幻の氷上城を訪ねて五大山〜亀の座〜霧山城 〜ガンジュウジ城
丹波市(五万図=福知山・篠山)
T天王坂〜亀の座〜油良坂〜五大山〜愛宕山〜安養寺 H12.4.29
U城山〜霧山〜権現山〜天王坂〜亀の座〜油良坂〜五大山 H15.03.09

V 波多野宗高聖徳碑〜立岩〜霧山〜権現山/油良坂 H16.12.11
五大山から愛宕山(H13.2.17)
近畿の山城: 別所館 霧山城(氷上城) ガンジョウジ城(横田城) 野山城
   長見砦(長王城・長見城)山田城館 新才城 牛河内砦

丹波の古墳: 山田井上古墳?・山田大山古墳?
丹波のお話:大石りくの森・天王坂僧・意春と経塚

175号線(水分れ街道)稲継交差点を直進すると城山トンネルで真上が城山(向山城)です。最近・山頂付近は伐採された為、広い台地は柏原(田路付近)や石生からも目立ち城址よりも展望公園の様相です。以前の林の中の広場の感じよりはズッと曲輪跡が明確に観察出来るが氷上城主波多野宗高の舘跡か見張 ・狼煙場だったでしょうか。
向山(ガンジョジ城)櫓台から向山連山(中央に四ノ山砦!!)

古文書が示す氷上城が向山(ガンジョウジ山)なのか、北方の天王坂へと尾根続きにある霧山を指すか、室町時代末期に荻野(赤井)氏・芦田氏等の丹波国人の中に忽然と登場した初代城主・波多野宗高は実在の人物だったか判然としない。霧山に城遺構?も波多野氏の菩提寺が無い・・・等々、今も決め手の無い”幻の氷上城”です。二宮神社?霧山コースの岩磐から氷上盆地と氷上IC(中央)

霧山山頂に氷上城が向山(城山)には 城館があったのでしょうが、今日も前回(H12.4)と同じコースを季節を違えてトレースします。二つの氷上城(向山城!!〜霧山城!!)から大石りくの森(天王坂)を越え 五大山を目指します。弘治元年(1555)細川晴元側の赤井一族と細川氏綱方の芦田・足立の連合軍が香良 (独鈷の滝が有り五台山への登山口)を舞台にした大激戦があったが南から攻め、また黒井城等に引き返す時、
宗高聖徳碑〜霧山間の立岩から望む霧山H16.12.11

赤井方が越えた峠です。香良城は芦田氏一族の城に対峙して、天王坂近くにある霧山城の波多野氏は赤井氏一族に付いていたことでしょう。 戦は芦田・足立一族はことごとく戦死し黒井城主・赤井直政(才丸)も傷を負っています。直政は前年(天文23年・1554)叔父荻野秋清を殺害して黒井城主となり悪右衛門直政を名のります。関連コース参照 黒井城〜ヨコガワ峰〜五大山



T天王坂を起点に五大山〜幻の氷上城を訪ねて八の字縦走  2000年04月29日

独鈷の滝への手前・桟敷で右折し県道賀茂・春日線を 天王坂に向かいます。登山取付地点を決めかね、とりあえずの天王坂を起点とし(AM11:45)峠に駐車し氷上・春日の町界尾根の山道に入ります。古い猪避け電線・今は碍子と柱のみ残して続いています。亀の座 (点名:長王 4等3角点 318m PM12:05)石標は山道から数m脇に入った所にあり「京都ミサヤマ山の会」(近畿の県境界尾根を求めて歩く会か ?)のプレートがある。油良坂南油良方面からは杉林の続く峠道〜火の用心 No106〜7.8.9と辿り、油良坂からの登り途中でNo109と分かれて尾根道を辿る。
霧山(霧山城)西南側の低い段差の曲輪跡!!? H15.3.09

遠くに登山者の声が聞こえてきたと思ったら、もう其処は五大山(569m PM1:00)山頂です。 白豪寺方面東の尾根を辿って千丈寺山〜黒井城へ向かうのも食指の動くところですが今回は霧山城が目的です。愛宕の岩場を越えて安養寺へ下る予定だが愛宕山(570m PM1:15)のお堂まで行ってしまうと行き過ぎで、 急坂を下り二つ目の鞍部から左の谷へ下り林道へ出る。すぐに左からの林道に合流すると安養寺は目の前でした。北由良の集落を抜けて天王坂へ戻ります。天王坂には忠臣蔵で知られる家老:大石義雄の夫人りくの碑があり車道の下にお堂(水場)が有ります。但馬への古道は荒れているが趣があり ハイキングコースとして復活させたいものです。
霧山山頂(霧山城主郭?)

この先車道を 30m程下れば吹き付けコンクリートの側、不法投棄禁止看板のところから右へ高みを目指し急登ですが道は明確です。尾根を外れた霧山と権現山にはプレートもあります。霧山分岐手前では鉄パイプを数本打ち込まれている岩がある。 砕石場ではなさそうなので採掘(試掘?)跡のようです。霧山は主尾根と外れる分岐はにビール缶の「キリ山へ→の表示」。霧山(三角点372m 別名:高畑山 PM3:15)は潅木に遮られ展望はない。山頂は平坦で尾根筋南面に2-3の削平段を見る。山頂に至る登り尾根筋に堀切らしいものを確認出来るほど 城遺構に見識なく見逃したかも…?。 専門の調査機関の遺跡報告?や分布図にも?マーク付で、霧山は城ではないともされてきたところ!!?。
城山(向山城)から向山連山 H15.3.09

分岐へ引き返し反射板のある権現山(349m PM3:50)到着。反射板とNTT石標柱のある場所より少し下れば権現堂があり 目の前の岩場(2m四方)に登れば素晴らしい展望が約束されます。 足下に柏原・石生・黒井の町と白髪・尖山〜妙見山/笹ヶ峰〜竜ヶ岳等の遠望・朝早ければ 雲海の中に浮かぶ景色が楽しめるのが正規ルートだと少し戻ることになるのでしょうが先の下り坂のコースを取り途中から水平道をとります。捲いてきた尾根と合流する峠からは野山からのコースで 6〜7mの岩場が点在しています。 隙間が狭くて通れないが双子岩(勝手な名称です・小岩がはさかっている)もあり、これらの岩は下山後の大崎・野山辺りからも確認できました。
霧山西・市辺地区側に竪堀の鉱口を見る H16.11.23

平坦な尾根途中に横田山古墳(郷土誌[土の匂]出版記念建立の木標 (PM4:15))を通過。下り続けて城山 (向山 4等三角点 198m PM4:30)に着く。霧山に比べて、こちらはずっと城跡らしい雰囲気が有ります。ガンジョウジ城(横田城)の名があるようですが在地支配の館城跡だったのでしょうか。右へ下る道もあるが左への水平道をとります。 この先の肩より右へは学校登山道を横田へ下る広い道がある。尾根を直進して墓地の中程にある「峠の地蔵さん」へ出ます。ここよりJR石生駅側へ下り城山トンネル下をくぐり山裾の集落沿いに野山〜天王坂に戻ります。


U幻の氷上城を訪ね城山〜霧山〜天王坂〜亀の座〜油良坂〜五大山  H15.03.09

R175の稲継を直進し 城山トンネルを抜けると正面に昨年ヒカゲツツジオフした向山が迫ります。今通り過ぎた城山トンネル上にある向山(城山)から氷上町 ・春日町の町界尾根を辿る予定だが付近に 駐車スペースも無く日本一低い分水界・水分れ公園まで 戻ってのスタート(AM9:20)です。水分れ橋から石生新町を抜け信号機のある三叉路から取付きます。50m程北から直接「峠の地蔵さん」へ行けるのですが三差路交差点の末端にある太子から石段を登って裏山の石生行者堂に行き着きます(AM9:35)。
城山(向山)山頂櫓台から向山連山

お堂の裏へ抜けて続く下り道は作業小屋?!を抜けると墓地の入口 「峠の地蔵さん」に出ます。竹の混じる墓地横の急坂を登り尾根も緩やかになると案内板が建つ城山が樹木の間に見える。 伐採され公園として整備されつつある!!?向山山頂は以前のような森の中の広場の雰囲気はきえ、展望と山頂部の削平地全体が姿を表している。
霧山西・市辺地区側に竪堀の鉱口を見る H16.11.23

氷上城主波多野宗高の居館跡とも明智の「丹波攻め」では羽柴秀長の塁跡ともいわれる台地は柏原町・氷上町・春日町の町界尾根の最南端にあり、 中央分水界でもあって標高は低いが展望は良く、播磨境界へ続く加古川流域の氷上町・山南町、篠山市方面へは柏原の町並みや転じて本城(黒井城)の春日町・市島町へと続く竹田川流域の 交通の要衛の絶好の見張り所ともなっています。 平坦に見える山頂の案内板のある付近が若干高くなっていて「ガンジョウジ城、カマショウジ山の古称もある横田城・・・幻の氷上城がここにあったのではないか …」との説明が書かれています。城山(向山点名:石生4等三角点 198m AM9:50)三角点のある北方に台地が広がっています。
霧山から権現山(中央右)・向山連山

昨日から降り続く雪に周囲の低山は慣れぬ厚化粧でお出迎え。眺望は素晴らしく・東に一夜城の白い城壁を廻らす 黒井城向山連山、南から西へは 坊の奥・小南山高見城山金山〜馬頭白山弘浪山・安全山、思い出したように雪が止み日が射して 篠ヶ峰水山の山陰が望めます。三角点を過ぎ NHK氷上石生テレビ中継所(AM9.55)を過ぎると以前のままの道となった。中央分水界の尾根を此の先、権現山〜天王坂〜亀の座〜五大山へと辿るが 積雪は殆んど無く、 亀の座付近までは3〜5cm程、しかしウッカリ枝に触ると思いっきり雪を被って雪だるま状態です。
県道7号氷上・展望広場から霧山(霧山城)

横田山古墳
(AM10:02)で少し足下が濡れてきた。古墳時代前期の山頂古墳で昭和42年に箱式石棺が発見され青年男子の人骨と副葬品の槍鉋・鉄剣・鉄錐等が出土していますが、 古墳は埋め戻されてか!!付近で見つけられなかった。反射板のある権現山(349m AM10:25)からは 右への尾根を下るが積雪 (5cm)と藪っぽさでコースを踏み外してしまいそうだが赤松の目立つ山道が続き102鉄塔・北攝長田(AM10:30)に出ます。鞍部からは雪の重みで倒れかけ道を塞ぐ樹木を分けながら鹿除けネット沿いに登るが境界ポールも見えず 藪漕ぎ同然です。
霧山山頂直下:加古川流域・氷上盆地を望む平坦な岩頭部は監視台?

