白山から辿る篠ヶ峰への道白山〜新郷〜赤井〜篠ヶ峰 点名:石山 後谷城(後屋城)・谷村城
丹波市氷上町(地図:篠山・生野)
T伊尼神社〜白山〜点名 :新郷〜点名:赤井〜篠ヶ峰 2000年05月03日

U伊尼神社〜白山(547m)山頂往復・・(点名:石山)2001年09月08日
篠ヶ峰への道U =延命寺山・カザシ・岩屋山
篠ヶ峰への道V 大海山・小野寺山・篠ヶ峰
伊尼神社

近畿の山城: 後谷城(後屋城)./後谷山城・後谷東砦 谷村城
校歌の山
 ♪権現山に湧き上がる 雲は僕達 私達xxx…:南小学校

播丹国境の白山〜妙見山 は近畿の山情報でよく知られていますが、丹波市の白山は如何でしょうか!! ”丹波の赤鬼”黒井城主赤井悪右衛門直政が生まれ育った赤井野の地で、 赤井一族の居城後谷城(後屋城)や背後の丘陵上に赤井城(砦)と連繋する谷村城
白山山頂から南峰 (三角点)と氷上盆地を望む

赤井氏一族の守護神白山権現を加賀白山神社より勧進して白山山頂に祀った「白山権現山」は「城山/赤城山」とも呼ばれ後谷城主赤井氏一族の財宝埋蔵伝説も残る。山中には「つくばね草の群生地 」があるのではないか?と山頂案内板にあって何やら面白そうな山域です。


T白山から新郷〜赤井〜篠ヶ峰へ   H12. 05.03

加古川(旧佐治川)に沿ってR175号線「稲畑交差点」を左折して県道109号の新郷・氷上ゴルフ場を目標に進んでください。 鷲住寺・伊尼神社 ・白山神社が登山口としては分かりやすいでしょう。入り口に白山の案内板があり駐車も1台なら左程邪魔にはならないでしょう(AM10.25)。白山神社一帯が後屋城跡でゲート横・神社前には土塁が見えています。
R175:稲畑・錦橋付近から望む白山

林道から貯水池を横を通り左へ谷を渡ると広い苔むした石段の参道が続き、 東屋休憩展望所に着く(AM10.45)。弘浪山は北側の達身寺や安全山方面から見る大岩壁の厳しく荒々しい姿の片鱗が山頂付近の露岩に現れています。 休憩所からの尾根を 辿るのもいいでしょうが展望は望めません。不安定な急斜面の道と軽い尾根筋の藪が迎えてくれるだけ。それより20m程先の分岐へ戻れば林の中の詰めて白山権現を祀る石垣の石段を登りつめて白山(547m AM11.10)山頂です。
登山口”河童池?”から白山を望む H18.2.25

山頂からも篠ヶ峰を望みながら快適な道が大柿氏の赤い布や テープが油利へ導いてくれるでしょう。しかし私の辿る道は要注意です。錆び朽ちたTV共同受信アンテナの先で右手の細い道に入ります。白山から続く尾根だが 山頂から直接は道が無く分かりづらいところですが尾根に沿って踏み跡は道なりに続きます。コース全体的には高低差も少なく、さして藪も無く倒木等で荒れてもいない。
五合目展望台付近参道の赤目不動尊


一寸した岩場の通過・踏み跡も薄く見失いそうな程だが、雑木の少ない歩きやすい尾根道です。新郷586m(4等三角点 PM12:10)は 縦走路より左へ少し下ったところにあり、 引返して点名赤井への道を辿ります。尾根の三叉路は左へ高釣瓶へ向かう切開きの町界尾根です山道が明瞭なので注意。右手の少し高みから一気に下降が始まるが 直ぐ先で点名赤井692m(4等三角点 PM12:50)に到着です。
白山神社境内の土塁・南先端部は櫓台!!

篠ヶ峰へは山頂手前の下降する道が正解だが ゴルフ場へ下る道かと思い山頂より篠ヶ峰を目指して直進しての下降です。急斜面に鹿避けネットが現れとうとう藪に突入・目前に山南町西谷からの工事中とも思えないが林道にブルドーザ等重機が見えます。その先の林の中に大柿氏の赤い布。私も彼のMTB轍の残る二日後の2000年1月3日に此の篠ヶ峰に立っています。その時は五ヶ野林道の途中から 689ピークへ出て篠ヶ峰へ向かったが此のコースも推奨。
後谷東砦からの弘浪山

岩場あり展望良し ・道は巡視路で岩梯子もある整備された道ですから。赤い布を追って篠ヶ峰(827m)の東端のNHK反射板に出ます(PM1:50)。これより東の尾根に向かい下 方の樹林帯を目指します。山頂NHKテレビ中継所は昭和46年(1971)6月完成し、山南・氷上・加美三町で山岳公園構想が計画されたこともあった。尾根道は明瞭ですが暫らく進むと尾根分岐で踏み後も二手に分かれます。
白山神社跡から望む加古川(氷上廻廊)と高見城?穗壷城への細長い低丘陵

東峰山への尾根は次にして 右手の赤いプラ境界杭に沿って下降を続け赤井林道(ゴルフ場入口までダートな道ですが普通車でも通れる)に出る(PM2:25)。谷沿いの林道はゴルフ場最奥の西端に出ると此処に 立石不動尊が祀られ(PM3:00)近隣住民の信仰をあつめています。 氷上カントリークラブから県道へ出れば伊尼神社への入り口は直ぐです。やっと白山登山口へ戻ってくるが此の周囲コースは林道歩きが長くて疲れます。


