のリッジと第二岩峰(鉄塔は北摂長田野線No84)

馬背山の二つのピークの尾根からは赤井野(赤井氏発祥地)はじめ氷上盆地の眺望が効く。兵庫丹波市の黒井城・高見山城・篠山市の八上城と、此の城攻めに明智光秀が築いた金山以外には 殆ど見かけない石垣遺構がある。【馬背山堡塁】副曲輪からも西尾根に続く細い尾根筋は岩稜となり、本城の高見城から望んで判る険悪な様相を示す絶壁上に目立つ二つの岩峰(馬背山)に出る。 小さな曲輪が在るが良く見ると足下は石積により曲輪を確保しているが、それ以上に尾根上は此処からは立っては歩けない程の急斜な一枚岩のリッジ通しの尾根。岩場を避け・尾根幅いっぱいの一枚岩の斜面を避け ても、横(尾根端)も断崖上の激急斜面。一枚岩端を捲く様に尾根筋を直進しても ・其の正面には高さ3-7m程・幅約1-2m・長さ35-40mにわたる石垣積の 強固な堡塁となって完全に西方向からの侵入を遮断・防御しています。堡塁は北先端部の大岩まで繋がり・北に突き出すような絶壁の白い岩頭からも眺望は絶佳。
馬背山堡塁 幅2m程のブリッジ状石積は 北端の岩壁頭に延びる


大岩から末端岩場までを石を積み堅めて展望岩場へ幅2m程のブリッジ (通路)にもなっていたのでしょう?。 対角線上の尾根にも狭いが石積の曲輪が在って、城への出入り口を屈曲させる枡形虎口同様に横矢が掛かります。丹波を問わずこのような遺構は余り例が無さそうです。丹波の山城に石積遺構を見ることは稀ですが、 此処には削り取り積上げる 土砂は少ないが石材は豊富なので少人数で護る為には有効です。此処を馬背山の堡塁と仮称します。更に西へ続く 岩尾根の先は送電線鉄塔に着き、 巡視路をとって降れば佐野の稲畑側・尾根筋を西へは矢降神社からの林道に降り立つが、 忠実に尾根先端を目指せば氷上町南小学校近くのR175号・佐野(丘陵先端部は国道を通す為 尾根を開鑿した切通し部)に降りる。
馬背山城(仮称):大岩から北先端岩頭まで延びる石積み堡塁

矢降神社側には家臣屋敷跡と思える数段の広い平坦地や数基の五輪塔群が有り (当概・そのVレポート中に記事あり)佐野城の頃の大手道だったか?。此の林道から中の台(南曲輪)へもけっこう厳しい登山を強いられる。 馬背者山城に戻って高見城を目指すには:ザラザラした滑りやすい砂地でしかも手懸かりの雑木も殆どない急斜面の下降が危険。 出来れば避けたい。要注意して慎重な行動を。砂地の白い鞍部を越えて 登り切ったところにあらわれる平坦な尾根が【高見城三ノ丸北西出曲輪】(仮称)で 尾根の左右にも曲輪が付くが曲輪の尾根側は岩場の行き止まり状態。
馬背山城:大岩から 北先端岩頭まで延びる石積み堡塁

急な岩場を尾根通しに進むか岩場下をトラバースして捲き上がる、あとは急斜面を辿って高見城 (佐野城)の三ノ丸(愛宕社を祀る)に至ります。谷側に点在する多くの苔むした石は崩れた中程の石材だったのでしょう。尾根の岩頭まで戻って 更に西にある岩峰まで進んで見ようと先端に出ると長い一枚岩状の急斜面。しかし岩はフリクションが効く。相変わらず展望が拡がる細い尾根上に城砦の痕跡を探すことは無駄のようです。苦労し危険を冒してまで末端の岩に立たなくても 先ほどの岩峰で見張り台としては充分機能します。
馬背山城:上の堡塁対角線上の石垣曲輪からは横矢が掛かる!