!!分水界尾根から少し外れる霧山への分岐(AM10:52)に着く。標示は何も無いが西への尾根を下り登り返して霧山山頂(高畑山3等三角点 点名氷上 372m AM11:00)に出ます。向山城(横田城・ガンジョウジ城)か此処・霧山城が幻の霧山城です。 東西に延びる平坦な山頂部と 北側下に腰曲輪風の平坦地・西や南にも曲輪らしい段差はあるが何れも明確な防塁施設には思えず素人目には城址遺構が確認出来ず 永禄3年(1560)正親町 天皇即位に際し、警護にあたっては赤井直政(黒井城主)はじめ丹波の諸城主を動かし、忠勤によって「正四位 ・侍従の位」を賜る波多野宗高の城が曲輪さえ荒れて不明瞭な状態では 此処が氷上城とは認めて貰えない?のかも知れない。
二宮神社からの霧山登山コースの岩磐上は展望絶佳

霧山分岐へは10分程で戻り急な斜面を下り続け途中小さな2等基準点(兵庫県土地開発公社 AM11:25)の埋まる峰を過ぎて天王坂に降り立ちます(AM11:35)。但馬を結ぶ主要な街道天王坂は大石りく の由緒を残す街道で、これから辿る由良坂(牛河内坂)共に;香良合戦や明智光秀の「丹波攻め」に幾度か 戦場になったところではなかったかと推察します。此れより五大山までは上記そのTとコースは同じです。赤い町界プラ柱や碍子の残る古い猪除けは短い鉄柱だけを残して続くが 巡視路でもあって尾根道は快適です。
波多野宗高聖徳碑と並ぶ首塚 H16.11.23


106鉄塔 ・北攝長田(AM12:00)からは鉄塔のケーブルを透かして北面に五大山・愛宕山と鷹取〜五台山へ続く珍しくも白い稜線をみせて聳え立ち左右に大きな拡がりを見せてくれます。 南北に展望が開けた鉄塔からは展望の無い単調な尾根を30分程辿り亀の座(4等三角点 点名:長見318m PM12:05最近整備された道標には ”五郎兵衛”の別名が有ったが!)には「京都ミサヤマ山の会のプレート」も健在の山頂は、ほんの数m山道から横に入った所にあり 展望は無いがハジッコの峰のピークなので分かるでしょう。一気に下ったところが 油良坂(PM12:10)で杉林の続く広い峠道は
鉄塔106より五大山と愛宕山(中央)

氷上町南由良と 春日町牛河内を結ぶものですが、余り荒れた様子も無く誰かが登ってきても!!?自然な雰囲気が残っています。今は人も牛も行き来する事は無いのでしょうが…峠からの登りでは積雪も急に深くなり山道をトレースしているのか分からなくなる。 時々赤布が現われホッ。井城〜千丈寺山 〜ヨコガワ峰からの尾根に出ると積雪20cm程。重い雪に雑木が倒れ掛かって前方を塞ぎ前進を妨げます。雪のトンネル状態をツボ足で進むか!!匍伏前進するか??無雪期でも 迷いそうな平坦な雑木の中ですがテープ類が増えてきたようで助かります。
県道7号氷上・展望広場から霧山(霧山城)

植林帯へ抜け出るともう一頑張り。 誰も居ない五大山(569m PM1:05)に到着です。所要もあって帰りを急ぐ余り五大山から直接下りますが尾根を一つ取り違えて、門石と注連縄とある愛宕山登山口へ降り立ち(PM1:38)安養寺へ出て愛宕山域を除き前回 (2000年04月29日)と同じコースになってしまった。


V氷上の中央分水界尾根に戦国の山城探し!霧山 〜権現山〜油良坂  2004年12月11日

以前から何度も訪れた山域は日本一低い水分れ中央分水界のある向山の末端が 黒井の盆地に落ち込み再び城山〜権現山〜霧山へと盛り上がり五大山〜五台山へと続く中央分水界の稜線で近年”分水界の径”として道標が完備されています。 (歩き易く明解な登山道というわけではありませんのでご注意を)この山域にも幾つかの城塞が確認されています。
自然の大切り通し道:油良坂(牛河内坂)

ガンジョウジ城と霧山城や周辺の枝稜線に長王城や山田城館等が在り、明智光秀の丹波攻めによる本城の黒井城支城・砦として 近畿の山城に紹介しています。其の中でも黒井城主赤井直正が幼名・荻野才丸の頃に初陣で功を挙げた山城と遺構の確認は出来なかったが幾度かの合戦場ともなり、 黒井城の終焉真近の頃、但馬出兵中の赤井幸家(直正の弟)が急を聞いて遠阪方面から戻ってきた時は、佐治から越えた由良峠付近にあったという牛河内砦を探してみます。
油良坂から亀の座側の登山道(分水界の径)

油良坂(牛河内坂)は南に約1.2kmにある旧但馬道の天王坂同様に利用された要衝は 軍道ともなり、また合戦場ともなっています。南油良から牛河内へ抜け出ると黒井の山城へは最早3kmの地点です。此処に通行監視の砦が無い方が不思議です。鞍部は深い露岩混じりの切り通しですが前後は広く緩やかな道で、牛河内側へは九十九折れの道で 荷車が通れる程。荒れてはいるが倒木や雑木を除けば使用出来そうなほど。現に昭和初期頃?までは利用されていたようです。 先ず霧山へはマイナーコースを辿ります。波多野宗高聖徳碑(氷上城を参照)の横から続く広い山道に入り、山道が山腹を捲いて下り始めるところから尾根筋に移り踏み跡を辿ります。
白雲の城・黒井攻めの戦場も霧の底

古い参道らしく石段・石積みがあり、其の行着く所・雑木のピークには 石組みの台壇が残る削平地となり、突然道も消え 藪尾根の細い道となって続きます。霧山を正面に望む此の台壇は氷上城主(霧山城)として黒井・赤井直正と常に協調した波多野宗高の墓所だったようです。尾根を登り返す鞍部 は堀切の様?直ぐ上部30m程の所に岩場が見える。霧山から天王坂に続く分水界尾根から西へ突き出す枝尾根の中間付近、 氷上集落内からも目立って見える露岩部・立岩の頭に出てみると霧山が霧のレースを解こうとしています。
野山城西曲輪:岩場を穿つ大堀切

氷上盆地に甲賀山・犬岡山は霧の底、安全山・弘浪山・白山・篠ヶ峰や高見城山から穂壷城が辛うじて薄墨色の山容を霧海に山頂部を浮かべています。立岩から霧山へ向う鞍部にも堀切らしい凹角を見るが前後に曲輪らしいところが見当たらないので思い過ごしかもしれません。しかし寺から宗高聖徳碑のある台地に波多野氏の居館が有れば背後の尾根を辿る詰め城への大手道。立石は木戸として砦としても有効な位置にあるのですが …山岳の岩信仰の祭祀所の跡かもしれません!! 砦なら毘沙門 ・民間信仰からなら不動尊や愛宕社といったところでしょうか。霧山分岐を下り稜線目前に見える反射板のある峰が権現山です。
野山城・大堀切を越えると頭上の露岩を超えて西曲輪へ入る

其処へ行着くまでに 左右に氷上町市辺や春日町野山の神社や観音堂への下降点を過ぎて到着します。相変わらず展望のない山頂は変わらないが市辺や、なんと野山砦跡の標識まで 有るのには驚きましたが、砦跡を示す方向は藪の中。本来の尾根筋を辿って山城を訪ねる人も稀のようです。多紀アルプスの岩尾根を辿っているような 錯覚の場所が続来ます。城砦付近の急斜面と露岩が目立つあたりは、京都亀岡の御影山城を思い出します。本郭部に近い鞍部の左右は岩場に多い絶壁状で短い堀切でも有効です。
牛河内砦!・亀の座下方から五大山〜愛宕山


斜面上部には石積み曲輪が有って敵兵の様子を窺っています。権現山から市辺に下ったので二村神社の 僧・意春の墓と経塚に寄って見ます。県道7号線氷上の交差点手前、幾度と無く看板を見て未だ寄ったことは無かったが経塚は丹波では (県下でも?)最大のものです。今回は車で天王坂を越え先日寄った長王城(長見城)下を抜けて牛河内集落に向います。集落最奥に瑠璃山浄光寺が在り小さな蓮池横を斜上する林道は油良坂(牛河内坂)へ通じています。
油良坂:牛河内側入口の浄光寺城や周辺は居館・屋敷跡の様!!?