U 伊尼神社〜白山(赤城山)山頂往復  H13.09.08

「山と小箱」のみーとさんとは先に弘浪山続いての山が丹波の山・二座目の白山です。柿柴から谷村の伊尼神社・鷲住寺の案内板に従って 白山神社手前の登山口から、猪垣のゲートを開けて奥に延びる林道が続きます。この白山登山口には氷上町観光協会の立派な ??案内図と神社と城址の案内説明書きが設置されています(AM11:55)。みーとさんには篠ヶ峰から派生する尾根の末端にある岩峰の弘浪山と尖峰の白山の二峰は是非登ってもらいたいと今日の行動予定に入れています。
白山山頂(旧白山神社跡は後谷居館の詰め城)

共に丹波では目立って美しい二つの山ですから…。鹿避けゲートを開閉し登り始めて直ぐ 右手鷲住寺背後の山への尾根取付きに石碑が建つので寄ってみると”xxx居士・俗名:和泉守”とある。荻野和泉守は黒井城主となった人物ですが、黒井城は赤松氏の築城以降は荻野秋清が”丹波の赤鬼”直正に刺殺され黒井城主となった歴史までは多くが空白のまま。「丹波志」には赤井伊賀守の弟が和泉守であり伊賀守の子が直正です。
白山五合目休憩所からの弘浪山


一帯が後谷城 (後屋城・赤井館)で黒井城主となった赤井悪右衛門直正が生まれ育った城館であり、 赤井一族の本拠城だったところ。和泉守の石碑横から延びる急斜面の尾根伝いにも後谷館の”詰め城”的な山城が在り、数段の曲輪・帯曲輪の遺構が残っています。 城砦跡を抜けて少し登った先に点名石山(3等三角点 203m)の石標柱が有り、此の辺りからは弘浪山の二つのピークや岩場の遠望が効きます。比較的緩やかな稜線を辿ってひょっこり五合目の展望所(246m)に到着です。
白山神社跡からの展望:左から篠ヶ峰・竜ヶ岳・東峰山

展望所近くで露岩も少し現れますが点名の 石山は別の意味なのかな ?いずれにしても夏場のコースとしては、水音のする谷沿い進む白山神社への参道を選んで林道に戻ります。「河童が居るかも」と書かれた後谷池も池底を僅かに 谷水が流れるだけ。何時もの神秘的な蒼々とした水面の姿は想像も出来ません。谷に沿って続く参道には町石仏も何体かは見かけます。休憩無では少し疲れたかな…と思う頃5合目の東屋の展望所に着きます(PM12:25〜12:45)。
白山神社跡

此処から尾根通しにも行けるんですよ…でも、 少しお疲れのみーとさんには山腹を捲いて植林帯に続く参道がお気に入り!!??岩を背に蔓が捲き付いた赤目不動尊(不動明王像)を見て、なおも登り坂。やがて尾根に乗り緩やかになった稜上を南に向かうと程なく石積みの残る白山権現山(旧名:赤城山547m)に到着(PM1:15〜1:30)。展望は抜群・篠ヶ峰の大きな山容は目の前に拡がっています。 三角点峰(487m)は東尾根下方のピークだが登山者が此処を踏んだレポートを未だ知らない。
伊尼神社


訪れる人の気配さえない静かな山頂で贅沢な展望を2人占めです。今度は春にツクバネソウを訪ねましょうか?。 伊尼神社は平安時代:延喜5年 (905)創建の式内神社として延喜式神明帳(氷上郡17座)に記され祭神に日子番能邇邇藝命(国土の神):神大市比賣命(穀倉の神)を祀る。秋の祭礼には柏原町 南多田新発意踊り
の次に「谷村の新発意踊り」も見ておきたいもの。


 後谷城/ 後谷山城/ 後谷砦 谷村城


後谷城(後屋城・後谷館・後野城・赤井城・赤井館)丹波市氷上町谷村・新郷
後谷東砦(後谷砦)  後谷城東背後の稜:石山(3等 203m)
後谷西砦?         後谷城の西背後の稜Ca210m<未>
後谷山城南郭
(主郭) 白山東南尾根上:487m三角点ピーク
後谷山城 (高城)  白山山頂(赤城山 547m)から北尾根上部

白山を望むところに後谷城主:赤井伊賀守忠家の墓碑がある

県道109号沿い道路案内標識に従って赤井氏代々領主が崇敬し寄進した沼貫(ぬぬぎ)の伊尼神社・鷲住寺 (赤井氏菩提寺)へと道なりに進み、 老人ホーム松寿園入口分岐を右折する幅狭い地区道は杉・桧の林の先で白山神社に着く。垣のゲートがあり、奥に延びる林道が 白山登山コース。入口に氷上町観光協会の白山神社と後谷城の案内板が建てられています。此の城砦群の中で知られるのは赤井家本拠の城として白山神社境内に残された高土塁が 城館遺構の山麓の城と、
後谷城:白山登山口横の土塁

眺望が良く 登山目的の白山山上の高城だけですが、白山山上では無く北尾根上に残る曲輪遺構・西尾根の曲輪にも篠ヶ峰に繋がる尾根分岐部に残る石塁(土止の?石積)遺構にまで気付く人は少ない様です。山山頂の神社跡には登っても ・高度が少し低いが東南尾根側の三角点峰に向かう登山者は皆無に近い?。此の尾根の先端の落ち込む所が後谷(屋)城で、 後谷西砦・後谷東砦が後谷城(居館)から背後を詰め城の後谷山城へ通じる登城ルートを監視・守備しています。此れ等城遺構が白山の山塊に存在するが、一般的に知られているのは後屋城(居館)だけ。
白山神社南側杉林の中に延びる土塁