今回のコース後半に寄った矢降神社側の五輪塔群に有った平坦な段差を家臣等の屋敷跡とすれば、屋敷から谷を詰め尾根通しには中の台(南曲輪)へ・屋敷跡の直ぐ下方には関電送電線鉄塔への巡視路があった。其のまま尾根通しに此処 :馬背山への危険とも思える厳しい山道が高見城への大手道だったのかも知れない?。高見城は南北朝期:嘉暦2年(1327)仁木頼章)によって 築かれた丹波でも最も古い城の一つですが高見城から佐野に至る尾根筋の馬背山には、
高見城三ノ丸出丸(仮称)の石垣(高さ約2m)


延喜年中(901-923)頃に安楽寺(創建等の由緒不明の廃寺 )が建てられていた様で、其の参道を利用して佐野地区から尾根続きに大手道として釘貫門(大手門で、 搦め手の鴨野地区にも裏門の釘貫門が有った云われます)を設け、登城ルートとなっていたと考えられます。 …行者山の主郭に戻り、足元が安定しない嫌なザレ場の急斜面を降り、登り返した露岩を越えると約15mx25m!の平坦な尾根に出る。平坦地は尾根先の岩場を背にした曲輪で、
高見城三ノ丸出丸(仮称) :西面袖曲輪の石垣

尾根上の主曲輪の沿って左右(東西)の斜面下にも腰曲輪が並んでおり西面の曲輪が気になり下って見る。馬背山堡塁 (仮称)にも西面からの尾根筋・谷詰めを塞ぐ堡塁がある。馬背山城側も東面からの攻め手は・なんとかザラ場の最低鞍部に到達しても、滑り易い砂地の激急斜面に足を捕られ、又土橋状の狭い尾根筋は上部の曲輪からの狙い撃ちに逃げ場の無い厳しい自然の要害を呈しています。三ノ丸北西出城(仮称)の西側曲輪西側面の切岸を固めるように付近から調達できる小振りの 石を集めて高さ約 2.5〜3m・長さ約15〜20m程の石垣が築かれています。
同上 さらに其の下方の 露岩を控えた曲輪


長い石垣の中程は立ち木で辛うじて崩壊を免れている様ですが、石垣が途切れる付近には何かしらの遺構らしい石組や?下方の周辺一帯には残石も多い。馬背山城(行者山城支城 )の北斜面側に築かれていた 石積堡塁と同様に谷筋からの防備補強のため曲輪の西面に築かれていた石垣の崩れた残石なのかもしれない。馬背山城の出曲輪 (堡塁)と同様に此処の石垣も【高見城三ノ丸北東出曲輪ともに人知れず残されている高見城城砦群の再調査を願いたいところです。出丸の尾根側一杯にはドーム状の岩が立ちはだかっています。
三ノ丸北東出曲輪:直ぐ下の土塁付き曲輪

岩場の右手(西側沿い)に踏み跡が有るが 今回は岩場を直上して岩頭に立つ。 潅木が煩わしいが展望は先ず先ずで、通過してきた行者山から激降りした砂地の細い鞍部、激登りして石垣遺構を残す出丸へのルートを確認、北尾根から鴨野城〜穂壷城への田園風景の中に溶け込みそうな程の低丘陵を望み、譲葉山〜向山連山・五大山〜愛宕山〜五台山・霧山と氷上盆地の山々を、ひとわたり眺望して最期の一登りで稜線に着く。此処が「丹波悠々の森」からの登山道と合流する。 愛宕社が祀られる高見城三ノ丸跡の曲輪です。高見城山側から此の北尾根に乗る三の丸の分岐は分かり難いかもしれません。
同 段曲輪は家臣屋敷跡?の直ぐ上方に出曲輪遺構がある


尾根を直進すると新井地区へ下るだけの道。曲輪北末端付近からは左手へ一段低く細い踏み跡が有るのですが、最近?此のコースを トレースされた大柿氏の赤布が分岐に有るので当面は判るでしょう…。こんなコースを歩いてみようという物好きな登山者は少ないでしょうが行者山までの行程は短いが急斜面と岩場の通行には慎重に行動してください。愛宕社からは 其のまま360度大展望台の高見城山頂に立ち、周辺の遺構を「縄張り図」で確認して廻るのもいいでしょう。【高見城三ノ丸北東出曲輪】(仮称):高見城三ノ丸から三ノ丸北西出曲輪を経て行者山〜萱刈坂へと北西に延びる丘陵にのる為の分岐は、尾根筋が見定められない急斜面の下降から始まるので判り難いが、尾根筋が・まだ判り易い 三ノ丸北東出曲輪への尾根筋トレースは開始後直ぐ下方に、
三ノ丸北東出曲輪:堀切側に土塁をもつ曲輪