今はもう利用される事もなく倒木や雑木、谷筋は台風等の洪水で崩れてはいますが、 透かしてみる峠への道は割合良く残されています。 物資搬送の荷 車が通った道なのでしょう、長いジグザグの道なのでほぼ直進のショートカットで送電線真下の峠を目指します。亀の座〜天王坂側と 三日月山〜五大山への稜線を割る峠は自然の?深い切り通しになっているが、峠の広く開ける牛河内側には露岩の多い台地に石積みして切岸を高くした峠越えの 通行監視所の様な曲輪になっています。
油良坂:牛河内側入口に祀られる数体の石仏

峠の狭間に正対して威圧する関所の様で!!?、 南油良側へは谷に沿って緩やかな道が 真っ直ぐ延びていきますが、此方にも曲輪遺構らしい平坦地がある。天王坂の但馬道に対し、土地名の…油良坂は東芦田から穴裏峠を福知山〜大江町を抜ける丹後由良への街道だったのでしょうか。両サイドの尾根には特に 遺構を見ること無く?引き返し、黒井城の真東に位置する野上野(のこの)へ移動する為R175号へ出て春日インターを目指した。






天王坂「大石りく」の森   春日町長王区天王

176号線「石才交差点」から踏切を越えて北へ真っ直ぐ延びる道が前方の山並みの峠に伸びて行きます。氷上町桟敷へ出て香良の滝や成松・佐治方面に抜ける峠越え道ですが、昔は篠山の栗柄峠から此処を経て 遠阪に至り但馬へと続く但馬(山陰)街道でした。天王坂の峠にさしかかる東南側に腹の虫封じの井戸があって大石りくの森と呼ばれます。 元禄14年(1701)4月・忠臣蔵で有名な赤穂藩 ・大石良雄の妻りく(理玖)が寺坂吉衛門を伴に、二男吉千代・三男大三郎・長女くう等と京・山科を発って、
天王坂の清水の井戸

京都街道を多紀郡に出て春日町境の栗柄峠を越え、氷上町から佐治〜遠坂を越えて実家の豊岡へ帰る途中、 此処・天王坂で激しい腹痛におそわれ、吉右衛門が峠近くの岩清水を飲ませたところ不思議と腹痛も治まり、ほどなく回復して但馬へ戻ったが、この時のことが忘れられず但馬の石(玄武岩)で自筆の報恩碑が建てられました。今もりくが建てた石碑 ・清水の井戸・当時の峠道が藪に隠れるように、それでもわずかに面影をとどめています。「妻りくの 駕籠もたどりし 花の道」小鼓子 天王坂は桜並木が続き春には桜の花道となります。


意春と経塚の由来

霧山への登山口となる市辺区の二宮神社へは「意春坊」の石標と鳥居を見て境内に入ります。 二宮神社の横にはなんと立派な屋根付きの、お堂に収められた経塚と裏手の最奥部には質素ながら今も献花や人形等が供えられた僧・意春の墓が祀られています。 子供に習字を教えたり…慈愛に満ちた彼を慕って集まる老若男女も悲しい事・嬉しい事等を打ち明けます。
経塚内石龕の後壁板(元和9年11月)の銘文

「意春坊さんとこへ行こう」近在の子供達はこう云って神社の境内で遊ぶといい、子供好きのお坊さんだったようです。説明板が建つお堂の中には、縦 ・横共に3間(5.4m)/高さ約1間(17m)四方の石垣が積まれその中には法華経の経文を一石一字に書いたものが埋納された経塚です。塚の頂部には石仏や石碑が祀られているのが見えます。正面中央の凹部には 石龕が安置されていたらしく、
経塚堂

其の後の石の壁板の銘文から江戸時代当初の元和9年 (1623)11月・願主観音寺の僧意春が由良の城主でもあった播州源朝臣別所豊後守吉治支援により建立された事がわかっています。 この経塚は丹波最大と云われ昭和50年2月25日・氷上町文化財に指定されています。桃山時代中期・天正年間(1573-92)頃、播州三木城は 秀吉軍に包囲され食糧を断たれ終に落城しますが、
意春の墓
二村神社の経塚


伝承では三木城主別所長治の菩提寺住職の意春上人は長治の子別所吉治<別所長治の叔父で秀吉家臣として三木城を攻めた 重棟の子>と丹波路に落ちて氷間下村(幾郷村市辺)に辿り着き、小森久治(小森家の由緒書きには宇之助とある)宅に宿をとり村人の厚い情により旅の草鞋を脱ぐ事となった。意春の信仰と人柄はやがて村人の尊敬を集め高月山 浄現寺(真言宗大谷派 :二村神社の南に隣接する)境内にお堂(観音堂)を建てて住まう事となった。当時の佐治川(約1km西を流れる現・加古川)は毎年の様に荒れ、 その都度 流域の田畑は水害に遭い住民の生活は困窮のどん底にあったといわれます。
十六丁畷:佐治川は 正面和田山自動車道の西方を流れる

由良庄の領主となった吉治の帰依を得て市辺に内堤防を築き十六丁畷の土木工事を行った。成松とは加古川(旧佐治川)に架かる京橋や栄橋を挟んで東 500m付近の田園風景の中に市辺集落を護る様に延々と小さな溝には不釣合いの堤坊が続く。後世の村人の幸せを念じつつ法華経の経文を 一石に一文づつ記し、周りを石で囲う高さ1間・横三間四面の経塚を建立した。
市辺の十六丁畷と霧山・権現山(中央)・向山(右端)

意春は以来・朝夕の勤行と托鉢によって 村人の難渋を救い里人の信仰を集めたが、後年・村の西北の山麓に自ら穴を掘り、産業の発展と村人の火難水難を一身に受けるべく経文を唱えながら、 寛永19年(1642)2月入定したといい、その徳を讃え毎年旧暦の2月5日を命日として盛大に供養の祀りが行われます。意春まつりでは、おにぎりを参拝者に配って、その昔飢えに苦しんだ村人に対する意春の 慈悲の心を思い起こして 其の徳を讃えています。
市辺の十六丁畷!

別所孫右衛門豊後守吉治は文禄元年(1591)重宗の死により家督を継ぎ、 豊臣秀吉の家臣として仕え翌 ・文禄の役(1592)や関ヶ原に戦うが戦後は徳川家康に仕え所領安堵を受けている。元和元年(1615)大阪の陣に従って戦功が有り、何鹿郡(福知山市と綾部市境辺り)に 2万石を領したと云われるのですが・・?。氷上由良庄の領主として市辺城 !?を築いていたとすれば此処・二村神社や浄現寺付近と思われますが 其れを示す資料を未だ見ず…?
市辺の十六丁畷!!


氷上町由良には”屋形屋敷”といわれる 「別所吉治の居館」が有ったといいます。屋形屋敷が由良の南か北か所在を未だ調べていないが、北由良の日吉神社と安養寺間に字名”馬屋敷”があり川は谷深く、大きく屈曲して流れる山側民家の南北に 一段低い平坦地があります。他は民家と田畑が広がるだけですが土塁で囲めば、此処にも居館が有ったのかも?
(現地経塚の後壁板銘文/市辺区案内板 由緒を尋ねて<丹波叢書第三集 を参照)


別所館 氷上城(霧山城)と氷上館(波多野神社跡) ガンジョウジ城(向山城・横田城)
長見砦(長王城・長見城) 山田城館 野山城 牛河内砦 新才城

別所居館   丹波市氷上町北由良

氷上城が何処にあったのか定かでない”幻の氷上城”は初代築城主の存在と遺構も不確かながら今では霧山に氷上城が有ったとされています。ところが其の山麓に 意春と経塚を訪れて、もう一つ謎の居館の存在を知りました。上記:意春と教塚十六丁畷の項を参照ください。別所吉治の居所は 「ひょうごの城紀行」リストや「丹波人物志」には由良荘とあり、丹波志・氷上郡志・丹波史年表では北由良とされ、京都府の園部や綾部へも転封されており、また其の禄高も1万5千石〜2万5千石と一定しない。さらに藩主別所豊後守吉治自身も 天正8年(1580)三木城落城前に落ち延びた城主別所長治の子とされていますが、長治の叔父:重棟(宗)の子ともいわれます。重宗は秀吉の家臣として三木合戦には付城の守将として参戦し天正13年(1585)1万5千石で但馬八木城主になっていますが、天正19年嫡子吉治に家督を譲って大阪堺で死去します。
北由良・馬屋敷橋付近…別所氏関連屋敷が在ったかも?

重宗の後を継いで豊後守を名乗り文禄元年 (1592)秀吉の命で朝鮮出兵、関ヶ原合戦(1600)に石田三成の西軍に付いて舞鶴の田辺城【細川幽斎(藤孝)】を攻め、家康に所領を没収され流浪するが翌年には北由良(此処に字名:屋形屋敷が在り、土塁遺構が残っている様ですが?宅地や田畑の整地部では、 素人目に確認は無理っぱい…。祈願寺や父の菩提寺等の伝承も残る)に移封され大名として返り咲いています。徳川2代将軍:秀忠の乳母であった吉治の伯母”おもん”が助命嘆願し為という。…元和元年(1615)…大阪の冬:夏両陣の戦功により 5000石加増され2万石を領有しました。神仏を崇敬し仏閣に所領を寄進し、善政を施し盟主と仰がれた吉治でした…がやがて領民の眉をしかめさせる様な行状は、奢りも有ってか家康の死後・仮病で参勤交代を怠り、遊猟に耽っていたといい、 事が発覚して寛永5年(1628)2月28日【丹波志には寛永4年12月29日】改易・所領を没収された。その最期も明確ではなく承応年間の1652年7月に奈良で死去とも1654年に江戸で死去したともいわれます。吉治の子守治は慶安元年(1648)赦免されて蔵米1000俵を賜り、 子孫は700石の旗本として存続したといいます。
(由緒を尋ねて 昭和31年丹波新聞社版 丹波史「丹波史懇話会」を参照)


霧山城(氷上城)  霧山(高畑山) 372m  丹波市氷上町氷上・市辺

丹波の波多野氏は八上城(篠山市)波多野秀治の名を先ず挙げますが氷上城 (霧山城!!?<丹波市>に波多野宗高が居り西波多野氏(前者:八上城主を東波多野氏)と呼ばれたと云われます。…がその氷上城が何処にあったかが 問われる幻の氷上城を今回再訪問します。
十六丁畷の堤と霧山

三代続いた西波多野氏 (宗高父子二代とも!!)の居城でT通念的に考えて城址周辺に其の波多野氏の菩提寺が無い事!! U戦国期の城なのに規模に関わらず曲輪・堀切・土塁等遺構が曖昧で大手・搦め手と思える道も無く・城史の伝承も残っていないが、実像が曖昧な初代城主宗高の良く出来た伝承(下記の事象)は
県道7号と佐治川監視のテーブル岩?(霧山西北尾根中腹)

ツイツイ真実かと思える程!!ですが、氷上城を高畑山(霧山)山頂部に存在した霧山城として 紹介します。上記の山行レポートで幾度か訪れた霧山へは、コースが荒れて3合目辺りまでは踏み跡さえ判り難くなっているが、意春の墓や経塚も有る二宮神社の 側から山頂主郭南西部まで登山道がある。南面・西面からは山容が示す激急斜面の上り一辺倒の藪や倒木に悩まされ大岩・露岩が行く手を阻む。
霧山城主郭南面の帯曲輪?