後野城の呼び名もあるが 白山神社から白山に至る登山ルートの谷筋が後谷谷川です。後谷城・後谷館ではWeb検索に掛からず見逃されてしまいそうなので後谷城を後屋城でも検索出来る様にカッコ書を添えておきます沼貫荘は南北朝期の荘園で、新郷は但馬街道の宿駅として比較的早くより商業も発達し、市も立ち「上市場」の小字が残る。芦田頼季の 栗住野城(青垣町)や黒井城主:荻野秋清の時!?の野村城(春日町)と共に奥丹波では珍しい 芦田一族の中世の平城で
後谷稲荷下・広い三曲輪を横濠が区切る<切岸に石垣・低土塁も遺る>

二重に堀を囲った居館でした。【注:氷上郡誌等によると赤井一族は芦田(葦田)氏・足立氏・荻野(赤井)氏を指し清和源氏頼季流葦田氏が保元 ・平治の乱(1158-59)後:信濃国高井郡井上村≪ 信濃国佐久郡葦田村の出との説もある!!?≫から来住した井上大炊介(判官代)家光(源頼季の孫)が芦田(青垣町)に住み芦田姓を名乗り 建保3年(1215)父の朝家から所領を分与された為家が、新郷の後屋に住んで赤井姓を名乗り後屋城を築き、次男重家(尾張守朝忠)が荻野氏を称して朝日村に 朝日城(春日町)を築いたと云う?】為家の後:後谷城は為家嫡男の家義が継ぐ。
後屋城:後谷稲荷

足利尊氏の幕下に在った有力武将:荻野尾張守朝忠ですが領地保有の為・南朝方に付いて 高山寺に籠もってもいます。建武4年〜康永2年(1337-46)には仁木頼章・文和1〜2年(1352-53)には高師詮の丹波守護代を務める勢力を持ち活躍しています。突如現われた丹波守護代:荻野尾張守朝忠は、また忽然と消える謎の人物ですが赤井氏が南北朝期に清和天皇を祖とする 芦田氏から分家したとも考えにくい様です。古文書に赤井氏の名は無く芦田氏となっている為か?不明点は多い。
白山神社跡(高城・上ノ城)から篠ヶ峰?竜ヶ岳を望む

”氷上町成松・荻野家略系図”によると桓武天皇を祖として梶原景時の孫 :荻野五郎景俊の祖孫に尾張守定朝(荻野六右衛門)がいて、尊氏から領 地を拝領しており此れが朝忠だとされる。石橋山で戦った関東武士で相模国愛甲郡荻野に住み「承久の乱(1221)」の功か?葛野荘の新補地頭となり来住したと云われますが、赤井朝家は此の戦いで討死したとされ、
後谷山城(上ノ城):北尾根末端ピーク付近の連郭(5段続く)

為家が新郷に住み築城した説は一致するが 芦田氏からの分家説からは5〜6年の差異が有り朝家から所領を分与された話は矛盾します。朝家討死の忠節に対する恩賞として 子の為家が与えられた所領葛野荘の新郷に移ってきたのでしょうか!。「承久の乱」後新地頭として関東から中沢基政(大山城)・油井政親 (油井城)・一番旗で知られた久下重光(玉巻城)・全国足立姓の祖:
後谷山城西尾根曲輪基部(点名赤井・篠ヶ峰分岐)尾根側石垣

足立遠政(山垣城)等が移ってきます。丹波史年表によると徳治2年 (1307)荻野朝氏が相模から葛野荘に移ってきたとあり「承久の乱」から 100年近く過ぎてからの来住だが朝氏=朝忠なら丹波守護代を務めた年代ですね。赤井氏の名が史書に現われるのは室町末期:大永6年(1526)管領で丹波守護 :細川高国の内衆として神尾寺城に拠る柳本賢治を攻撃した
後谷城西端付近の家臣屋敷:鋭角に曲輪を横濠が区切る

細川政賢の子尹賢 (ただかた)の軍を、二千の兵を率いて攻めて救援したのが新郷の葦田五郎(赤井五郎・伊賀守忠家の事)で赤井方200:尹賢方300が討死し、 尹賢方は敗れ京都へ退却した激戦を伝えます。丹波の軍は神尾寺城の柳本賢治を救援し、細川晴元方に付いて京都桂川で戦い将軍足利義晴・高国を敗走させて京都を制圧しています。
後谷城(下ノ城):白山神社裏の石積土塁の削平地と溝(横堀?)

其の後:信長や家康から安堵状や赤井氏から書状や寄進状にさえ 赤井でなく芦田と署名されている。赤井忠家が高見城に拠るまでは平城の後屋城(赤井館・下ノ城)を中心に、左右の丘陵尾根には 居館を警護守備する 砦を築き、どちらの砦からも稜線伝いに最奥部の白山神社を祀る白山(赤城山)山頂に至る。南北朝期の砦跡を利用した !高城(上ノ城)を最後の ”詰め城”とした二段式詰め城の形態がとられているようです。県道532号線近く・後屋城の西方800mの丘陵にも谷村城を築いて”詰め城”としています。
後谷山城北尾根曲輪の石積みとヒカゲツツジ