曲輪の削り残しの土塁!!?を残す藪っぽい平坦地からの下降が、踏み跡薄い激急斜面なので要注意です。踏み出す方行を間違えないように…此の三の丸北東出曲輪と高見城本城だけが目的なら「悠々の森」からの一般登山道で出会う、 2〜3段の曲輪(高見本城への木戸・番所だったのでしょうが、向かう北東出曲輪群は居住性も高く武家屋敷の跡でもあったようで、 其の守衛の番小屋でも在ったものか?)から西の谷寄りにトラバース(荒れた山道もある)すれば、谷筋を越えれば直ぐに目的地の到達する。此処から三ノ丸〜高見城を目指すのが無難です。
主曲輪から二段目曲輪の土留め石と虎口部?


西側に土塁道状に削り残しの有る曲輪の斜面下にも大石を背にした削平も 丁寧な曲輪がある。此処からの長く激急斜面の下降を体感すると、鴨野からの大手道が此処に通じていたとしても、 登山ルートに在った2〜3段の番所らしい曲輪に出て 亀井戸を経由して高見城主郭に向うのが大手道だったのでしょう。尾根筋が急に緩やかになると平坦地形に浅く広い堀切が現れる。
主曲輪から二段目曲輪の土留め石

右手(東)谷側に屋敷跡らしい段曲輪群があり、此処に至る堀底道を兼ねているようですが、堀側に低土塁を廻した 北東出曲輪群では最大の広い曲輪(約18x30m程か?)で曲輪中央の東側半分が尾根先の主郭側に入り込む様に 伸び切岸(1.5m程)の段差に 土留め石列が露出している。東隅は虎口らしく3〜4段程の階段状になっている様で、その先に見える高さ 1m程の台地が西側に露岩を見せ断崖状の尾根端に主曲輪を置いている。
三ノ丸北東出丸の堀切と土塁虎口

眺望絶佳・指呼の間に行者山城と、その先には馬背山城の尖峰が見える。 主曲輪からは極端に細くなり、 急傾斜の痩せ尾根が続くが鴨野:加茂神社の背後に迫る尾根先にも更に曲輪群が潜んでいそうですが、此処は次回の楽しみに残しておきます。【後日2009・01・17 加茂神社から”三ノ丸北東出丸”に向って尾根をトレースしてみた。加茂神社本殿前東側が尾根の末端部が北の貯水池に落ち込む。末端部に稲荷社があり、 急斜だが藪も薄い植林の中を尾根筋へ向かうと尾根先神社上部に3〜4段の削平段があった。
三ノ丸北東出丸の主曲輪

北方下には佐野から萱刈坂を越えて鴨野・大新屋・柏原町への街道筋を隔てる直近には鴨野城・和泉砦がある。加茂神社の西には西谷川を挟んで高見城から萱刈坂へと延びる 尾根上には”三之丸北西出曲輪”から馬背山・行者山城・ピークごとに砦跡?の平坦地がある。加茂神社東側はの谷川を詰め上がれば谷筋分岐から 西側尾根山腹を縫って此処”三之丸北東出曲輪”の家臣団屋敷跡へと、上部になるほど明確な古い山道となり石積されている箇所も有る。東側は”悠々の森”からの登山道に合流する。
加茂神社上部にみる数段の平坦地形


高見城の城域に含まれている 筈の加茂神社からの尾根筋は、 先端部に削平地は有るが他に城砦遺構らしいものは無く、悠々の森からの登山コースからも判る急登の後の平坦な尾根上も、 実際は尾根幅狭く(8m程も無いくらい)、平坦地形も羊歯類に覆われて地表部の状態は不明!!?。更に長い急登の後に露岩帯を抜けて”三之丸北東出曲輪”の主曲輪に登り着く】
高見山 (上部)と三ノ丸北東出丸(中央上)を望む加茂神社からの細い尾根