何箇所かには採鉱の抗口さえ口を開ける難所です。長い縦走尾根筋が城山(ガンジョウジ城)から権現山(東への尾根先ピークには黒井城主:赤井直政(幼名:才丸が守将となり八木城:内藤氏を退却させた野山城が在る)を経て延びており、霧山への尾根筋と分岐するT字辻からの東尾根筋からは山頂近くなってくると埋れかけているが 土橋付きの浅い堀切を渡る。
 同 南面二段の帯曲輪・再上段が主郭<南東下へ3-4段曲輪在!?>

尾根筋上に2−3の1?2m足らずの段差を超えると尾根筋(幅広く長いが単郭の城)南斜面下部を山道かと思えたが 帯曲輪が捲く。波多野氏居館や越前で討死した宗高の首塚も疑問視されるようですが、もっとも疑問視するべきは芦田氏・足立氏 ・赤井氏等国人の領内に忽然と現われて、攻略・横領した訳でもない丹波氷上(丹波市)の中央部に来住して城まで築いた初代 ・波多野宗高の存在です。
ニノ丸東端段と帯曲輪?

室町時代後期・築城主波多野宗高は美作 (岡山県)国の人・親戚筋八上城主波多野秀治と相談して地領を毛利元就に預けて 天文3年秋(1534)丹波へ来住し天文7年(1538)霧山に城を築き西波多野氏の本城とします。今の山上にどれほどの痕跡もありませんが 西斜面は露岩雑じりの切立つ急斜面で、山頂周辺に高低差も小さい数段の曲輪、北面から東?南面を帯び曲輪が捲き・更に東面から南面に1段帯曲輪が、南東側 ・南西側下方には2−3段の曲輪!遺構が認められます。
主郭東尾根に浅くなった土橋付き堀切!!?

北の山麓に城主の「氷上館」跡があり波多野神社が建てられ(神社は別の場所(下記の向山城・多田野 )に移され石の鳥居!!と波多野宗高の碑が建てられています)正親町天皇即位に際しては、国内が群雄割拠の乱世で 宮廷の台所も逼迫し、皇室が衰え御大典の式も挙げられない窮状を知った宗高は、中国の毛利元就の誘いを受けて八上城の波多野秀治・北陸の朝倉義景等と資金を集め、永禄3年(1560)1月に御大典の式には赤井直政(黒井城主)はじめ 丹波各地の諸城主や毛利元就の子・小早川隆景等と京都の警護にあたり、無事に式典を終えその上御殿までも改築したといい、この忠勤により 宗高と秀治は正四位・侍従の位と桐の御紋・桐の旗を賜り面目を施こしたといいます。
主郭東尾根に浅くなった土橋付き堀切!!?

(霧山は桐山が転じたものだったか!!)波多野神社の方は三代の城主が祀られ大正4年(1915)大正天皇の御大典のとき贈られた彰徳碑「贈従三位波多野宗高碑・大正 6年 3月建立」と、近江 (滋賀県)刀根峠で天正元年(1573)8月・盟友の越前(福井県)の朝倉義景が織田信長に対して戦いに挑むのを”軽挙するな”と諌めたが聞き入れられず、止む終えず近江に従軍し信長と対戦したが朝倉勢は敗退し、刀根峠(越前・刀根山)戦いで討ち死にした宗高 (時に70余歳だった)の首を家臣・佐伯秀章が持ち帰り埋めたとの伝承がある「首塚」があり、 共に石積の礎壇に石碑が建てられています。今は石鳥居だけが残る波多野神社の台地が波多野氏の居館氷上館跡か?。
主郭西北面の上り土塁状?と、低段差で北?南へと主郭を廻す帯曲輪

霧山を南正面に望み、背後の丘陵尾根は霧山城の繋がっており、氷上集落の高台に在る位置的には居館として適所と思われ、 戦国時代に波多野宗高・宗長【宗貞は(宗長の弟!?)】親子二代の本城とも。幻の氷上城といわれたガンジョウジ城(横田城・向山城)と霧山の 山頂部に比べ、削平地や土塁等の遺構が残っている向山が氷上城(波多野宗高追慕碑も建てられている )かと思っていたが、 向山は館跡か黒井攻めの時の陣城の様です。霧山の城下がかつて氷上郡(現・丹波市 )の中心地で西山麓の佐治川(現・加古川)に架かる橋に京橋の名が残る。
波多野神社の宗高聖徳碑と並ぶ首塚

織田軍と籠城戦を展開していた八上城も兵糧が尽き天正7年 (1579)6月 波多野秀治は弟秀尚とともに 降伏し波多野氏は滅亡した。 兄弟は安土へ送られ慈恩寺で磔刑に処せられた。八上落城の一ヵ月前、氷上城の波多野宗長も明智光秀に攻められ、黒井城の赤井直正等と共に 戦ったが天正7年 (1579)5月29日羽柴秀長に大軍を付け但馬から丹波へ攻め入り霧山城に向かいます。また播磨から丹波へは丹羽長秀が久下重治の玉巻城 (山南町)へ迫ります。
波多野宗高聖徳碑付近からの霧山 H16.11.23

宗長は息子の宗貞を玉巻城へ応援に向かわせたが落城して討死。宗長も、この丹羽長秀軍と羽柴秀長の軍勢に囲まれます。羽柴秀長は宗長を惜しんで降伏を勧めたが、城に火を放って自刃し落城したことにより西波多野氏は滅亡します。 「氷上郡誌」には羽柴秀吉の塁跡とも稲葉壱岐守の砦跡・・と記されているは向山城(ガンジョウジ城)の事でしょうが城主名は明確ではありません。
(丹波戦国史 氷上郡誌等参照)


ガンジョウジ城(横田城・乾ノ山城・城山城) 城山・乾ノ峯 (向山・カマジョウジ山)198m  氷上町石生新町・横田

幻の氷上城が霧山城か此の城なのかは詳細不明だが、地元で城山と呼ばれ県遺跡分布図には横田城とあり「ひょうごの城紀行」や「県の中世城館・荘園遺跡」には赤井 ・荻野ゆかりの城砦とある。石生と横田を結ぶR175号稲継から春日町に入る城山トンネル上に城山(乾ノ峯)がある。
分水界の高谷川<工業団地側>から望むガンジョウジ城)

石生からは向山・横田からは 城山と呼ばれる標高198m(比高約105m)の山頂付近は、最近(H13年以降?)雑木薮が伐採され城址案内板が設置され、氷上/黒井の盆地を望む城山展望所になっています。城名をガンジョウジとしていますがカンジウジ(氷上郡志)とも カマジョウジ(山頂案内板)ともあるが、城郭研究T氏はカンジョウジ山城(乾ノ山城)を充てられていた。 丹波志には乾ノ峯・豊臣秀吉公陣場とある!!?。私なりに仮説・補足してみると黒井城からみて方位の(カン)の延長線:の方向には赤井直正出生地の後屋城・白山城や高見城・
石生新町からの向山(ガンジョウジ城

間近に在る母坪城(氷上町)等赤井氏の氷上町側諸城が在る。直正本拠城の黒井城の猪の口山 (春日町)は、戌と亥の間が氷上町と春日町の町堺に位置するカン=「の山の城」と…カンジョウ(乾城)xxxまでの仮称には漕ぎつけた。後は最後のジ!!?。寺に関するものは無さそう?。それに赤井・荻野方の城塞と考えると少し特異な城に映る。下記に諸説があることを記しているが堀切・縦堀・櫓台(本丸?)以外の主郭内に帯・袖・腰曲輪の段差もなく・虎口もなく・極低土塁 (現状)をみるが仕切土塁と云えるほども明確でない。
三角点峰のガンジョウジ城主郭:北端の櫓台土塁

雑木や下草に覆われていた頃は、城の遺構に関心も無かったので記憶は薄く、曲輪を区分する切岸の無い低い段差が 2-3段あったような?…。公園化された現状況からは判断できない。木々の伐採だけで 整地等大きな改変はない筈。主郭南端の登山道横に、虎口状があり3m程の切岸を下りたところに1.5x1m四方の井戸が有る。鹿猪等の落し穴かとも思えたが深そうだ。倒木で埋もれ城遺構かは判らなかったが…氷上盆地・黒井盆地を東西に分けて南方には高谷j川が加古川へ、東側には向山連山の山麓とは僅か700m程の山間を、由良川源流の黒井川が流れ出る分水界を成しています。この山間を氷上 ・黒井側へ抜ける街道以外は山越えとなる。
ガンジョウジ城最高所・本丸!!