後屋城・高城 ・谷村城や居館左右の丘陵上の城砦とは呼応 ・連繋し合って護りを固め、戦国期に氷上郡内(丹波市)を支配し 奥丹波の覇者ともなった赤井一族本拠の牙城となっています。 白山神社は天文2年(1533)5月20日当地の国人領主赤井伊賀守忠家によって白山山麓に創建され、 赤井城の鎮守の神とされたが、赤井氏滅亡後の文禄元年(1592)には白山山頂の後谷山城(高城・上ノ城)跡に奉斉されたと伝えられる。
後谷山城(南郭主曲輪)の切岸:コの字に低土塁も廻る

祭神は菊理媛神・伊耶那岐(イザナキノ)神・伊耶那美(イザナミノ)神で、加賀白山の神体山として鎮祭する白山比 (シラヤマヒメ )神社の御神霊を勧請したと伝えられます。祭神は御事績から結びの神・下の病「瘡(カサ)」の神として崇められ,同音相通する「笠」を供えて祈願する習俗がいまも残っています。昭和28年(1953)山麓に現在の社殿を造営し奉斎した。
【白山登山口のゲートにある案内板参照】


後谷城(後野城・後屋城・後谷館・赤井館 ・赤井城・赤井砦・下ノ城)
白山山頂に至る登山口に鎮座する白山神社境内一帯や、細い車道を挟んで東下部のヒノキ・杉林一帯「下屋形」の広い段差を持った削平地の中には高土塁(2-3.5m)で囲われた一角もあす。土塁の南末端はいずれも少し広く櫓台か!!。此の付近”赤井野”が赤井氏(荻野)発祥の地ですが、赤井氏及び荻野氏一族については諸説あって不明なところもある。
後谷城:わんぱく広場内の平坦段の石垣は藪地の造成前からあった

一説に鎌倉時代・建保3年(1215)井上(赤井)九郎為家が 栗住野城から新郷に移って芦田姓から赤井姓を名乗り、為家から9代目の赤井伊賀守忠家から時家・家清・五郎忠家へと4代続いた赤井一族の本拠が後屋城(後谷城)とも云われます。 城主:時家の二男才丸が荻野18人衆と呼ばれた地侍の盟主に請われ、養子に入り荻野姓を継いで朝日城の 当主となったのが天文11年(1542)。幼名:才丸が後の天文23年(1554)黒井城主の叔父:荻野秋清を刺殺し【新年の宴を張る黒井城か、秋清の居館・下屋敷の 留堀城であったは不明?】悪右衛門を名乗り黒井城主となった 荻野(赤井)悪右衛門直正で”丹波の赤鬼”の異名を持つ。
白山神社境内の土塁・南先端部は櫓台!!

弘治3年(1557)三好氏家臣:松永長ョ(内藤宗勝:八木城主)との戦いによる傷がもとで後屋城主:家清 (直政の兄)が死去すると其の子:赤井(五郎 )忠家の後見人として赤井家を取込み、永禄年中(1558-70)頃には氷上郡(丹波市)・何鹿郡 (綾部市)・天田郡(福知山市)の奥丹波三郡を領し但馬へも侵攻して勢力を拡げ永禄8年(1565)には内藤宗勝を滅ぼしている。永禄13年(元亀元_1570)織田信長に降り、
白山神社前の堀に架かる橋

羽柴秀吉の仲介で三郡の所領安堵を受けており、西丹波の多紀郡(篠山市)八上城主:波多野氏ともに 丹波地方を支配している。翌年(1571)氷上郡に侵攻してきた但馬:山名祐豊を反撃し、逆に山名氏本城の此隅山城や竹田城を占拠すると山名祐豊は信長に救援を求めた為、 信長の丹波侵攻を招くこととなる。此の不条理は丹波攻略よりも赤井直正を討つ事が目的だったのかも?。明智光秀を総大将として天正3年(1575)に始まった「丹波攻略」は割愛するが、後谷城も天正7年(1579)6月には丹羽長秀・羽柴秀長の連合軍による攻撃に穂壷城 ・保月城(黒井城)と共に落城しています。
後谷城主:赤井伊賀守忠家の墓碑・家紋は雁金

谷村公民館から白山を望む位置に後谷城主赤井伊賀守忠家の墓所が在る。天文2年(1533)細川家内紛には穗壷城に拠り、激戦の末に自刃したともされる人物です。忠家六代の孫:弥十郎某氏により建立されたもの。 ”赤井忠家は二人いる…!!?。”後谷城の城主赤井伊賀守忠家と曾孫(孫:家清の嫡男)赤井(蘆田)五郎忠家で、天下不武:織田方との攻防戦に登場:黒井城落城時の高見城最後の城主で、幼くして父を亡くし叔父の黒井城主荻野(赤井)直正の補佐を受け、落城に逃れる忠家(赤井五郎)は 五郎塚(丹波市山南町和田)の伝承に残る人物です。母は八上城・波多野元秀の娘。
後谷城:後谷稲荷南下曲輪の横堀側は切岸上に50-70cm程の低土塁線

丹波の地に忽然と現れ天文7年(1538)霧山城を築き 西波多野氏の本城とした波多野宗高(人物の実像は不明)と子:宗長は其の縁故か一族だったのか…?。赤井五郎忠家は八上城:波多野氏等と信長から離叛し、丹波に侵攻する明智光秀軍と戦うが天正7年(1579)落城し逃れ、 文禄の役(1592)の秀吉の朝鮮出兵に参軍。慶長5年(1600)関ヶ原の戦いには東軍として参戦。軍功に大和国十市郡に領地1000石を賜り慶長10年(1605)京都伏見に没したという。白山神社本殿前の空掘・参道右手の高土塁・神社背後や周辺の曲輪切岸に石垣や、後谷稲荷も土塁と引込んだ谷を水濠にして、段に拡がる削平段を分けて鋭角に掘られた横堀・空堀が残る。
後谷城(わんぱく広場)溝は造成前から横堀-横堀に ・手前は石積上り土塁!!