本拠城ながら先程見てきた支城砦の石塁と石垣の印象が強いだけに、 山城に見るべき堀切や目立った土塁も無く、主郭南側の縦走路に崩れかかった石垣が僅かに残るだけの高見城の存在が薄くなってくる。城の最期も城主が城を出ての転戦中、其の留守を狙って僅かな残留兵によって護られた城とはいえ、 一挙に攻め落された経緯もあってか、堅城のイメージも落城に際する印象も薄くなる。高見城山から石戸山への縦走路をとって鉄塔の立つ 南曲輪(中の台の城)へ向かいます。曲輪北端から尾根通しに急な斜面を下る切り開きは町界標識があり、一部シダ類の下草に覆われているが踏み跡が続き谷筋まで下って来ると 東山側に巻道が有り町界を示す石標を見る。谷にちょっとした滝(8m程)がかかっているのが見え、草生した林道終点の砂防ダムに降りた。中の台(高見城南曲輪)から佐野地区へ降るルートをとった 理由には、高見城の古名が佐野城と呼ばれていた当時の大手道と屋敷跡を探す事でした。
佐野:五輪塔・石碑周辺の平坦地は旧家臣屋敷跡か?


石垣の残る削平段が残っているようなので、左右の上部に其の様な場所はないかと 所在も知らず林道を下ってゆく。本流と林道を挟んだ反対側に 水の流れていない枯れた溝が沿っている。其の溝を挟んで段差をもった平坦地がある。中間部付近の東側山裾には古い石垣を背にして 並ぶ五輪塔群が見え、 其の裏手・一段高い削平地には「南無阿弥陀仏」の石碑が建てられている。付近に墓地らしいものはなく、更に下った所には矢降神社が建つだけで、後は猪・鹿避けゲートを抜けて佐野集落に出るだけ。
佐野:矢降神社の谷上部に有った五輪塔群

鴨野や新井地区を城下町として 新井からの登城ルートを大手道とした以前、佐野からの大手道が、どうやら五輪塔と 石碑を祀る一帯を家臣屋敷として、此処から通じていたものか?。屋敷跡?の直ぐ下手から馬背山への尾根筋西に建つ関電巡視路 (北摂長田野線No84)を経て 馬背山城(仮称)へ尾根伝いに行ける。また谷を詰めて高見城本城の西側から南方の尾根筋へ通じる道が有ったのかも知れない。
佐野:矢降神社古墳 V


いずれも激急登コースだが、馬背山までは辿れても其の先・鞍部通過は至難・高見城への大手は谷筋を詰め・南尾根上の中の台の城(南曲輪)から高見本城へ向かったものか?。ほぼ一直線の林道が アスファルトに変わる所に矢降神社の鳥居がある。境内の鳥居から延びる参道先に阿吽対の狛犬と拝殿が建つが、其の向こうに有るべき本殿が無い …!? 昨年(H18)は直ぐ近く:同じ氷上町内の稲畑三番叟を見物したところですが、此処:佐野でも矢降神社で行われる佐野式三番叟が 演じられるのですが中止されていました。
佐野:矢降神社古墳T

何故?と残念と不思議に思っていたのですが、 訪れて其の理由がわかりました!!。社殿が無く、空地に基礎が有るだけ。新築されるのでしょう!。なを「沼貫(ぬぬぎ)村誌」によると矢降神社は高見城山に祀られていたのですが 落城時に焼失したため鴨野・佐野・稲畑に分祀されて現在の地に移されたといわれます。同じ様な話として:高見城本丸(山頂)東下に亀井戸跡があり、 更に下方に平坦地が有った様に思います。
佐野:矢降神社古墳U


其処が般若寺跡?らしく、三体の虚空蔵菩薩が有ったが落城の際:三体を其々、山麓の鴨野・母坪(穂坪 )・稲継の村へ移して祀ったといいます。神仏混交で祀られたものか?神社縁起等も機会があれば調べ確認したいところです。 矢降神社の名前からは:祭祀場所としての神社の地を決める為、山頂より三本の矢を放ち・矢が 落ちた所を社地とした…伝承の地の一つ。神社を後にして暫くで林道の両側 に土盛が見られ、古墳の石室が林道(西側)に開口しているもの、天井石が露出しているもの、 完全に封土が残り石室に入れる古墳が集中している佐野?古墳群がありました。
佐野:矢降神社古墳 Vの石室

教育委員会が各町毎に調査された氷上郡(現:丹波市 )埋蔵文化財分布調査報告書に氷上町が有ればこれ等多くの古墳や古墳群について、どれが何号墳なのか・特徴や内容がわかるのでしょうが、氷上町独自の各種調査資料があるので、 此の分布調査報告書の氷上町版は作成されなかったようです。 古墳名もデータも未調査のまま…わかれば此処に追記したいと思います。
  丹波霧の里HOME
inserted by FC2 system