黒井城攻めの織田勢にとっては 攻撃に絶好の拠点。赤井勢にとっても侵入阻止の為死守すべき玄関口。播磨方面から侵攻してきた羽柴秀長軍が黒井城西方(氷上町側)の諸城を攻略して 此処に至り陣したものか?。氷上町側の 高見城山穂壷城弘浪山白山の各山城や、春日町側には直ぐ東2kmの朝日城・黒井城 (僅かに望めないが!!)・千丈寺砦を指呼の間に望む展望地です。丹波年輪の里付近からは、 如何にも城跡の主郭部は広い削平地(城域は南北約85mx30m程)が拡がり、三角点石標が埋まる櫓台の最高所以外は黒井側が少し高くなって曲輪が延び、南側端が通路だったと思われたが城遺構は:
ガンジョウジ城:平野部の狭い廻廊を黒井盆地に入る

尾根を野山城・霧山城への重走路を北に降る鞍部に 深い堀切 (本郷側の一宮熊野神社へ降る カンジョウ坂(カンジュウジ坂)は深い片堀切道<大手堀切道か?>)、主郭の櫓台土塁・無線中継塔や配水施設が建つ南側尾根筋の丘陵南端に土壇・土塁状盛上がりを持つ曲輪と小曲輪を2段程見る。山城へは東小学校裏手の長者稲荷神社迄は参道が通じており、稲荷社を右に見て急斜な石段を登ると向山配水所の大きなタンクに突き当たり、 踏み跡を辿ればDoCoMo向山無線中継所を経て、

ガンジョウ坂(堀切道)

此の一角6〜7m四方が1m程の段差で高く盛り上がる櫓台土塁のある点名:石生の4等三角点向山(城山)山頂の広い曲輪に着きます。北方の霧山(西波多野氏の氷上城?)から天王坂・権現山(赤井直正初陣の野山城)を経て、延び出す尾根の南端に此の城山が位置して幻の氷上城が此の向山城か霧山城かと今も議論が分かれているようです。眺望に優れ ・山陰道の要衝でもある領内監視と 分水界をも一望出来る軍事的にも要地は、特に黒井城攻めでは西・南方の喉元を押さえる双方にとって最重要拠点です。
堀切道を下る熊野神社背後の鞍部にも土塁・数段の曲輪状を見る!!?

山頂付近一帯には削平地や土塁等の遺構が残っており室町時代・永正年間(1504-21)頃は穂壷城主:荻野(赤井)景遠!や、 その穂壷城を攻略した波多野宗長・宗貞父子の館跡だったのか、古城主に穂壷(稲継)城の稲継壱岐守の砦とも屋敷跡ともいわれます。要害でもなく・立て籠もるには小さな城山城ですので波多野宗長は山を降りて打って出、 子の宗貞も久下氏の玉巻城(山南町)落城で共に討ち死にして西波多野氏は滅びたと云われます。「丹波攻め」の際は秀吉陣城とも云われるが秀吉は 丹波に来たことは無く、但馬にいた羽柴秀長が明智光秀の援軍として丹波に入った時の事でしょうか?。
ガンジュウジ城から望む黒井盆地:

何よりも此処は柏原(光秀が陣をおいた柏原八幡 )と黒井(丹波の赤鬼<赤井・荻野氏>の城)の中程に位置した狭い谷間にある要衝は、黒井城攻略の陣城になったと思われ、向山は此の黒井城の付城 (向城)の有った山の意味でしょう!!?。西波多野氏の氷上城が此の向山城とも考えられますが霧山城が遺構希薄!!ながら濃厚。柏原八幡山に本陣を敷いた 智光秀軍の妻木主計助範資が拠った石負砦が此処なら、黒井の盆地を包み込む西南口の最狭部は要衝ですが、軍事的にも非常に重要な押さえのポイントで、黒井城向城としては、これ以上を望むべきもない好位置です。
ガンジュウジ城:主郭北端の櫓台土塁(三角点名:石生)

柏原本陣を出て7日余りの黒井城攻め、 この時は「呼び込み作戦」と呼ばれた八上城(篠山市)波多野氏の突然の背任に、明智軍は敗走していますが、稲継の穂壷城は波多野氏方の城だったので、ガンジョウジ城(横田城)は明智の向城として事前に改修出来る余裕も有った筈。石生砦?の 石生西河原城や四ノ山砦(天ガ嶽砦<共に仮称>)も柏原八幡城(本陣)と同時期に 浄福寺砦(仮称)は総攻撃の為・妻木軍が臨戦の駐屯基地として確保し、整地したものとも思えます。


長見砦(長見城・長王城) xxx山  xxxm  丹波市春日町長王地区長見

氷上町稲継から城山トンネルを抜け出てR175号線・石才から 天王坂を氷上町桟敷へ越える一般道を長王の分岐で北に見送り、長見集落の東方へと地区道を入ります。正面奥には黒井城が見えていますが、 目前に瓢箪型・前方後円墳のような低丘陵に黒井城塞群の一つ:
長見城(前低丘陵中央〜右手)遠望
長見城(長王城)がある。城山〜霧山〜権現山〜天王坂〜亀の座 (点名:長見)〜油良坂へと続く稜線上に室町時代末期頃には氷上の西波多野氏や芦田氏、氷上と黒井に跨っては荻野 (赤井)氏や土豪の城砦があったようです。やがては黒井城主:赤井直正の配下となる芦田氏・足立氏とは、 勝敗を決せ無いまゝ双方に多数の死傷者を出した香良合戦の境界線が天王坂(旧但馬道・山陰道)でした。
楯縫神社側との切通し道:長見城側切通道上の曲輪!?

天王坂を南側 (黒井)に下ってほど近い長見集落の北西の丘陵は 上記境界尾根の亀の座(点名:長見 )から南へ延びてきた低い丘陵尾根の 南末端部に位置しています。長見集落内・この丘陵端部の空き地?に「長盛小学校跡地」石標が建っているのが登城ルートの目印になります。…が車だと 気付かれる人は殆どいないかも!!。此処には長盛校として明治12年(1879)より明治18年まで、 其の後は明治20年まで長見小学校、明治25年から明治30年!までは船城尋常小学校として此の地に在った事を示す石標柱が立っています。
長王城:南郭・北郭を区分する堀切

秋祭り中なのか誰も居ない神社ですが、背後の丘上に子守神社 (城砦としては”籠”とも採れそうな名前!)・楯縫神社の幟旗が立ててあります。 社の左隅に五輪塔の残欠が2基祀られていて、秋祭り中なのか誰も居ない神社ですが、背後の丘上に子守神社(城砦としては”籠”とも採れそうな名前!!)・楯縫神社の幟旗が 立ててあります。社の左隅に五輪塔の残欠が2基祀られていて赤井(荻野)氏関連の黒井城攻めによる戦死者の墓石なんでしょうか??。神社の社殿に捲かれた紫幕の紋には ”二つ引両”はないが”左三ッ巴”と後側の幕には”藤丸”の紋が染め抜かれています。
主郭から曲輪南末端堀切側の土塁を望む

神社の守護神としての創建や城砦の築城時期は不明ですが赤井直正の紋です。「丹波志」には字名を「兵庫殿 」呼ばれる平地に屋敷跡があったと記されていますので、も少し遡って建武2年 (1335)播磨守護職でもあった赤松貞範が北条氏を討つため関東に向う足利尊氏に従い春日部庄を与えられ、その代官として此の地に来た頃なのかもしれませんね?。 切通し道で二分されてはいますが急斜面上は独立丘陵で、尾根最南端に突き出している。南麓集落の道は東方約3km程の黒井城下から、山田城の南・新才城 (街道監視の砦・後に黒井城向城となったのかも?)を通り、
主郭北の切岸と堀切

此処から牛河内(由良坂越え)で由良へ抜けられるが、天王坂を越える但馬街道が、湿田帯?の黒井川右岸沿い(左岸はR175号線沿い!!?)に通じていたと思いますが…?長見砦(長王城)は亀の座(点名:長見)の北方約250mの油良坂越え 及び先述の天王坂を越える但馬街道を抑える砦と思われ、楯縫神社は削平されて城砦遺構は無いが、見張りの出郭が在ったと考えます。 油良坂・天王坂は氷上町の油良や桟敷の芦田氏領地に接する最前線で、鎌倉時代以来繰り返されてきた丹波の合戦中でも最も激烈を極めた【香良合戦弘治元年(1555)】の舞台に近い位置にあります。
中央土塁を挟む二重堀切(空掘)

油良坂付近には牛河内砦が有った。 細川晴元側の赤井時家一族と晴元に背いて細川氏綱方となった三好長慶軍の松永久秀や沼城主芦田上野介光遠、 山垣城主足立権太兵衛基則の連合軍が香良に終結した戦闘で、 赤井時家・家清・直正等が奇襲します。この戦闘で大負傷した黒井城主・赤井直正(25or26才)が本城に引揚げた際・どちらの峠から引き上げたか知りませんが、先ず此処・長見砦に逃げ帰り養生したと思われます。
主郭北の二重堀切?

城域は楯縫神社の建つ独立丘陵(丘)の裏手が、 更に北方稜線の亀の座へ続く尾根先との 間を深い 凹角状の切通し道となっていて、この間を軽トラなら通行可能の集落内作業道が通じています。堀切や空掘跡の様ですが、此処から城域の 最初にたどり着く南側曲輪までの北を除く三方は比較的緩やかな傾斜と防備に土塁や切岸加工もない?!!丘陵頂部の低い曲輪に着く。此処から下り気味の尾根上に3〜4段の曲輪が並んでその先に堀切を見ます。
二重堀切?東端から堀切とは別に南へ空掘状の溝?が延びる

3〜.5m程の切岸で囲まれた 一画が本ノ丸で尾根幅一杯(東西約30m)に広がり長さ約40mの大きな曲輪が「兵庫殿」呼ばれる居館の北曲輪 (主郭)なのでしょうか ?低土塁と幅広く深い空掘が北曲輪と南曲輪を二分しています。【北曲輪北端の切岸下には、中央土塁を挟んで二重堀切となり?、
主曲輪から西下方:池側の平坦地(曲輪?)