さらに林道 ・地区内の幅狭い車道を挟んで南のヒノキ・杉林の平坦段も、高さ2m・長さ50m程の土塁が遺る家臣団の屋敷跡でしょう。 白山へ向かう林道と後屋城 (後谷城<白山神社境内一帯>)、背後の池を挟み込む様に、林道左右の尾根筋が白山山頂へ延びています。 林道に沿って左横に赤井家の守護神・白山権現を白山山頂から移した白山神社側には高さ3.5m程の土塁が続き、白山権現の社殿前の堀切に架かる橋の側まで延びています。
後谷東砦:尾根続き西面の切岸上が帯曲輪・最上段が主曲輪


土塁の東端(車道側)が少し広くなっており 櫓台跡と思われます。白山神社裏手一帯には古い石垣で囲われた広く平坦な一角があり、南側奥へ向うと低い白壁と石段の先に 後谷稲荷の祠があり、神社の側を流れる谷川は曲輪を分ける横掘・外濠として巧みに取り込み、堀に沿って低土塁を廻し防御線としている。の外濠側にも広い平坦地がありました。この時は目の前に何があっても判らない猛烈な雑木 ・雑草が繁茂する湿地帯と思っていたが、
後谷東砦への取付き点に荻野和泉守の墓

其後日(H15/.8)訪れたら後屋稲荷社の南下部に谷村古墳(石室を持つ円墳)があり一帯は”たんば里山づくり連絡会”により「ごんげんさん広場」としてH18年だったかのOPENに向けて子供の冒険広場として開発造成中だった。 しかし此の平坦地には数段の古い石垣で区画された曲輪が数箇所有り、武士団の居住区だった可能性を充分窺わせます。土塁・土堤や石垣の段差を崩さず広場内に残して置いて欲しいものです。遺構調査は実施されていると思うが 広場がOPENされるまでには明らかにされると思われます!?。


後谷東砦(後谷砦)白山神社(赤井氏累代の居館 <後谷城・後野城・後屋城・下ノ城等の呼び名がある>の 三方を取り囲む丘陵部は:西背後の稜Ca210m付近や、 鹿避けゲートを開閉し登り始めて直ぐ右手:登山道を挟んだ東側の鷲住寺 (赤井家菩提寺)背後の山への取付き点に石碑が立つ。後谷城主赤井伊賀守忠家の弟で、播磨の赤松氏が箱根竹ノ下(建武2_1335)の
後谷東砦:尾根南端:2段曲輪の高い切岸(5m程)

戦功に足利尊氏より春日部庄を与えられ赤松貞範によって築かれた 黒井城を継いだのが荻野和泉守。後谷居館の警護・守備の砦が背後の丘陵上に在り、 いずれの尾根筋も山上の白山<赤城山>後谷山城(高城・上ノ城)に繋がる為「逃げの城」要素を含んだ二段式の 詰め城だったのかも?。西の後屋稲荷背後は未調査 :城砦遺構らしい平坦地も見当たらず、
後谷東砦:主郭東下方の曲輪は広く切岸も高い(二段目)

其れとは思えなかったが、斜面途中に古い土留め用らしい石列を見る。”荻野和泉守”墓碑がある東尾根上の 城遺構は和泉守が拠ったものか?。 赤井家系図には二系?あるが戒名”源”は清和天皇(清和源氏の祖)を祖とする芦田氏(清和源氏頼季流か?)から分家した系図によるものか?。建保3年(1215)井上(芦田)九郎為家が新郷(沼貫<ぬぬぎ>)の地に移り赤井姓を名乗った説に符合?する。
後谷東砦:主郭東下方の曲輪(二段目切岸上の土塁から一段目)

和泉守の墓石から尾根を辿ると広い削平段で 切岸<5-6m>高い曲輪がある。古寺跡かも知れないが更に 登る尾根端ピーク上:石山(3等三角点 203m)を主郭に城砦遺構が在る。尾根続きに五合目の東屋休憩所(此処も曲輪跡か?)を経て急峻な赤城山(白山山頂)一帯にも残る曲輪遺構とともに赤井伊賀守忠家の弟荻野和泉守が拠っていたとおもわれます。後屋城背後の西尾根筋は急斜面も 緩やかになってくると露岩の多い平坦地が続くが人為的な削平地とも思えない。
後谷東砦:主郭と北面帯曲輪(東端から)

ただ後屋城からは至近距離 (約800m)の谷村城を望み北東・鷲住寺背後の後谷東砦からは見通せない谷村城との連絡用の砦だったのかも?(尾根筋全探索は未実施)。 其れに比べ後谷東砦は”詰め城(白山山頂の後谷山城<高城>途上に在り、二段式詰め城 !!?)”としての 機能を持っていたのかも?。急斜面の途中にも20mX29m程の曲輪と高さ6m程の切岸を持つ広い二段程の削平地があり、羊歯類に覆われれているが東側に竪堀らしい溝状もみる。石山山頂の東砦主郭迄には少し距離もあり廃寺跡かも…?。
後谷東砦:主郭を捲く帯曲輪(西尾根続きから)