一本は東端から南へ空掘状の溝が主曲輪裾を捲く!!?】…空堀(堀切)の先に続く尾根は亀の座(点名:長見)に向うが途中に城砦遺構は何も無さそうです。 しかし直ぐ北西下方のは帯曲輪が在って主郭から見えるが、作業残地資材が散乱しているようで・畑地に利用されているのかも知れません。 側に貯水池があり、其の北上の雑木藪を抜けると稲荷古墳へ通じる農道〜山道に出るが、此の間の藪中にも数段の平坦地が在る!!?。
(氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書 を参照)


山田城館  xxxx山  176m   春日町山田

長見砦(長王城)の真東(約3km地点)に城山(猪ノ口山)があり、丹波の武士団”丹波鬼”の頭領として”丹波の赤鬼”の異名を持つ黒井城主・赤井悪右衛門直正の石垣積の城が見えます。兵庫丹波の山城は織田信長の”丹波平定”で天正7年には全て落城していますが、其の頃の石垣の城は八上城(篠山市)と保月城(丹波市春日町)と、 明智光秀が丹波攻めで此の2つの城向城で築城の金山城くらいで、 後は土留めの石積み・石列を見るくらいです。
養護老人ホーム背後の丘陵に在る山田城館

岩尾城(丹波市山南町)や篠山城は丹波平定以降に構築・再建されたもの。其の黒井城と長見砦の中程に山田城館があります。黒井城から千丈寺山(千丈寺砦) 〜ヨコガワ峰〜五大山に延びる丘陵のヨコガワ峰(364m)から南へと山田集落の北東へと張り出してくる枝尾根の 末端の峰に位置する山田城館へは、大きな貯水池を前にして建つ特別養護老人ホーム”おかの花”から、 その背後の丘陵を目指して入ってみた。
山田城館の深い土橋付堀切

老人ホーム関係者の駐車場の先へと鹿避けフェンスを開閉して進み、何時ものように稜線へ向うが稜線を高く詰め過ぎたようで南端のピークへ引き返しすと、 鞍部が深く切れ落ちて尾根が断ち切られた堀切が有った。鞍部から山側の尾根に遺構らしいもは何もなかった。尾根の一部を土橋として残した堀切は深く (3〜5m)、東側へは幅約2m ・長さは10m程だがそのまま同じほどの幅で、先ほど登ってきた道へと鹿避けネット沿いに続くので登城用の堀切道なのかも知れません。
山田城館主郭:フエンス左右には竪堀

其処から南端への尾根は短く、緩斜面が続いて2段ほどの平坦地があって、 尾根左右に竪堀状の溝を見て高さ2.5m程の段差の自然地形の平坦地(15mX 20m四方程)に登り着いたところが主曲輪の単郭の城です。山田城館について丹波史・軍記・古文書等にも城史や城主不詳ですが、天正6年(1578)赤井直正が病死後、 叔父の三尾城主悪七郎直信(刑部幸家)が城代となり光秀と対戦していた頃に、山田庄八郎が三つの砦を守備していたといい、此処山田の城館に拠り上記の長見砦・由良坂付近に有った?牛河内砦
、赤井直正が才丸の頃に城主だった 野山城を預かっていたのではと思うのですが??。
山田城館の堀切(堀切道!)


才丸が城主の頃は、幾度か丹波へ侵攻してきた内藤氏と福知山や此の付近で戦いを交えたと思えます。天正期に入ってからの明智勢との対戦では、地雷等を使用しての猛攻で退散させてもいるようですが、 防備手薄で勝算の無い各砦守備の将兵は翌天正7年頃には撤退して廃城とし、黒井城に集結していったと考えます が、山田城の主郭に立つと目前に黒井城を望む位置に在り、此れ等の城砦が光秀軍の向城としても利用されたと思えますが ・・??それは不詳です。【追記】H20/12月:山田城館や此処から西南に僅か1km程の新才には ・未だ遺跡分布図等に記載の無い、知られざる城砦遺構を発見された新才城の縄張り図が有る。
山田城館主郭傍:西への竪堀

中世城郭研究では丹波の城について、 とりわけ造詣の深い高橋成計氏が、丹波黒井城攻めの際の明智方向城を調査されており、これ等の城砦調査時の縄張り図の一部を送っていただいたものです。 新才城は後日UPしますが、比高30m・緩やかな尾根の末端部に円状主郭を置き、東方斜面に対して曲輪が4〜5段程並び全て黒井城を正面に望む。 背後は緩やかな登り坂の上部ピークが平坦地形だが、防備施設の曲輪・土塁・堀切等が見られない。
山田城館:北端土橋付堀切(土橋上から)

新才城の山裾を丘陵沿いに北に向うと由良坂を越えて氷上町に至る。 此処に牛河内城があるが城域とされる尾根上は平坦な地形だが、遺構らしい構造を見かけない。 しかし黒井城の向城群の一つとすれば、油良坂の牛河内城ほど・他の向城からは死角となる北千丈寺城・西ノ丸・黒井城本拠の三城砦の、北面・西面を望み城内の動きさえ窺えそうな向城も少ない。天王坂と共に西北部の交通経路を抑える重要な峠に陣城を構え、此処からの展望はまったく無いが・尾根続きの左右に延びる平坦地形の尾根上に見張所を置けば、黒井城南東の市島町側にも 長い尾根上にテラス状や曲輪らしい平坦地があり、築城次期・城史不明・
山田城館主郭(南から)

其の遺構さえ不明瞭な矢谷城館に較べれば、周辺の黒井城の手足となった城砦群をもぎ取って、悠々と本拠:黒井城だけを 包囲監視できる。落城まで半年余り?短期間のみ使用された明智軍有利の向城になったと思えます。西の尾根は天王坂を越え ”幻の霧山城”・野山城から、 丘陵尾根末端にはガンジョウジ城【黒井盆地の西口を押さえる重要拠点で、秀吉方が明智光秀の援軍として・但馬に居た豊臣秀長が丹波に入った時の事でしょうか?】で切れる。
山田城館主郭 :一段下腰曲輪(南東から)

一方:北への丘陵尾根は、黒井城〜千丈寺城からの尾根を併せて五大山〜五台山へと延びる分水界尾根で、 途中には美和峠・鴨内峠等の峠越えの間道も有る。峠・尾根伝いに黒井城への侵入路や退路を絶つ監視を兼ねて、山田城や新才城が牛河内の開口部を護り・再奥の由良坂を牛河内城が堅めていたのでしょうか?。
(氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書 を参照)

======================================================================

山田井上古墳?/ 山田大山古墳?   春日町山田字大山

山田井上古墳? 城山(黒井城)〜西ノ丸〜千丈寺山(千丈寺砦)へと五大山へ延びる縦走尾根で、 今は道標設置・尾根筋に山道も明確ですが、だだっ広く・背の高い雑草と藪の尾根上で ・しかも進む方行が此処で変わるが前方に五大山へのコースが確認出来ない ヨコガワ峰に、コンパス・地図無しでは少し不安を感じながらも、テープに助けられて完遂できた事がありました。
山田井上古墳?の石材上に宝筐印塔

このヨコガワ峰から西南に延びる一番長い尾根の末端ピーク(176m)に山田城の遺構が在るが、底から真南へ落ちる斜面の裾 :と老人ホームの西北部 に屋敷跡かとも思われる3段程の広い平坦地が有り、一番下?の 台地の西端部に 大石を数個露出させている 箇所があります。周辺に大石が露出しているか・墳丘を見せる古墳は見当たらないので、此れを遺跡分布図にある山田井上古墳に比定しておきます。
山田井上古墳?の散乱する石材に祀られる宝筐印塔

分布図には此の古墳についての記事欄(コメント)が空白のまま。薄暗い雑木藪の中の古墳?は 横穴式石室を持つ円墳とは思えますが、天井石2枚以外は埋まり・崩れ内部を窺い知る事もスケール(規模)も良く判りません。崩れた天井石と思える大石の上には宝筐印塔が載せられ祀られています。基壇は無く?、基礎部・塔身・笠部だけ、 相輪も失われた状態ですが、小振りながら気品さえ漂う!!立派なものです。隅飾からは天正期:此処を守備していた山田城主:山田庄八郎が居た頃のものと思えます!!?。

=================================================================
山田大山古墳?老人ホーム西の山麓に在る山田井上古墳 ?とは山道を挟んで、老人ホームの北上方:山田城館に向う山道正面に鹿避フエンスがあり、フエンスに沿って広く緩やかな谷間の東側へ目を移すと、数個の大石を載せる塚状の盛り上がりを見る。 近寄ってみると大石の内部や周辺には10〜20cm程の小石が散乱というより、封土が流失した古墳の石室と葺石だけが残った感じ?。
老人ホーム駐車場上にある山田大山古墳?

横穴式石室の封土に 葺石が敷かれるのかな ?…封土が流れさっているのに葺石だけが小範囲に残るのかな?それとも経塚の葺石か…一石一字の経塚とも?いろいろ考えてみても 素人の思い込みで、 整地された残石の集積場なのかも?・・・位置が少しズレているのかもしれませんが
山田大山古墳?

遺跡分布地図に山田大山古墳と記されている場所に近い!!。
上記の山田井上古墳と同様に、遺跡分布地図には此の古墳についても記事欄 (コメント)が空白のまま。未調査というより調査対象にもなっていない・・・ということなのか?。私には山田井上古墳?に祀られる宝筐印塔の主や、祠の位置について調査の目が向けられれば良いな・地元に伝承や調査資料でも有ればさらに良し …なのですが。
(氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書 氷上郡教育委員会を参照)


牛河内砦(牛河内城館) 由良坂(牛河内坂)を挟む両サイドの峰 XXX山 xxxm   春日町牛河内

先週訪れた長王城と山田城館との中ほど、 新才から北西に延びる地区道の先にある牛河内集落の最奥に瑠璃山浄光寺前から氷上町の南油良〜桟敷へと町境尾根を抜ける油良坂 (牛河内坂)があって、今はもう利用される事もなく倒木や雑木、シダ類の下草で覆われていますが
油良坂の左に亀の座、右に三ヶ月山〜五大山への稜線

幅広い道が続き、急斜面では九十九折れながらも緩やかに延びていきます。 昔は旅人の往来や物資の運搬に荷車が行き交っていたと思われ、 浄光寺の前から始まる油良坂への入口には4体に石仏が祀られています。通行の安全を祈願したものでしょうか?。 氷上町側の油良を超え東芦田や佐治からは但馬朝来市へ、福知山市へ抜ければ・由良(丹後由良)への丹後道が通じる要衝の峠だったとも思わせる名前です。
油良坂直ぐ上部・三ヶ月山側に見る平坦地

此の峠の南1.2kmには旧但馬街道の天王坂が通じていますが、佐治方面からは南油良を牛河内へ抜けると此の由良坂を越えれば黒井城へは 最早3kmの地点です。峠を越える鞍部は深い露岩混じりの切り通しとなっています が、その前後は広く緩やかな道が氷上町油良側に続いています。 切り通しを抜けた牛河内側は急斜面にジグザグの長い坂道の峠には石垣積の台地があります。
油良坂・五大山側の稜線から千丈寺山城と黒井城(中央左の2峰)

上部の平坦地は伐採作業場にしては狭く, 里が近いので茶屋跡とも思えません。道祖神・道中安全の石仏を祀るにしては石積みは広く大層過ぎます。 其れに此の台地は峠を越えて氷上町側から侵入してくる相手に正対して迎え撃つ位置に在り、この要衝が有事には軍道となり、通行を遮断する黒井城配下の関所城?か通行監視の施設の一つに思えてきます。
油良坂(氷上町側)

応仁元年(1467)山名氏と細川氏の戦いに将軍家の家督争いが絡んで全国を二分する程の大乱となる ”応仁の乱”の勃発以後・丹波も戦国動乱の激動期を迎え、山名・細川両氏の対立は益々激化してきます。細川方の丹波守護代・内藤国貞に氷上郡を追われ播磨を流れた赤井氏が烏帽子山城に内藤宗勝(法雲)を攻めた前後にも 幾度か内藤氏 ・赤井氏の間で交戦します。其の頃・赤井氏を討つべく三好長慶の傘下にいた内藤国貞が弘治元年(1556)松永久秀等と香良に終結し、 芦田・足立両氏も加わります。
油良坂・牛河内側には岩盤に石積の曲輪!を見る

赤井氏には霧山城(氷上城)波多野宗高(西波多野)も与力したと思われます。東波多野の篠山・八上城も細川方の三好長慶・松永久秀等に攻められ戦いを繰り返し弘治 3年(1557)には八上城を追われています。赤井直正が永禄8年(1565)天田郡に侵攻して三好 ・松永方の内藤氏を攻めた和久合戦(福知山市 )に勝利した翌年には、波多野晴通・秀治は八上城を奪回したように、内藤氏は赤井・波多野両氏の共通の敵ですから…。
油良坂・牛河内側の曲輪から由良坂

油良坂の北・直線距離で1.5kmの所に独鈷の滝と浅山不動尊があり、西の山稜に芦田氏の香良城が在りました。結集した内藤・三好勢と同族の芦田・足立両氏に、 赤井氏が攻撃を開始、天王坂側には波多野宗高が守ったと思われますので、赤井氏は油良坂から侵攻したと思われます。 此処・町界尾根の油良坂や天王坂周辺を舞台として、両軍に多くの犠牲を強いて、結果勝敗を決する事無く三好勢は敗走し芦田・足立両氏も全滅に近い、それでいて無益な・丹波では最も壮絶な戦闘が行われた”香良合戦”。
由良坂の直ぐ上部・三ヶ月山側に見る平坦地

此れを見つめていた油良坂は、其の後・赤井氏の傘下に入った芦田氏・足立氏が”丹波侵攻”を開始した明智勢に備えた砦として守備していたのかもしれません。 城史や城主不詳、そのうえ遺構さえ明確ではありませんが、天正7年(1579)赤井直正が病死後、但馬に出兵中の黒井城代・叔父の三尾城主 刑部幸家が急を聞き駆け戻り佐治から越えて戻ったのも油良坂です。
同上の曲輪先端から由良坂に落ちる竪堀!!?

黒井城落城は目前に迫っていました。光秀と抗戦していた頃山田城館の山田庄八郎が守備していた 砦だったのかもしれません。 ところで香良合戦で大敗した芦田氏・足立氏は黒井城主:赤井氏の幕下に組み入れられますが、 岩本城(足立館・青垣町小倉)城主の足立基則等の一部は、赤井氏の幕下となる事に抗して逃れ、
急峻な谷底道(油良坂)の油良側曲輪


明智光秀方傘下に入り赤井氏に抵抗している様で、 後年(天正11年1月)本能寺に信長を襲った光秀に付いて自刃した足立氏一族がおりました。天正7年(1579)秀吉方 :羽柴秀長の援軍が、但馬へ通じる遠阪峠を越え侵攻、その日の内に遠阪城・芦田城・栗栖野城を落とし、 足立氏の本拠:山垣城も落城、
急峻な谷底道(油良坂)の牛河合側曲輪を上方から覗く

城主足立弥三郎基助の長男:四郎左衛門基依が此処・牛河内へ逃れて隠棲し、 子孫が足立本家を名乗っていると云われます(「丹波志」参照)。牛河内には光秀に付いた足立氏の砦が在って、足立家存続の為:敵対したとはいえ、 帰農して入村する・まして明智光秀に付いている足立基則の一族には、光秀方も許したのかもしれません?。

(氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書を参照)


新才城(仮称)   XXX山   134.3m(4等三角点)   春日町新才

R175号の稲継交差点から城山(ガンジョウジ城(横田城)トンネルを抜けると正面に露岩を抱く向山連山の丘陵北端部を西から北側へと廻り込んで、黒井盆地に入ってきます。一方:篠山市から 金山城の在った鐘ヶ坂を越え八幡山城の在った柏原町を通るR176号から 日本一低い谷中分水界「水分れ」沿いに走ってくると、向山連山とガンジョウジ山から霧山〜
新才城・主郭北の土塁と虎口部?


天王坂を経て五大山〜五台山へと延びる丘陵が、僅かに此処だけが 黒井盆地に入る狭い南西の玄関口 ・黒井城の咽喉元にあたる攻防ともに重要な位置にあります。此の最重要拠点の要衝を守備するのに、 氷上の中央分水界尾根上の城山には穂壷城主の支城ガンジョウジ城(横田城)が在ります。丹波に入ったことは無い筈の秀吉が此処に黒井城攻めの陣を置いたとも…向山城の名からも明智方の向城となったものか?。
牛河内城・五大山側の稜線から:新才城(中央先端部)

霧山( 霧山城(氷上城)との中程にある権現山349mから春日町側の野山・大崎へと黒井の盆地の東へ落ち込む丘陵部突端の峰上に立地する 野山城があります。R175号側は「石才」先に朝日集落が在る。此処には後屋城から才丸 (赤井直正)を新頭領に迎えて、結束を固めた朝日城も在ります。黒井盆地に入ってくると左手(北東)に五台山 〜五大山から延びる丘陵尾根の先に千丈寺山(千丈寺山砦)と城山 (黒井城)の二つの峰を載せてR175号線に其の先端部を落し込んでいるのが見えます。歌道谷を廻りこみJR福知山線と並ぶ「石才」の先で、R175号線から外れて踏切りを渡り ・船城小学校前を北に向う直線道路の正面にみえる、低丘陵の末端部に新才城(仮称)が在りました。
愛宕神社と熊義稲荷社


新才郵便局やJAからは直ぐ目前の丘陵上で、新才交差点(T字辻)を北へ約3-40m・牛河内へ向かい墓地から取り付くが長見砦(長王城・長見城) のある西方へ約60m程にも「愛宕大権現」・「正一位熊義稲荷神社」への参道があり、此処から尾根筋まで山道があり、尾根を東へ降っても良いのでは!!。新才城の西背後・尾根続きの小ピークも自然地形だが広い平坦地。 此処から何もない緩斜面を下って突然1.5m程の段差(切岸)を越えて新才城の主郭に入る。縄張りの技巧は此処に土塁虎口らしい遺構があるだけだが、東斜面上には同心円状に7-8段の曲輪段が続き、東方正面の黒井城を望む。
新才城:東斜面を同心円状に6段の曲輪が続く

船城小学校の北側には黒井盆地のほぼ中央を流れる黒井川があり、 秋に狂い咲きの桜が咲いているのを良く見かけます。山に囲まれた盆地でも殆ど日陰にもならない位置ですが、中世の頃に黒井川沿いは沼田の様な湿田だった様?なので、黒井盆地北方の山裾を・黒井城下から兵主神社〜新才〜天王坂へと但馬街道が 通じていたのでしょう?。新才城は五大山から由良坂を経て亀の座 (4等三角点 318m)〜天王坂への分水界尾根の亀の座から南東へ延びる尾根末端の台地(134m4等三角点)に在って、比高20m足らずで山麓の旧街道?筋に下りる。
新才城主郭:土塁と虎口?(北西端)