尾根山上端ピークが東後谷砦の主曲輪 が点名:石山 (3等三角点 203m)で主郭北面には尾根沿いに 2〜3段の曲輪・広い帯曲輪が西面の尾根続きまで捲いている。 帯曲輪の西面下曲輪の端には竪堀らしい溝状が北斜面に落ちている。自然地形かも? 尾根筋は露岩の平坦地も有る緩斜面が続くが堀切を見ない。少し上り気味尾根上の緩やかな稜線を伝って白山5合目の展望休憩所の東屋に着く。
後谷山城南郭:北尾根側登城?参道ルートの石垣

北方に弘浪山を臨むだけで 展望は効かない。眼下の氷上盆地監視所には不適だが、後谷東砦からは高低差の少ない緩斜な尾根続きで、後谷城 ・後谷東砦・後谷山城を繋ぐ”中継?”の機能をもち、山頂部の後谷山城 (高城・上ノ城)の出曲輪だったか?。赤井氏の後谷城にはお宝(埋蔵)伝説もある。新郷には後屋城とそれに連繋する谷村城があるので両方の名前が 一つになったものか?、 また後谷稲荷にも伝説が残る。安政年中(1854-60)摂津・西宮戎の社人となっていた広瀬某氏が霊夢により白狐(春姫稲荷)のお告げで氷上の郷・沼貫へ帰り後谷稲荷大明神を建立する話ですが、
後谷山城:北尾根先端の段曲輪群とヒカゲツツジ

その広瀬家は飛騨の国司・姉小路家の後裔といわれます。 後谷稲荷社は木の鳥居も石鳥居になり対に狐像と、春姫目稲荷大天女・春吉稲荷大菩薩・千代姫・姫吉・春鷹の各稲荷大明神が合祀されている扁額が掛る。芦田氏をはじめ芦田氏から分流したと言われる赤井氏・荻野氏や足立氏 …久下氏と丹波の領主には関東からの来住者が多い。



後谷山城(後谷高城・上ノ城)
 白山山頂(赤城山 547m)から北尾根端ピーク付近まで

赤井野とも呼ばれた谷村・後谷・新郷の後谷城(後野城・後屋城・後谷館・赤井館・下ノ城)は赤井氏の本拠 地で、黒井城主:赤井直正の出生地。詳細は上記後谷城(後屋城)/後谷山城・後谷東砦 総説を参照してください。白山(赤城山)山頂に在った後谷山城が上ノ城・高城と呼ばれていた事からも、居館と詰め城セットの城郭で居館背後・後谷谷川を挟む左右の尾根が、
後谷山城:北尾根先端に5曲輪の連郭

白山山頂の詰め城に至る途上にも 砦規模の城砦遺構があって”逃げの城”?的な二段・三段構成の広範囲な城砦群をもつ大規模なものの様です。西尾根筋は未探索ながら、 東尾根には上記後谷東砦<仮称>が在る。 後谷山城も高城・上ノ城と呼ばれるが、県の遺跡分布図や中世城館・荘園遺跡にも居館の後谷城だけが表記されているだけ。
後谷山城:北尾根白山神社跡側の2段曲輪尾根続きの堀切

白山神社からの登山ルートは後谷谷川沿いに 白山五合目の休憩展望所に至る。 後谷東砦から東尾根を辿れば此の東屋休憩所で合流する。谷筋の登山コースを辿れば岩場に祀られる赤目不動尊を見るが、 近くに”城の水”と呼ばれる水場があったと云い山上の白山神社跡地に着く。後谷高城(上ノ城)は南北朝期に築かれていた砦を利用した城郭と思われるが、
北尾根白山神社跡側の堀切と露岩を切岸の曲輪

主郭とされる山頂部には山麓に創建されていた白山神社【赤井氏一族の守護神:白山権現(加賀白山の神体山として鎮祭する白山比 (シラヤマヒメ)神社の御神霊を勧請)】を、織田信長の丹波攻略に天正7年落城・赤井氏滅亡後の城跡に文禄元年(1592)奉斉されたが造成により、 往時の城郭遺構は不明で、北面の切岸と上部の土留石積・参道(登山コース)谷側に面した土塁状?や、北尾根続きに見る2段程の平坦段に曲輪を推測する程度?。昭和28年(1953)再び山麓の現在地に社殿が
後谷山城:北尾根白山神社跡側の堀切をもつ2段曲輪

造営され遷移されている。高城の城遺構は白山山頂から北に延びる尾根筋の4-5箇所に 2-5段の平坦段を遺すだけだが、曲輪群が点在する。尾根筋が居館や領内・要衝を望む南・東方でない事が気掛りだが、むしろ本命は東に少し低い三角点峰487mなのかも知れない(未訪)。北尾根筋 は中河原川沿いの篠ヶ峰へ延びる林道と「ひかみ CC」ゴルフ場を眼下に望むだけ!!で集落も無い。南北朝期:赤井・足立 ・久下氏等と共に氷上郡の豪族:本庄氏の南郷城(森山城 )も向いの丘陵尾根の更に先だが呼応したか?対峙したものか?、
後谷山城:北尾根先端連郭で見つけた擂鉢片

白山と谷を挟んだ 向い高山寺城に拠った 児島高徳・荻野朝忠等の南朝方と対峙して向城ともなったものか?。足利高(尊)氏の篠村挙兵では 仁木ョ章配下にあって丹波守護代にもなったが、 一転して南朝方となった朝忠が近隣の赤井家と同族の荻野家?とも思えず・謎の人物ですね。 現状:白山神社跡から急斜な細い尾根筋上部(篠ヶ峰へ延びる尾根分岐・氷上町油利へ下る山道)が加古川沿いの氷上盆地を望む物見台にはなるが!!?。
後谷山城北尾根の帯曲輪から尾根上の段曲輪切岸