長王地区から、ほぼ直線に延びる間道が此処・新才で、船城小学校からの直線道と合流するT字辻が、新才城下を通って北に牛河内城の在る由良坂を 氷上町由良に出て加古川(旧佐治川)沿いに青垣町に向う。東へも直線道路が兵主神社(兵主神社西砦が在る)へ向う。春日高等学校を挟んで向かいの丘には行者山砦が在り、黒井城下町への西入口監視の砦だったものか?。新才城の縄張りに防御性を重視した 堀切や竪堀は無く・曲輪の配置や切岸等に技巧も無く、山上のほぼ円形主郭からは尾根筋の先端部にかけての東斜面上に、 幅狭い削平段が半円を描くように5-6段あるだけです。黒井城砦群の一つとして、由良坂への南出入口を押さえる重要な位置にも在って、主要街道と共に通行監視にあたっていたのでしょう?。
新才城 :段曲輪(東下方から)

しかし正面に孤立化した黒井の本拠城を間近に見据える位置だけに、牛河内城とともに黒井城落城が数ヶ月後に 迫った頃には、光秀方の付城として・将兵の駐屯地ともなっていたものか?。明智軍は黒井城包囲網として黒井城周辺に12-13ヶ所の付城(向城)を構えたという。紹介が後になってまいましたが、新才城は「氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書」や兵庫県の 遺跡分布地図等には記載されていない、未調査・未報告…の城砦遺構は、中世史・城郭研究家:高橋成計氏によって黒井城付城調査で発見された新しい丹波市内の城跡遺構です。古くから存在していたものに新発見というのも変な表現ですが…?。


野山城(野山砦) 権現山東枝尾根の峰 XXX山 Ca280m   丹波市春日町野山

氷上の中央分水界(日本一低いとされる谷中分水界)尾根上の城山(ガンジュウジ城<横田城・向山城>)と霧山 (氷上城)の中程にある権現山349mから春日町側の野山・大崎へと黒井の盆地の東へ落ち込む丘陵部突端の峰上に立地する野山城は「丹波志」に「小屋ノ段」と呼ばれて陣小屋があったとされています。
野山城から石生・柏原方面:黒井への南入口は幅500m程の此処だけ

野山城から東面に黒井盆地が拡がり左右の山裾には本拠;黒井城の城砦群 ・明智光秀の「丹波攻め」に落城後・向城として利用された城・新に築かれた陣城がある。南面は眼下に黒井川が流れ、 南東方には西多紀アルプスの三尾山 ・黒頭峰から延びてきた稜線が謙葉山から向山連山を経て北西を末端に落ち込むところ。
西曲輪:尾根続き西面の大堀切

南西は霧山城から権現山野山城は此処から東へ延び出す丘陵尾根先端部に位置する)〜ガンジュウジ城を経て、 北近畿自動車道和田山豊岡線が抜ける城山トンネル上を南へ延びる丘陵が、向山から流れ出る中央分水界が加古川(佐治川)へ出る
西郭上:中央に大岩が鎮座!!

高谷川と、由良川に出る黒井川(黒井城下を過ぎた東で 栗柄峠からの竹田川と合流する)とに分かれる 水分れの石生の町に其の尖端を落としています。黒井盆地の周囲をグルリと包み込む 丘陵帯の西南口にあって、此の両丘陵の幅約500m程の最も狭い平野部を、監視・警備出来る位置に、黒井城・朝日城配下の砦として、ガンジュウジ城と共に其の咽喉元を押さえる軍事的にも重要な要衝に築かれています。
大堀切を見下ろす西郭露岩の切岸と露岩上に土止めの石列

朝日城石生西河原城と呼応しながら 黒井城西方の抑えの砦として機能したと考えられます。また野山城東山裾から 天王坂を越えて氷上町北由良に抜けて佐治川(現:加古川)沿いに佐治宿へと但馬街道も通じています。 朝日城は新郷の後屋城主赤井時家の次男・才丸(後の黒井城主・赤井悪右衛門直正)が荻野 18人衆と呼ばれた地侍の盟主に請われて天文年間(1532〜55)に迎え入れられ、
東郭(主郭)腰曲輪の切岸土留め石積!!

野山城は其の朝日城の支配下に有った砦として、内藤氏と進攻に対して、才丸(荻野<赤井>直正)が拠ったものでしょう。時家が内藤法雲【丹波木城主キリシタン大名・内藤ジョアンの父で知られます。松永久秀の弟・松永甚助長頼=内藤(蓬雲軒弾正)備前守宗勝】の 烏帽子山城を攻め落として黒井城の砦とし京都丹波を領していた?頃から幾度となく内藤氏と交戦しています。 東曲輪の一段下・南面帯曲輪の土留め石積!!

天文9年(1540)才丸13歳の頃・父時家は福知山方面の城に居たようですが・・?黒井へ攻め込んできた内藤備前守修理と、 此の野山城(砦)の大将として戦い内藤氏を退けて初陣での手柄を得たところと云われます。野山砦からは眼下真近に朝日城や長見城(長王城)が在り、黒井城・千丈寺城も指呼の間に望む展望地です。 黒井城を望みながら其の城主となる夢を募らせていたのでしょう。 其の後も内藤氏が黒井へ攻めていますが黒井城で応戦し追い返しています。 家臣の多くも新しいリーダを望んでいたのでしょう。 天文23年 (1554)には主家の黒井城主荻野秋清を刺殺して自ら城主となり赤井姓に戻って!赤井悪右衛門直正を名のります。
東曲輪の西端:露岩に囲まれる小平地は櫓台?

権現山から ”分水界の径”ハイキング道を外れて 東下方に突き出す尾根に向って藪っぽい尾根に踏み跡を辿ります。段々露岩が現れ尾根筋も細くなってきます。しかも 地図に表記されている岩記号部分です。 露岩の多い狭いが自然地形の平坦地!!?が続く。黒井平野の正面に黒井城〜千丈砦の稜線を望む 東端の岩 場を南側に捲き降りる急斜面下鞍部は、狭い尾根を遮断する大堀切の北面は、険悪な様相を呈して激急斜面というより 断崖の先に 吸い込まれていきます。南側の急斜面には色褪せて随分以前のものらしい赤テープが下方に続く。主郭(東曲輪 )西端に露岩に囲まれた 櫓台でも有ったかと思われる位置から南下方へも誘導テープがあり、同じコースに合流する登山道の様です。 東曲輪櫓台状の北側:自然の露岩?は狭い曲輪確保の切岸と土留め石列か??

権現山(349m:野山城は此の山の東尾根末端ピークにある) からガンジュウジ城山への尾根筋に向かってトラバースを繰り返し市辺からの送電線巡視路との出合の事か ?大崎出合(北近畿自動車道・城山トンネル下付近)へ向う様なので、 野山城だけが目的だと登ってきた野山集落へ引き返すことになるでしょう。荒れてはいるが東山腹を北へ捲きながら、赤白境界ポールを目印に山裾の古墳群? (石材は散存するが埋蔵文化財遺跡分布図等に記載なし?)・観音堂【又新舎野山学校跡!!?(又新舎も地方誌等に記載が有るのかも?詳細不詳)】・墓地下へ降りる山道があります。
東曲輪(主郭):東面から 南面へ延びる帯曲輪


左右は益々険悪・断崖上の岩尾根に果たしてこんな所に…と思いながら岩場を捲いて鞍部に降りた。尾根続きの頭上には 岩場に石積みも残る。西曲輪の西末端部に有り、大堀切側に横並びの石列の高さが粗並行に残り、低土塁の端が石列部にとどく!!。覆っていた土砂が流れ ・土留め石だけが残った…!!?虎口に思えます。野山城には露岩・石材が豊富とはいえ、丹波の山城遺構に珍しく・切岸等々として、数箇所に見掛けます】。
東面の削平段から東曲輪(主郭)を見上げる

西曲輪の中央を仕切るような巨石が一つ横たわる。自然石ながら上部は平坦なので 何かに利用はされたのでしょう!!?。 峰端の最上部が本丸部でしょうか。此処から東へ少し下ると左程に広くは無いが尾根幅一杯の平坦地が続き、中央に土塁状の 1m幅の通路を経て東側曲輪に着く。 一段下を帯曲輪が捲き東下への斜面にの腰曲輪が数段 (5段程の)続く。
東郭の東面に数段曲輪が続く

しかし竪堀や土塁等の防備は無さそうで、尾根上ではなく斜面に曲輪を並べる縄張りを丹波では他に余り知らない?。東へ2km黒井城に近い新才城(城郭研究家 ・T氏により昨年(H18?!!)発見された)が丹波攻めの向城と推察されますが、ガンジュウジ城が援軍として但馬から進攻した 羽柴秀長等の陣になったとも云われており、尾根続き近場の野山城も付城として改修されたものでしょうか?。石が散在する腰曲輪には外郭に沿って石列らしいもの(石が小さいので思い込みかも?)や曲輪の角・一部には”土留め”の石積み ・自然石を切岸に取り込んで、
東曲輪(主郭)より東下並ぶ削平段

狭い曲輪域を確保している様に思える平坦地形もあった。ただ北の急斜面に10数段続く平坦地は植林用でしょうか?。西の尾根筋から攻めるのも、この野山・大崎側から東面の尾根や斜面から攻めるにも難しい要害です。権現山へ引き返し氷上 ・市辺へ降りて二村神社の僧・意春の墓と経塚に寄ってから、天王坂を越え先日寄った長王城(長見城)横を抜けて牛河内集落に向います。
 
  丹波霧の里HOME  
inserted by FC2 system