白山神社跡から北へ参道を下るコースは 直ぐ直進する北尾根を分ける。緩斜面に露岩を観る細い尾根筋鞍部に堀切 ・其の上の土塁・露岩を越えると露岩を切岸に組み込む2段の曲輪が、さらの尾根筋を下る2-3箇所にも平坦地形を見て最北部分には5段連続する曲輪が続く。いずれも削平状態や段差は低い (1-1.5m程)が切岸は明確。最上部の曲輪は広く、ほぼ中央付近の落葉の陰に一片だけ・欠片が小さくてよくは判らないが、 内側に竹ヘラ?で筋を付けた擂鉢片らしい遺物を見つけた。 山上の祠関連にしては離れ過ぎている上に此処は低位置。
白山神社跡の石垣と石段

しかも此処へは5合目の休憩所から尾根続きとはいえ、危険な岩場・露岩帯を抜け捲きながらの激急斜面の連続で、北尾根筋の曲輪群中程に上り着く。最先端の小曲輪から先も急斜面を「ひかみ CC」へ下るだけの枝尾根。 中世の此の曲輪に何があったのか?・曲輪群がどのように機能していたのか?・領地や要衝監視からも外れた背後からの攻撃に対処する為だけの曲輪とも思えない。後谷城のホントの詰め城(高城)は他に在るのかも知れない。


後谷西砦?と後谷山城南郭(主郭)

後谷西砦:後谷城(後屋城・下ノ城 )から白山神社跡地が主郭であったとされる後谷山城(上ノ城・高城)は、大土塁を左に見ながら後谷谷川沿いに荒れてきたが登山道が通じている。 此の谷を挟む左右の尾根もまた白山山頂から南へ・南東へと延び出す尾根が後谷城<居館>に其の先端を落としている。
後谷西砦?と思えた段曲輪は古墳

居館:後谷城と詰め城:後谷山城がセットなら、白山登山道の谷筋が大手道・後谷城背後から白山に至る東西二本の尾根筋は後谷城を警護・監視の砦を配し、また砦を抜けて山城に通じる搦手ともなったと思えます。東尾根の砦から登山道五合目の休憩小屋を経て山頂へは何度か訪れたが、城砦遺構が確認できなかった西尾根を 後谷稲荷社の背後から灌漑用貯水池(東の登山道側には
後谷西砦?と思えた段曲輪が古墳か!!

以前「カッパがいるかも…」の看板が立てられている池だが、此れから田植え準備で水が必要だが池の水は抜かれ、干上がり河童は退散している様!!?)に向かう石積みの残る古い山道に出て、途中から尾根筋の急坂を白山山頂へ辿ってみた。白山山頂から南東尾根が後谷城西南へ其の先端を落とす尾根筋が、地形図に見る大規模崩壊地形(山土採取によるものか?)上部へ長く延びる
後谷山城南郭の石垣(一折れして入る虎口!?は旧参道か?)

緩斜な 尾根筋東先端部付近には、3-4段の曲輪が並び ・1-2段間には片掘切が2-3段間は浅く埋もれかけた堀切!!?らしい跡が有り、東砦とは後谷谷川を挟んで後谷城背後に在って・南北に正対して呼応する位置からも、 此処が居館防備と赤井野を望む見張り台ともなる西砦と思えたが、
南郭こそ要害に在り切岸を落とす曲輪・土留め石・石垣を遺す後谷山城主郭!!

三段の曲輪は其々に同規模の小規模古墳(経15-20m程)で、曲輪に切岸加工は無く高さ2-3m程・墳丘部が崩れた木簡直葬の円墳の様。 片堀・堀切と見えたのは周濠か?。更に尾根続きは幅は狭い(3-5m程)が凡そ250-300m程続く自然地形の平坦地は其のまま曲輪として 使用出来そうです。後谷山城南郭(主郭):その先で少し降って登り返す先は山麓の加古川沿い・R175号から望む山容そのままに、
後谷山城南郭 :北切岸(虎口)の土留め石

やがて厳しい急登の連続で白山山頂を目前にした南峰に登り着く。 白山は最高所に在る白山神社跡ではなく、此の少し低いが南峰に4等三角点石標柱が埋まる。後谷城の詰め城は現 :白山神社跡の石垣・石段・石燈篭 ・礎檀の残る白山山頂では無く、此の南郭こそが主郭では無かったか。主郭が在ったとされるのが白山神社跡と考えれば主郭周囲に堅牢な堀切や土塁・切岸で防備する曲輪も無く、
後谷山城南郭:南面切岸の土留め石(上部に三角点石標が立つ)

西尾根や北尾根筋の防禦は手薄感が強い!!。西尾根筋は加古川沿いの 氷上盆地を見張り、北尾根筋の曲輪群は後谷谷川沿いの大手道監視・警備に、最高所の白山神社跡地は主郭入口を堅める最終関門の北郭。此れより急斜面 ・土橋と思えるほど幅狭い尾根筋を抜け鞍部から南郭(主郭)へも西面は断崖となる急な一本の尾根筋を伝う。南郭は南尾根上に殆ど段差も小さく、 曲輪を区分出来ない程の小曲輪3-4段を並べているだけの単郭形式ながら、 南尾根側を除き三方の曲輪斜面は切岸を落とし、
後谷山城南郭(主郭):低土塁と切岸上部の土留め石列

南の三角点石標柱近くの切岸は土留めの石積み・石列を観る。更に下方に極小規模の曲輪(幅2.5mX5m程)が急峻な露岩上に削平されているが、僅かに土留めの石列も遺る。北面の虎口部や虎口への祠参道・登城道!!?は石垣を積んで補強されている。 此の石垣は露岩部を埋める様に積まれているが石工等によるものではなく稚劣に思えるが、赤井氏が拠った 高見城三ノ丸の北西尾根筋の出曲輪群に観た石垣積に類似する。此の出曲輪群にも下方の登城道には石積みで補強された石積みが有った。尾根筋の低いが南端小曲輪から 斜め下降すると高い主曲輪切岸 (6-8m)下部の帯曲輪に降りられる。
後谷山城南郭(主郭):内部と西北角虎口付近の低土塁

更に下方にも幅3m程と狭いながら(土砂崩れや風化で曲輪形態を成していないが…?)曲輪状はある。北尾根上の曲輪群同様に、いずれも後谷谷川からの侵攻に備えた守りか?。南尾根を詰めるには厳しく・西や東面は激急斜面・北の尾根続きも 幅狭い天然の要害地にも位置した詰め城”後谷山城主郭は此処!”との思いを強く思えた。郷土史や古文書の研究が進めば、後谷城を含め城の縄張り等を示す古地図でも見つかれば…と期待したいところ。


谷村城 谷村城は西俣尾根195mか東俣尾根上 215mか?  氷上町谷村

加古川(旧佐治川)の佐野橋を渡り県道532号(朝坂山南線)に出た所にJAひかみ沼貫(ぬぬぎ)店と氷上南保育園が在る。白山から南東に延び出す尾根は末端Ca230m付近で二つに分かれ・此の一角を抱込んで県道筋に先端を落としています。此の山の尾110m程に字「二の丸」と呼ばれる所が有り、一帯に連郭帯があり、 鎌倉時代後期:赤井氏の谷村城が在ったと云われます。
谷村城?西俣:谷村城東俣側から高見城・穂壷城等を遠望

尾根伝いに北西へ約1.5kmの白山山頂付近には後谷(屋)高城(後谷山城・上ノ城)が築かれ、 此れ等の城を”詰め城”とし【上記:後谷山城南郭<三角点峰>が主郭?、白山山頂から北尾根続きの連郭帯が 後谷山城<高城か?>】北方800mには本拠の後谷(屋)城(後谷館)が在り、3城が連繋した赤井氏一族の牙城となっていたとされます。県道沿いの丘陵東側の末端部に新郷周辺の絵図案内板が小広場が有り、北に鳥居が建つので其処から 丘陵上に向かってみます。車窓からは気付かないが山裾を小川が廻り、猪鹿避けフエンスを開閉して入ると鳥居扁額に「秋葉神社」の文字。 綾部市周辺をはじめ山城の守護神として秋葉社が祀られる処が多く城址遺構に期待が持てる。随分な急斜面ですが尾根上には高圧送電線が走っていて関電巡視路の階段がある。
谷村城東俣遠望:後屋西城砦?の尾根から

削平された台地に「火牟須美大神遥拝所」石柱が立つ広場!!と、更に急斜面上に送電線鉄塔(氷上支線No.10)が建つ二段程の平坦地に出た。 城遺構があれば此処かと思うが良くは判らない。尾根は広く傾斜も緩やかだが、いつか下り始め城遺構を見ないまま?西方からの枝尾根を併せ白山への尾根道になるところで、 尾根筋の道を削って東下方(後屋城側)へ落ち込む竪堀らしいものを見かけた。此処まで露岩や石が散残する平坦地が続くが 削平地や土塁・堀切を見ないので、西側の尾根筋を降ってみます。
JAひかみ店背後の丘陵から 谷村城の尾根越しに弘浪山

白山へ延びる尾根の肩からは弘浪山の頂部が頭を出しているのが見える。弘浪山もまた足利尊氏に付いていた 仁木頼章や荻野尾張守朝忠が、 南朝に付いて籠もった「太平記」に知られる高山寺城の在った所です。 城跡らしい目ぼしい遺構を何一つ見ないまま 藪の斜面を下って送電線「氷上支線No.9」の鉄塔まで降ってきた。後屋城築造初期に ・其の詰め城として築かれた鎌倉〜南北朝期の古城砦で、 遺構に改築等の手が加えられないままなら、堀切・土塁も無く削平段も崩れて判らないのかも知れません。 赤井忠家の頃にも使用されていたのなら、 通信・見張所としての砦だったのかな。 宿場町・佐治から氷上の中心だった成松を通り、谷村城の足元:現在の県道532号沿いに和田岩尾城城下を経て坂尻峠・小野尻峠を播州へ抜ける間道や、
谷村城:遺構らしいのは此の竪堀?だけ

前面を流れる加古川に沿って 対岸には延喜式にいう旧山陰街道の要衝が通じており、穂壷城〜泉城・高見城・岩屋城等の諸城が望めます。播磨西脇市側の最前線にある番守寺城(山南町)からは一直線上に位置して、一等最初に連絡を受けられるので、 氷上・春日の諸城へ連絡や要衝警護の見張砦は有ったのかも知れません。明智丹波攻めの天正期・赤井氏本拠は黒井城に移っており、氷上には高見城・穂壷城の拠る以外、後屋城に留守部隊を置く程の余裕は無かったかも?其の高見城さえ城主赤井五郎 (伊賀守忠家)が転戦中の留守に攻められ落城しています。
それにしても谷村城と呼ばれた城域に城砦遺構をみかけない。後屋城砦の東尾根には数段の曲輪に帯曲輪まで備えた山城遺構があったが此処には堀切も無い?。
 
本誌丹波霧の里HOME
inserted by FC2 system